スバルWRXをライバル車と徹底比較(WRX STi・S4、ランエボ、911ほか)

WRX STiの写真
WRX STi

 2014年8月に発売された4代目となるスバルのスポーツセダン「WRX」は、ハイパフォーマンスモデルの「WRX STi」以外に、新たに設定されたコンフォートモデル「WRX S4」をラインナップしたことで、今までのインプレッサの派生モデルとおいう位置づけから、独立したモデルになった。

この「WRX」の比較をする上で、最大のライバルだった「三菱ランサーエボリューション」が現行モデルをもって終了したあと、高出力エンジンの4WDスポーツセダン、しかも車両価格500万円以下というライバルが、もはや国内にも海外にも存在しない状況になってしまった。

 そこで、価格帯、ドア枚数や駆動方式を問わず、パフォーマンス自慢のピュアスポーツといわれる車種と、内外を問わずに比較してみることにした。


スポンサーリンク

パフォーマンスの比較

 パフォーマンスの比較といっても試乗するわけではないので難しいが、参考にする資料がある。

「関係者向け商品マニュアル 」という富士重工が作成したマニュアルで、多分にお手盛り的な内容だが、開発者がどのクルマをライバルと見ているかがわかるものだ。

「関係者向け商品マニュアル 」の要約
1・「ダブルレーンチェンジ通過速度」のテストでは、「WRX STI」がトップで、2位はわずかな差でポルシェ911カレラS、3位が「WRX S4」、4位が日産フェアレディZ、5位がポルシェボクスターとなっている。

2・「高G領域での横向き加速ゲイン」ではポルシェ911カレラSがトップで、「WRX STI」がBMW M3と並んで2番手。3位以下はランエボX、「WRX S4」、BRZと続く。

3・「18mスラローム通過速度」はポルシェ911GT3、BMW M3、レクサスLFA、ポルシェ911カレラS、日産GT-Rの順で、「WRX STI」がこれに続く。

出典:スバル新型WRXのライバルはポルシェ911? ハンドリングや走行安定性ではいい勝負|J-castニュース

 「WRX」の圧勝とはいかない結果ではあるが、それもそのはず、絶対的なパワーを考えたら無理もない結果である。

しかし、「WRX」がハンドリングや走行安定性で名だたるクルマと互角に渡り合っているのがわかる。

タイム差がどのくらいか不明だが、目も当てられないほどの差はなく、僅差の勝負だったことは想像が付く。

特に、高速で障害物を回避し、元の車線に戻る「ダブルレーンチェンジ通過速度」 などは単に速く走るだけの性能ではなく、安全性能ともいえるだけに、「WRX」がトップだったのは非常に評価できる点だ。

他サイトによるインプレッション

 ジャーナリスト五味康隆氏が詳しい試乗インプレッションを書いているサイトがあります。

 五味氏によると、『パワー』と『コントロール』の高次元バランスこそが求めるべきスポーツ要素でそれを具現化したのが「WRX」だと述べている。

さらには、お勧めは「WRX S4」の方だとも言っています。

 確かに「WRX」のスタンスは、サーキット走行に特化したようなスーパーカーとは異なり、普段使いが問題なく出来るクルマであるので、氏の言う「高次元のバランス」を求めれば尖がった印象の「STi」よりも「s4」の方が違和感がないようだ。

【試乗】スバル 新型WRX STI・S4 試乗レポート

メーカーWEBサイトの開発責任者自身による試乗インプレッション

 スバルのWEBサイトではスペシャル映像が数々用意されているが、中でも開発責任者の高津益夫氏の試乗インプレッションが興味深いです。

高津氏が序盤に述べているのが運転のしやすさと楽しさ、そして欧州のピュアスポ-ツとの比較。

後半の解説のポイントを挙げると「ステアリングレスポンス」「リアタイヤグリップ」「フラットライド(ボディが常にフラットに保てること)」の3つだそうです。

それにしてはせっかくの富士スピードウェイなのにスロー走行なのは御愛嬌か。

スバルのWRX S4スペシャルサイト Special Movies

WRX S4
WRX S4の写真

コストパフォーマンスの比較

 コストパフォーマンスでは、WRX S4は立派に欧州車に迫っているどころか、「WRX」がダントツだろう。

ポルシェと同程度のパフォーマンスを持っていて、価格は半分いや、四分の一、五分の一という世界だ。

対抗できるのはパフォーマンスでは下回るものの、価格の安い国産車ではないか。

「86/BRZ」、「CR-Z」あるいは「ロードスター」だ。

まったく異なるスタンスのスポーツモデルではあるが、「WRX」にはない満足度がユーザーにはあるはずだ。

 もちろん現時点なら「三菱ランサーエボリューション」がある。

「WRX」に引けをとる部分はスペックの上では見つからない。

スタイリング及びエクステリアとインテリアから伝わるワクワク感の比較

 これは個々の好みの問題だということで、比較するべきではないのだが、「WRX」の最大の欠点とも思えるのであえて、述べたいと思う。

もともとの誕生がラリー競技車両ということもあり、サイズ、排気量的に手持ち車両で最適だった車種をベースに作り上げられた「WRX」。

そこに「三菱ランサーエボリューション」というスペックも価格も車格もそっくりなライバルが登場したことにより、時代を作り上げてきた経緯がある。

 時代が変わってラリーの規定も変わり、そのままの車体での世界トップクラスラリーへの出場がなくなっても、その4ドアセダンベースという特徴を保って現在に至っている。

それこそが人気の秘訣とも言えるが、停車している実車を見てもまったく心がときめかないのだ。

走ればポルシェも追いかけ回せると聞いても、ただの4ドアセダンに「羽」を付けただけのクルマにしか見えない。

コクピットに座ってもそこには乗用車然とした空間が広がっている。

 最大のライバル「三菱ランサーエボリューション」もまったく同じ。

しかし、こちらの方が「すごそう!」と思える。

羊の皮をいつまで被り続けるのか

 かたやポルシェ911GT3となると、ホントは大したことないと言われても、見つめる人全てが目が少年のようにキラキラしているだろう。

クルマに疎い人にも理解できる。

説明不要なのである。

 もちろんBMWでも「WRX」と同じ状況ではある。

ポルシェと同じ反応をする人はクルマ好きの人だけだ。

若干の説明がいるのは確かだ。

違いはスポーツセダンを作り続けてきた歴史にある。

これはどうしようもないことだが、事実である。

 では「GT-R」はどうかというと、何台か前までの「スカイラインGT-R」までは「WRX」と同じだった。

しょせんスカイラインの速い方ぐらいにしか見えなかった。

「羊の皮をかぶったオオカミ」は赤いバッジを確認して初めて納得する程度だった。

現在の「GT-R」は見るからに「オオカミ」で、近寄りがたい雰囲気すらある。

スバルブランド確立のために

 「WRX」の個性と言えばその通りなのだが、今更「羊の皮」をかぶる必要があるのか、「オオカミ」にふさわしい「皮」、つまりボディをまっとたほうがスバルブランドを構築させるためにはそろそろ良いのではないのか。

これまでの「WRX」と比較にならないほどの拡販路線を進めたいスバルの回答は、「羊の皮」をさらにもう一枚着せた「WRX s4」をラインナップさせることを選んだようだ。

スポンサーリンク

スペック比較表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

メーカー・車名 スバル WRX STI BMW M3 セダン ポルシェ911 GT3
車両価格(円) 3,790,800~4,114,800 11,040,000 19120000
車両寸法(㎜)全長×全幅×全高 4,595×1.795×1.475 4,685×1.875×1.430 4,545×1,852×1,269
室内寸法(㎜)長×幅×高 2,005×1,490×1,205
ホイルベース(㎜) 2,650 2,810 2457
エンジン型式・排気量(cc) EJ20 水平対向4気筒1,994 ツインスクロールターボ  S55B30A直列6気筒2,979 水平対向6気筒3,799
最高出力 kw(ps)/rpm 227(308)/6400 317〔431〕/7,300 350(475)/8,250
最大トルク N・m(kgf・m)/rpm 422(43.0)/4400 550〔56.1〕/1,850-5,500 440
車両重量(kg) 1,480~1,490 1640
JC08モード燃費(㎞/L) 9.4 12.2
駆動方式 AWD FR RR
ミッション         6MT 7速M DCT 7速PDK
メーカー・車名 スバル WRX S4 三菱ランサーエボリューションX
車両価格(円) 3,348,000~3,564,000 3,245,400~5,405,400
車両寸法(㎜)全長×全幅×全高 4,595×1.795×1.475 4,495×1.810×1.480
室内寸法(㎜)長×幅×高 2,005×1,490×1,205 2,030×1,470×1,190
ホイルベース(㎜) 2,650 2,650
エンジン型式・排気量(cc) FA20 水平対向4気筒1,998 直噴ターボ 4B11直列4気筒1,998 ターボ
最高出力 kw(ps)/rpm 221(300)/5600 221(300)/6,500
最大トルク N・m(kgf・m)/rpm 400(40.8)/2000-4800 422(43.0)/3,500
車両重量(kg) 1540 1,530~1,600
JC08モード燃費(㎞/L) 13.2 10.2~10.6
駆動方式 AWD 4WD
ミッション         リアトロニック 6速SST 5MT

WRX STiのギャラリー

CIMG0473

CIMG0474

CIMG0476

WRX S4のギャラリー

CIMG0461

CIMG0510

CIMG0517

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする