ステップワゴンとライバル車ミニバンを徹底比較(ノア/ヴォクシー/エスクァイア・セレナ)

 2015年4月、ホンダのミニバン『ステップワゴン』及び『ステップワゴン スパーダ』がフルモデルチェンジされ、5世代目へと生まれ変わった。

今回のフルモデルチェンジは歴代でも最大となる変革で、初代「フィット」並みのインパクトがあるとされている

 5ナンバーサイズのミニバンでは現在、トヨタの「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」が、ハイブリッド車の設定で飛びぬけた販売成績を残しており、他の追随を許さない独走状態になっている。

 そこで新型へと生まれ変わった「ステップワゴン」と、現在のクラストップである「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」、そして苦戦しながらも、その圧倒的な知名度で踏ん張る日産「セレナ」を徹底比較することにしました。

スポンサーリンク

ホンダ ステップワゴン

ダウンサイジングターボエンジンと「わくわくゲート」で殴り込み

IMGP3433IMGP3462IMGP3454IMGP3452

エンジンを歴代モデル内で最も小さい排気量である1.5Lに大幅にダウンサイジングした直噴TURBOエンジンをホンダ車として初採用。

ハイブリッドを採用するトヨタとは異なるパワーユニットとなった。

燃費ではハイブリッドにかなわないものの、コストを抑えられ、全機種に採用することで、トヨタ製ミニバンのNAエンジンモデルをターゲットにしているのは明白だ。

そのため、燃費等のスペックはわずかづつ上回っている。

 もうひとつ大きな話題は、新機能の「わくわくゲート」だ。

テールゲートに横開き式のサブドアを組み合わせたバックゲートと、3列目シートを左右分割して床下に格納できる「マジックシート」を採用し、後部から3列目シートへの乗り降りを可能にし、細かな荷物の出し入れに大きなバックドアを開かずに済むようにしている。

 また、安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプにメーカーオプション設定。

さらに、助手席用エアバッグには「内圧保持式エアバッグシステム」を採用し、VSAやヒルスタートアシストに加え、急ブレーキ時に後続車に注意を促すエマージェンシーストップシグナルを全タイプに標準装備した。

 さらに今後ハイブリッド車の投入も予定されている

これにより「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」のハイブリッド車のを上回る低燃費になるはずで、恐らくこちらが同車の本命であろう。

しかし、あまり距離を走らないユーザーにとっては車両価格も安くハイブリッド疲れ(?)の感もあるため、1.5Lターボエンジンは新鮮で魅力があり、「わくわくゲート」と相まってハイブリッドを待たずとも、大ヒットする予感がする。

ステップワゴンの評価と買取・値引き・燃費情報

トヨタ  ノア/ヴォクシー/エスクァイア

ハイブリッドは安泰も、NAモデルに危機感

ヴォクシーの写真JPG0126 (1)ノアの写真

 2014年1月にフルモデルチェンジされた「ノア/ヴォクシー」には2.0Lガソリンエンジンに加えて、プリウス同様の1.8Lアトキンソンサイクルエンジンである2ZR-FXE型にモーターを組み合わせたリダクション機構付THS IIを採用したハイブリッド車を新設定し、23.8㎞/Lの燃費はクラストップ になった。

また、改良されたバルブマチック付き2.0Lエンジンもも燃費を16.0㎞/Lとして「セレナS-ハイブリッド」をも凌ぐクラストップになっている。

また、2014年10月には「エスクァイア」もデビューし、ミニバンとしては異例の3姉妹となり、同型車がトヨタ全店で販売されることになった。

 「ノア」にはファミリーカーらしさ、「ヴォクシー」にはスポーティさ、「エスクァイア」には上質感と上級感を持たせて差別化されていて、今のところ、「ヴォクシー」に圧倒的な支持が集まっている。

ヴォクシー値引き交渉と下取り相場 2014-12-20
ノア値引き交渉と下取り相場 2014-11-19

日産 セレナ

燃費の劣るマイルドハイブリッド車は苦戦 我慢の販売

JPG0191JPG0197

 2010年に登場した4代目「セレナ」は翌年にはミニバンナンバーワンの販売台数を達成。

そして2012年8月には、新開発のスマートシンプルハイブリッド「S-HYBRID」車を設定。

既存のECOモーターとサブバッテリーを追加したシンプルな機構でハイブリッド化を実現しており、クラス最大の室内空間や使い勝手の良いシートアレンジはそのままで、JC08モード15.2km/Lの低燃費を実現した。

 しかし、現在では新型「ステップワゴン」はもとより、「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」のNA2.0Lエンジンモデルにも燃費で劣る結果になっている。

それでも常に販売台数で上位に食い込むのは、圧倒的な知名度によるファンの多さという貯金に他ならない。

フルモデルチェンジまでにはまだ一年以上あるため、しばらくは我慢の販売を強いられる。

セレナ値引き交渉と下取り相場 2014-09-29

総評

低燃費とサブドアそして安全運転支援システムがポイント

 ミニバンは、スライドドアから始まり、2列目シートのロングスライド、そして低床化と使い勝手を大きく進歩させてきており、全ての車種が横並びとなってきた。

そして、低燃費への流れは、各車のモデルチェンジごとに訪れており、最初は「セレナ」のS-ハイブリッドだった。

さらにトヨタがハイブリッドを採用し、ミニバンも低燃費の時代に突入。

ホンダはまず、NAエンジンの改革をダウンサイジングでやってのけた。

そして「わくわくゲート」だ。

この先、サブドアをどこにつけるかが独自性の証になるのだろうか?

 見えない流れとしては安全運転支援システムの設定と、その標準装備化である。

機能の強化はもちろんだが、贅沢装備とは性格が異なり 上位グレードだけではなく、エントリーグレードから装備しないと意味がないのだが、ようやくその傾向が見えてきた。

これはさらに期待することであり、ユーザーが選ぶ選ばないにかかわらず、エアコンのように最初から付いているのが当たり前にならなければいけない。

安全が最大のセールスポイントでも成立する時代になっているのだ。

スペック比較表

車種名 ステップワゴン ノア セレナ
トヨタ販売チャネル トヨタカローラ店
車両価格 2,288,000~ 2,242,285~ 2,246,400~
車体寸法(㎜) 4,690~4,735×1,695×1,840~1,855 4,695~4,710×1,695×1,825~1,870 4,665~4,770×1,695~1,735×1,865~1,875
室内寸法(㎜) 3,220×1,500×1,425 2,930×1,540×1,400 3,060×1,480×1,340~1,380
ホイルーベース 2,890 2,850 2,860
乗車人員 7 8 7 8 7 8
エンジン型式排気量(cc) 水冷直列4気筒 1,496  直噴ターボチャージャー 水冷直列4気筒 1,986 水冷直列4気筒 1,997
最高出力(kw/ps)/rpm 110(150)/5,500 112(152)/6,100 108 (147)/5600 106 (144)/5600
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 203(20.7)/1,600~5,000 193(19.7)/3,800 210 (21.4)/4400 207 (21.1)/4400
駆動方式 2WD 4WD 2WD 4WD 2WD 4WD
トランスミッション CVT CVT CVT
JC08モート゛燃費 (㎞/L) 15.0~17.0 14.6~16.0 12.6~13.8
車種名 ステップワゴン ヴォクシーハイブリッド セレナSハイブリッド
トヨタ販売チャネル トヨタネッツ店
車両価格 2,288,000~ 2,931,429~ 2,452,680~
車体寸法(㎜) 4,690~4,735×1,695×1,840~1,855 4,695×1,695 ×1,825 4,690~4,735×1,695×1,840~1,855
室内寸法(㎜) 3,220×1,500 ×1,425 2,930×1,540 ×1,400 3,220×1,500 ×1,425 
ホイルーベース 2,890 2,850 2,890
乗車人員 7 8 7 8 7 8
エンジン型式排気量 (cc) 水冷直列4気筒 1,496
直噴ターボチャージャー
水冷直列4気筒 1,789ハイブリッド 水冷直列4気筒 1,997
最高出力 (kw/ps)/rpm 110(150)/5,500 73(99)/5,200 2WD 108 (147)/56004WD 106 (144)/5600
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 203(20.7)/1,600~5,000 142(14.5)/4,000 2WD 210 (21.4)/44004WD 207 (21.1)/4400
モーター最高出力(kw/ps) 60(82) 1.8 (2.4)
モーター最大トルク(N・m[kgf・m]) 207(21.1 53.6 (5.5)
動力用主電池 ニッケル水素電池 鉛酸電池
駆動方式 2WD 4WD 2WD  2WD 
トランスミッション CVT CVT CVT
JC08モート゛燃費 (㎞/L) 15.0~17.0 23.8 15.4~16.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする