コンパクトハイブリッド徹底比較(フィットハイブリッド・アクア)

 2013年9月、モデルチェンジした「フィット」。中でも注目は2代目となる「フィットハイブリッド」。ハイブリッドシステムを先代のIMAから変更し、36.4㎞/Lの超低燃費を誇る「スポーツ・ハイブリッド」を採用。しかも「アクア」を下回るエントリー価格で、ライバルにガチンコ勝負に出た。ここで2車を比較するのは当然のことであろう。

スポンサーリンク

ホンダ フィットハイブリッド

 新開発エンジンには、直列4気筒1.5Lの燃費に優れたアトキンソンサイクルを採用し、高出力モーター内蔵の7速DCTとリチウムイオンバッテリーを内蔵したIPU(インテリジェントパワーユニット)を組み合わせている。さらに、電力回生効率を高める電動サーボブレーキシステムと、エンジン負荷を低減するフル電動コンプレッサーなどを採用し、従来のIMAハイブリッドシステムに比べ、35%以上の燃費性能向上を達成させ36.4㎞/LのJC08モードを達成させた。
 SPORT HYBRID i-DCDは、走行状況に応じて、エンジンとモーターを接続・切断することで、モーターのみの「EVドライブ」、エンジンとモーターの「ハイブリッドドライブ」、エンジンのみの「エンジンドライブ」という3つの走行モードを自動的に選択し、燃費に貢献している。
センタータンクレイアウトの可能性を最大限に高め、室内空間とパッケージングの自由度を大幅に拡大させ、コンパクトカー本来の扱いやすさを犠牲にせず、4m弱の寸法に最大限の空間を作り上げている。

DSC_0876

評価

 パッケージングには定評のある「フィット」だが、モデルチェンジでさらに進化。「アクア」のみならずコンパクトカーのライバル達にも差を付ける。1.5Lエンジンに一本化されたことで、走行性能も重要視している事が見て取れる。1.3Lではあまりに非力だった。ダイレクト感のある運転性能 のDCTの採用は一番のニュースだ。
 燃費№1は立派だが、ベースモデルだけで、量販モデルは31.4~33.6㎞/Lで、「アクア」と変わらない。このベースグレードは燃料タンク容量も32Lという軽自動車並みの小型軽量タイプで、燃費のための必死さが伝わるが、実用的とは思えない使用である。価格も「アクア」を下回る163.5万円は、初代モデルと比べると大きな値下げだが、可能な限り装備を廃し、運転席シートアジャスターもない。しかし、「アクア」のエントリーモデルのように後席のパワーウインドーを廃すまではしていない。
 12月追加発売予定の4WDモデルは、このクラスのHYBRIDとしては初めてであり、降雪の可能性が多い地域での拡販が期待される。

トヨタ アクア

 2011年に発売したトヨタとしては初めてのコンンパクトカークラスのハイブリッド専用車である。ハイブリッドシステムは「リダクション機構付THS-II」を採用し、基本的に「プリウス」と同じ方式。エンジンはアトキンソンサイクルの1.5L・1NZ-FXE型、1LMモーターとニッケル水素電池を組み合わせる。トランスミッションはゲート式フロアシフトの電気式無段変速機を採用している。ハイブリッドシステムを搭載しながらも全長3995mm、最小回転半径4.8mとコンパクトカーとしてのサイズに収まっている。さらに、バッテリーの配置場所を後部座席の下にして、かさばるバッテリーを収納。なんとかコンパクトカーの標準的な室内とラゲッジルームを確保している。
 「プリウス」より低価格な設定であることのあり販売は順調に推移し、永らく販売台数トップの座に君臨していた「プリウス」からは販売台数トップの座を奪っている。

DSC_0719

アクアの値引きと買取相場 2014-07-02

評価

 燃費に関しては、「フィットハイブリッド」に抜かれたとはいえまだ、同水準を維持しており、ユーザーが理由にするほどではないが、コンパクトカーとしてのパッケージには不満が残る。もともと「プリウス」用のハイブリッドシステムを利用したため、燃費こそ優れてはいるが、バッテリーの収納等に無理があり、後部座席の居住性やラゲッジスペースは、
ライバルのコンパクトカーに劣っている。特に、空気抵抗の低減のために低くおさえられた後部は、頭上空間がかなりきつく、ハイルーフ化が進む他社に逆行している。これらは、圧倒的な低燃費の陰に隠れていたが、「フィットハイブリッド」の登場や、他社の低燃費車の登場によって、浮き彫りにされるだろう。

総評

 軽自動車を超える低燃費のHYBRID並みの車同士だが、軽自動車並みの燃費競争は消費者はどう思うか。無駄な装備を減らして価格を抑え、燃費を少しでも向上させるのは正解、大歓迎だが、必要な装備までなくし、燃料タンクまで小さくするのは本末転倒だ。「アクア」もさらに小手先芸で燃費を伸ばす戦術に出ることは、誰にでも想像出来る。50万円以上も価格の安い軽自動車よりも装備がなくなる現実は、購入者に「?」の感情を芽生えさせ、せっかくの新車効果に水を差しかねない。
 HYBRIDコンパクトカーの未来がどうなるのか、やはり燃費が先行するなら、エンジンを大型化させるのかダウンサイジングさせるのか、「フィットハイブリッド」が1.5Lエンジンを搭載してのの登場でまだ結果は出ていない。価格を下げるのか。充実した装備ではNA車との差は大きいままだ。
 「フィットハイブリッド」に12月追加発売予定の4WDモデルには期待したい。降雪の多い地域こそクルマは必需品。走行距離も多いため、低燃費モデルは生活に直結するはず。

スペック比較表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

メーカー・車種名 ホンダ フィットハイブリッド トヨタ アクア 
車両価格 1,635,000~1,930,000 1,690,000円~
車体寸法 全長×全幅×全高(mm) 3,955×1,695×1,525 3,955×1,695×1,445
室内寸法  長さ×幅×高さ(mm) 1,935×1,450×1,280 2,015×1,395×1,175
ホイールベース(mm) 2530 2550
主要低燃費対策 SPORT HYBRID iーDCD THS-2 HYBRID
JC08モート゛燃費(㎞/L) 31.4~36.4 35.4
種類・排気量 LEB 直列4気筒DOHC 1,496                直列4気筒DOHC・1496cc
エンジン出力 kw(ps)/rpm 81(110)/6,000  54(74)/4,800
モーター型式・種類 H1・交流同期電動機 1LM・交流同期電動機
モーター出力kw(ps) 22(29.5)/1.313~2,000 45(61)
動力用主電池 リチウムイオン電池 ニッケル水素電池
タイヤサイズ 185/60R15 84H 165/70R14 175/65R15
燃料タンク容量(L) 32~40 36
トランスミッション 7速DCT 電気式無段変速

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする