コンパクトカー徹底比較(新型ヴィッツ・フィット・ノート・デミオ)

PENT1368

 2014年4月、「パッソ」に続いて発表されたトヨタのコンパクトカー。

消費税増税後の販売落ち込みを防ぐ使命を担ったこの主力モデルは、メイングレードの1.3Lエンジンを大幅にリニューアルし、同時に改良された1.0Lエンジンモデルをも上回るJC08モード25.0㎞/Lに達した。

ハイブリッド以外にも力を入れ始めたトヨタのコンパクトカーと他社主力モデルを項目別に徹底比較する。

今回はヴィッツからは新1.3Lエンジンモデルと、ライバルの低燃費エンジングレードモデルの比較になります。

スポンサーリンク

燃費性能と走行性能及び独自技術など、スペック上の比較

PENT1364

今回のマイナーチェンジで燃費をNA登録車№1にまで向上させた要因は、アトキンソンサイクル化されたエンジンと、ダイハツが「ミラ」「ムーブ」などで採用している クールドEGR、VVT-iEの採用、さらに停車前アイドリングストップ機構を標準装備したことがある。

これらはすでにある技術で、エンジンもハイブリッド用であることから、既存の技術をかき集めて、低コストで低燃費を達成している。

 先行した「デミオ」のSKYACTIVも、新型「フィット」も内容はにたようなものだ。

唯一「ノート」はダウンサイジングした3気筒1.2Lエンジンをスーパーチャージャーで下級するという積極的な方法論を選択しており、ひとクラス上の1.5Lクラスのボディにも対応している。

他の3車はそれぞれ1.5Lエンジンを別にラインナップする。

元ディーラーマンが解説

トヨタには燃費なら「アクア」という燃費№1のハイブリッドコンパクトカーが存在するので、1.3Lの中での低燃費は優秀だがあまり響いてこない。

また、「アクア」では車両価格がコンパクトカーというには効果すぎるというユーザー相手に「パッソ」「ヴィッツ」というNAラインナップを用意するのだが、最近は一気に軽自動車に転向するユーザーも多いと聞く。

そのためにも、軽自動車並みの燃費獲得はネッツ店でも悲願ではあったが、ようやくライバルに追いついた程度で、インパクトは薄い。

しかも1.0LはNA登録車№1を標榜する「パッソ」より大きく下回り、セールスしずらいだろう。

デミオ

室内スペースや使い勝手の比較

 ひとクラス上の1.5Lクラスがベースとなるので、ロングホイールベースの「ノート」の室内空間は、長さを生かした余裕が、当然のように足元スペースや荷室の容量などに表れている。

「フィット」の方はアイデア勝負で、他車にはない独自のセンタータンクレイアウトを利用し、軽トールワゴン並の多彩なシートアレンジを可能にしている。

「デミオ」は見かけよりは居住性は十分確保されているものの、絶対的なサイズ不足で、それを補うアイデアもない。

 「ヴィッツ」はというと、マイナーチェンジでは根本的な対策は望めず、平均的な居住性であり、特筆すべきものは皆無だ。

この辺が旧型の「フィット」に負けた原因でもあるのだが、新型「フィット」の登場でさらに差をつけられた。

フィット

元ディーラーマンが解説

背の高さをあまり上げないデザインのハッチバック型コンパクトカーは、軽トールワゴンのような開放感は得られず、スライドドアのあるトールワゴンのような思い切ったシートアレンジなどにも制限がある。

軽量で安価で低燃費というだけでは、全てにわたって軽自動車の方がいいという結果になりがち。

事実そういう傾向になっている。

 「ヴィッツ」だけではないが、ハイブリッドと軽自動車の間で、このクラスならではの魅力が伝わってこない。

ノート

ノート値引き交渉と下取り相場 2014-12-03

販売価格など、経済性の比較

 「フィット」を除く各車に、アイドリングストップ非搭載の格安グレードが存在しているが、それぞれ燃費は4㎞/Lほど下回る。

その選択肢があってもいいと思うのだが、装備類を簡略したカタログモデルとなっているのが実情。

そんな中、「デミオ」だけは、非SKYACTIVの1.3Lグレードを独立させており、スポーツタイプのバージョンも設定している。

「フィット」はグレードにエンジンの差はないが、上級グレードでは大きく燃費が下がり、車両重量に敏感なのが見て取れる。

元ディーラーマンが解説

低燃費グレードの比較では「フィット」と「デミオ」がお買い得感がある。

「ノート」は1.5Lクラスならお買い得感があるが、この1.3Lクラスでは分が悪い。

それでも比較車種の一台に選んだのは、スーパーチャージャー搭載車が「ヴィッツ」の1.3Lアイドリングストップ車と同価格帯になるからだ。

もちろん走行性能では「ノート」がクラス上の余裕あるトルクを低回転から示し、居住性の広さも考えると比較対象として外せない一台となるのだ。

CIMG0633

フィット値引き相場と交渉の進め方 2015-04-16
 

総評

 マイナーチェンジであるので、大きな変化は望めないが、改良前でも販売台数において「アクア」「プリウス」「カローラ」に次ぐ主力車種せあり、ベスト10の常連でもある車種だ。

燃費を大きく向上したことは、トヨタもNAエンジンの低燃費化にようやく取りかかったことが評価出来るのだろうか。

それでもハイブリッド用エンジンとダイハツの「イース・テクノロジー」頼りであり、トヨタ独自のものが見当たらないが、次期モデルに期待することとする。

 世界的にこのクラスの水準は非常に高くなっており、魅力的な車種が国産車プラス50~80万円アップで手に入る時代。

「フィアット500」「VWポロ」「VW UP!」という欧州製コンパクトカーが、ブランド力とデザイン性で迫る中、国産コンパクトカーはこのままでいいのだろうか、メーカー各社には経済性プラス「α」を探し出してほしい。

スペック比較表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

メーカー・車名 ヴィッツ1.3  フィット1.3 ノート DIGーS デミオ
13-SKYACTIV
車両価格(円) 1,450,145~1,806,545 1,301,142~1,798,972 1,490,400~1,860,840 1,388,572
車両寸法(㎜)全長×全幅×全高 3,885×1,695×1,500 4,860×1,840×1,450 4,100×1,695×1,525 3,900×1,695×1,475
室内寸法(㎜)長×幅×高 1,920×1,390×1,250 1,960×1,550×1,170 2,065×1,390×1,255 1,815×1,425×1,220
ホイルベース(㎜) 2,510 2,530 2,600 2,490
乗車定員(名) 5 5 5 5
エンジン型式・排気量(cc) 1NR-FKE 直列4気筒 1,329 
1NR-FE  直列4気筒 1,329
L13B 直列4気筒  1,317 HR12DDR 直列4気筒  1,198 P3-VPS 直列4気筒 1,298
最高出力 kw(ps)/rpm 1NR-FKE 73(99)/6,000   
1NR-FE 73(99)/6,000(4WD)
73(100)/6,000 72(98)/4,400 62(84)/5,400
JC08モード燃費(㎞/L) 25.0  18.0(4WD) 20.0~26.0  19.8(4WD) 25.2 25.0
駆動方式 FF 4WD FF 4WD FF FF 
ミッション         CVT CVT 5MT CVT CVT
値引き・買取関連記事

初めての新車を買う人の為の新車購入ガイド | 車価格.net

車の買取相場が形成される仕組み | 車価格.net

ヴィッツ値引き交渉と下取り相場 2014-12-18

デミオ値引き相場と交渉の進め方 2015-06-03

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする