5ナンバーステーションワゴン徹底比較(シャトル・カローラフィールダー・ウイングロード

シャトル

 2015年5月に発売開始された「シャトル」のライバルとして想定される一番手は、同じく1.5リッターのハイブリッドシステムを搭載したトヨタ「カローラ フィールダー」。

他にはモデルが古くなりますが、日産の「ウイングロード」があります。

これらを比較して「シャトル」がはたしてクラス№1になったのかを懸賞してみました。

スポンサーリンク

ホンダ シャトル

IMGP3767IMGP3755

 「フィットハイブリッド」と同じく「SPORT HYBRID i-DVD」と7速デュアルクラッチトランスミッションを搭載し、5ナンバーステーションワゴンとして、クラストップとなる燃費性能34.0km/L(JC08モード)を達成したことが大きなアピールポイントの「シャトル」。

そしてライバルの「カローラフィルダーハイブリッド」には設定のない4WDがあるのは強みだ。

シャトルの評価と買取・値引き・燃費情報

コストパフォーマンスなら断然、直噴1.5L車

IMGP3802IMGP3809

 ハイブリッドの陰に隠れ、グレードも少ないが、1.5Lの直噴エンジン車のパフォーマンスも見逃せない

燃費こそアイドリングストップ付の「カローラフィルダー」より劣るが、97psのパワーと115Nmのトルクは「カローラフィルダー」「ウイングロード」を大きく上回っている。

価格もハイブリッド車より約30万円安いことから、販売の主力になるのではないだろうか。

ステーションワゴンとは名ばかりの、ミニバン並みのスペース

IMGP3822IMGP3838IMGP3816

 もうひとつの特徴がライバルより圧倒的に広大なキャビンスペース

ベースとなる「フィット」の使い勝手をさらに向上させ、リアシートを収納した時のラゲッジの寸法は184cmにも達する

しかもセンタータンクレイアウトのため、床面が低く、フラットとなるため、収納能力はミニバンの3列目シートを格納した状態に近い。

しかも、全長4400mmはダウンサイジングされた「カローラフィルダー」より短く、全高も1545mmに収まっているためタワーパーキングもOK。

シャトルの値引きとリセールバリュー

トヨタ カローラフィルダー

JPG0072 (1)

 ブームが去ってからもステーションワゴンを維持してきたカローラシリーズ。

そのオーソドックスなスタイルも背景には商用バンとしての需要があった。

現在では「プロボックス/ザクシード」が存在するためバンは存在しないが、どうしても商用バンのイメージが付きまとう。

しかし、ハイブイッドシステムを搭載すると、一転、イメージが異なる。

33.8㎞/Lの燃費は「シャトルハイブリッド」に僅かに及ばないが、グレードによっては「カローラフィルダーハイブリッド」が上回るので、ほぼ同等と言っていいでしょう。

そして、マイナーチェンジで新たに2NR-FKE型を搭載し、アイドリングストップも装着することで 1.5L車は「シャトル」を大きく上回っているのだ。

カローラフィールダーの評価と買取・値引き・燃費情報

セダンベースであるがゆえの限界と利点

JPG0074

 しかし、居住スペースとラゲッジスペースでは「シャトル」に差を付けられた。

セダンベースの「フィルダー」はどうしてもデザインの制約があり、かさばるニッケル水素バッテリーは低床フロアを構築出来なかった。

それほど荷物を積み込むケースはありえず、実際の使い勝手には影響ないはずだが、やはり高さと奥行の余裕はある方がいい。

セダンベースのステーションワゴンというコンセプトである以上、これは避けがたいことで、逆にセダンと同じ運転姿勢であることや室内形状が、この車の売り物に違いない。

カローラフィールダーの値引きとリセールバリュー

日産 ウイングロード

 「シャトル」や「カローラフィルダー」の購入を実際に検討する人にとっては、「ウイングロード」は候補に上がらないだろう。

かつては「カローラフィルダー」とならぶ貴重なステーションワゴンとして、それなりの人気があったが、現在ではベースとなる商用バンの「AD/ADエキスパート」がメイン。

しかし、ステーションワゴンとしてかかせない荷室スペースでは、さすがに商用バンの利点を活かしており、同クラスの「カローラフィルダー」にはけっして劣っていない。

エンジンパワーも「カローラフィルダー」と同等。

燃費は最新のシステムを導入していないので差は大きく、ここで候補からは脱落しそうだ。

ウイングロードの評価と買取・値引き・燃費情報

ファミリーカーでは物足りないなら「ライダー」がある

 しかし、エクステリアのデザインはオ-ソドックスな「カローラフィルダー」よりも斬新で、ルーフの後半に見られるうねりは「シャトル」にも通じるものがある。

カスタム仕様の「ライダー」となれば、「カローラフィルダー」のエアロパッケージやと比較しても遜色ない。

荷物を目いっぱい積むことがなかったり、走行距離の多くない人なら「ライダー」は魅力的な選択肢だ。

けっしてファミリーカーではありえない存在感がもっと注目されてもいいでしょう。

ウイングロードの中古車

Powerd by Guliver

デザインと燃費がステーションワゴンを変えた

 少子化が叫ばれて久しく、大きな図体のミニバンでは普段の使い勝手がいいとは言えない。

しかし、ハッチバックでは移動手段としての使い道しかない。

そこでステーションワゴンの出番だ。

従来の価値観で言うと、「カローラフィルダー」こそがその代名詞であるのだが、バンタイプのデザインはファミリーカーとして受け入れられなかった。

しかし、「フィットシャトル」の登場で、これもありならステーションワゴンもありということになった。

そして、ハイブリッドの並みがこのクラスに押し寄せることで、立派な選択肢となった。

デザインと燃費がステーションワゴンを表舞台に引き戻したと言える。

スペック比較表

シャトルHYBRID カローラフィルダーHYBRID
車両価格(円) 1,990,000~2,542,000 2,195,345~2,474,182
車体寸法・全長/全幅(㎜) 4,400/1,695 4,410/1,695 
車体寸法・全高(㎜) 1,545~1,570 1475~1,510
室内寸法・長さ/幅(㎜) 1,925/1,450 1,945/1,430
室内寸法・高さ(㎜) 1,290 1,200
ホイルーベース(㎜) 2,530 2,600
乗車人員 5 5
エンジン型式排気量(cc) 直列4気筒1,496 直列4気筒1,496
エンジン最高出力(kw/ps)/rpm 81[110]/6,000 54[74]/4,800
動力用主電池 リチウムイオン電池 ニッケル水素電池
モーター最高出力(kW[PS]/rpm) 22[29.5]/1,313-2,000 111[11.3]/3,600~4,400
駆動方式 2WD 4WD 2WD
トランスミッション 7速AT 電気式無段変速機
JC08モート゛燃費 (㎞/L) 25.8~34.0 33.8
シャトル1.5L カローラフィルダー1.5L 日産 ウィングロード
車両価格(円) 169,000~1,884,000 1,625,891~2,240,509 1,760,400~2,354,400
車体寸法・全長/全幅(㎜) 4,400/1,695 4,400/1,695  4,440/1,695
車体寸法・全高(㎜) 1,545~1,570 1,500~1,465 1505
室内寸法・長さ/幅(㎜) 1,925/1,450 1,945/1,430 1,955~2,055/1,395
室内寸法・高さ(㎜) 1,290 1,200 1,210
ホイルーベース(㎜) 2,530 2,600 2,600
乗車人員 5 5 5
エンジン型式排気量(cc) 直列4気筒1,496 直列4気筒1,496 直列4気筒1,498
エンジン最高出力(kw/ps)/rpm 97[132]/6,600 80[109]/6,000 76[103]/6,000 80(109)/6.000
駆動方式 2WD 4WD 2WD 4WD 2WD 
トランスミッション CVT CVT 5MT CVT
JC08モート゛燃費 (㎞/L) 19.4~21.8 16.0~23.0 17.2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする