SUV徹底比較(新型エクストレイル・ハリアー・フォレスター・CX5・アウトランダーほか)

 2012年12月にフルモデルチェンジした日産「エクストレイル」。

気が付くと同時期にやはりモデルチェンジしたトヨタの「ハリアー」を始めとする、コンパクトサイズに属するSUVが市場に数多く登場しており、国内は過去に例のないほどのSUV天国になっている。

エクストレイル

エクストレイル値引き交渉と下取り相場 2014-08-22

販売台数などの市場占有率は、まだ、軽自動車やミニバン、そして低燃費コンパクトカーには及ばないが、ユーザーが燃費とスペース性だけではない、クルマ本来の楽しさを見つけられるSUVに興味を示した結果であり、メーカーもより収益性の見込めるこのクラスに力を入れ始めた。

 そこで、「エクストレイル」のライバルとなるクラスのSUVとして、「ハリアー」「フォレスター」「CX-5」「アウトランダー」、そして生産が終了することが決定することが決定している「デュアリス」を各項目別に比較することにした。

スポンサーリンク

エクステリアとインンテリアや室内スペースなど視覚による比較

都会的ルックスでSUVをおしゃれに着こなす「ハリアー」と、あくまでSUV本道を感じさせる「フォレスター」

 「エクストレイル」は、それまでのアウトドア派好みの箱型から、より幅広い層に受け入れられるため、曲線的なラインのクロスオーバー的ルックスに変貌。

装備を充実し、インテリアも高級感を感じさせる内容になっている。

この手の手法は、トヨタの「ハリアー」に一日の長があり、都会的なルックスと、独自の色使いとデザインのインテリアはいささか野暮ったさが残る「エクストレイル」とは異なり、「マーークX」などのミドルサイズセダンを思わせる。

反面SUVっぽさという点ではスバルの「フォレスター」などが抜きんでており、どんな道も走破するぞという気持ちにさせる。

ハリアー値引き交渉と下取り相場 2015-02-17

3列シートはあれば便利。使い方のイメージに差が出る独装備。

 「エクストレイル」はより多様なニーズに答えるため、新たに3列シート7人乗りをラインナップした。

他に7人乗りをラインナップするのはスバルの「アウトランダー」だが、両車ともサードシートは補助的なつくりで、サイズも物足りない。

しかし、「フォレスター」の方が3列シート車が標準であり、室内長がある分、ひざ回りや足元に余裕がある。

さらに「アウトランダー」には「エレクトリック・テールゲート」が設定され、荷物の出し入れに威力を発揮する。

「エクストレイル」は「防水フレキシブルラッゲジ」を装備し、雨や雪などで濡れた荷物には理想的だ。

アウトランダー値引き相場と交渉の進め方

燃費性能と走行性能及び独自技術など機械的な比較

クリーンディーゼルをあきらめた「エクストレイル」、極めた「CX-5」。

ハイブリッド待ちの「ハリアー」PHVの「アウトランダー」、高性能が武器の「フォレスター」

 と上記の様にメーカーによって多種多様で面白い。

これほどまでに同クラスで違うパワーユニットがあるのは、他のクラスではありえない。

どれかに集約され、似通ったパワーユニットになるはずだからだ。

エクストレイル」は直噴エンジンMR20DD型を採用、16.4㎞/Lの燃費は「ハリアー」をわずかに上回る。

「CXー5」のSKYACTIVーDは、18.6㎞/Lと図抜けているのは当然。

そしてパワーはもとより、そのビッグトルクはガソリンエンジンの比ではなく、1.6トンのSUVには最適と思える。

「ハリアー」はやはりハイブリッドが本命。

パワーとトルクそして燃費の問題は解決する。

2.5L エンジンとハイブリッドシステムの組み合わせにより、JC08モード走行燃費21.8km/Lだ。

「アウトランダー」はさらにプラグインを可能にした「PHEV」を選択している。

安定と安全性のパートタイムか、走破性のフルタイムか

 という議論は昔からある。

電子制御化されたパートタイムも走破性が格段に向上し、オフロードも難なくこなす。

フルタイプも燃費が向上している。

4WDシステムに関しては、常に4輪にトルクを配分する、スバルの「シンメトリカルAWD」がSUVとして本格的。

しかし、オンロード走行が99%のクロスオーバーSUVにはハイスペックすぎるか。

販売価格とグレードバリエーション 懐具合による選択肢の比較

 「エクストレイル」のバリエーションは、2.0Lエンジンに2列シート5人乗りと、3列シート7人乗りをラインナップし、スタート価格は2,249,100円から。

最大のライバル「ハリアー」はグレードの半数をハイブリッドが占め、NA車の選択肢は狭く、ガソリン車の最低価格は2,720,000円からと高め。

「アウトランダー」もPHEVが半数で、ガソリン車は2,427,000円から。

「CX-5」には3つのエンジンがあるが、それぞれのグレードは少なく、事実上パワーユニットでの選択がすべてとなる。

2.0Lが2,079,000円から、クリーンディーゼルは2,604,000円からだ。

総評

ユーザーとしては多様な選択肢が多いのはうれしい。

SUVだから燃費は我慢することもなく、低価格でSUVを選んだり、本格的な走行性能でも選べる。

海外ではダウンサイジングされた過給機付やディーゼルが主流で、ハイブリッドが主流になりつつある日本市場は特殊である。

日本でのSUVの使用方法が独自というのなら納得するが、どうやらそうではなく、ハイブリッドがひとつのブランド化しているためではないかと思われる。

あるいはメーカーの思惑か。

本当に適切なパワーユニットは何かは今後ユーザーが評価するだろう。

 ボディサイズはほぼ同じになるのはわかるが、デザイン、特にサイドのそれは全ての車種が似てきている。

室内スペースを広げていくとそうなるのだろうが、リアのデザインはすでに判別不可能になっており、残るはフロントの面構えだけというのもさみしい。

 そんな中、輸入車に興味を引くモデルもあり、ハイブリッド車程度の予算があれば、「BMW X1」「フォードクーガ」ジープなら2.4Lの「COMPASS」が2,650,000円から手に入るとなれば、無視できないはずだ。

スペック比較表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

メーカー・車種名 日産 エクストレイル トヨタ ハリアー 三菱 アウトランダー
価格(円) 2,249,100~27,987,200 2,720,000~3,789,000 2,427,000~3,100,000
トランスミッション エクストロニックCVT SuperCVT-i 6CVT
駆動方式 2WD 4WD 2WD 4WD 2WD 4WD
車体寸法(㎜) (4,640~4,670)×1.820×1.715 4,720×1,835×1,690 4,665×1,800×1,680
室内寸法(㎜) (2,005~2,555)×1.535×(1.220~1.270) 1,965×1,480×1,220 2,580×1,495×1,265
ホイルーベース(㎜) 2,705 2,660 2,670
車両重量(kg) 1,440~1,580 1,580~1,660 1,440~1,530
最低地上高(㎜) 205 195 215
乗車定員(人) 5  7 5 7
最小回転半径(㎜) 5.6 5.3~5.6 5.3
エンジン型式・排気量(cc) MD20DD 直列4気筒DOHC1,997 3ZR-FAE 直列4気筒DOHC1,986 4J12 直列4気筒SOHC2,359 
4J11 直列4気筒SOHC1,998
最高出力kw(ps)/rpm 108(147)/6.000  111(151)/6.100    4J12 124(169)/6.000   
4J11 110(150)/6.000 
最大トルクN・m(kgf・m)/rpm 207(21.1)/4,400 193(19.7)/3,800   4J12 220(22.4)/4,200   
4J11 190(19.4)/4,200 
JC08モート゛燃費(㎞/L) 15.8~16.4 14.8~16.0 14.4~15.2
メーカー・車種名 日産 デュアリス マツダ CX-5 スバル フォレスター
価格(円) 2,370,900~2,777,250 2,079,000~3,192,000 2,089,500~2,936,850
トランスミッション エクストロニックCVT SKYACTIV-DRIVE リアトロニック 6MT
駆動方式 2WD 4WD 2WD 4WD AWD(4WD)
車体寸法(㎜) 4,315×1.780×1.615 4,540×1,840×1,705 4,595×1,795×1,695
室内寸法(㎜) 1,845×1.470×1.225 1,910×1,530×1,280 2,005×1,540×1,280
ホイルーベース(㎜) 2,630 2,700 2,640
車両重量(kg) 1,440~1,520 1,440~1,620 1,440~1,590
最低地上高(㎜) 205 210 220
乗車定員(人) 5   5 5
最小回転半径(㎜) 5.3 5.5 5.3
エンジン型式・排気量(cc) MD20DE 直列4気筒DOHC1,997 PEーVPS 直列4気筒DOHC1,997
PY-VPS 直列4気筒DOHC2,488SH-VPTS直列4気筒DOHC2,188
FB20 水平対向4気筒DOHC1,995
FA20 水平対向4祈祷DOHC1,998
最高出力kw(ps)/rpm 101(137)/5,200  PEーVPS  114(155)/6,000   
PY-VPS  138(188)/5,700    
SH-VPTS 129(175)/4,500
  FB20 109(148)/6.200   
FA20 206(280)/5,700 
最大トルクN・m(kgf・m)/rpm 200(20.4)/4,400 PEーVPS  196(20.0)/4,000   
PYーVPS  250(25.5)/3,250    
SH-VPTS 420(42.8)/2,000 
FB20 196(14.8)/4,200       
FA20 350(35.7)/2,000~5,600
JC08モート゛燃費(㎞/L) 11.8~13.0 14.6~18.6 13.2~15.2
値引き・買取関連記事

初めての新車を買う人の為の新車購入ガイド | 車価格.net

車の買取相場が形成される仕組み | 車価格.net

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする