車内空間と居住性を徹底比較(ワゴンR・ムーヴ・N-ONE)

 燃費がクローズアップされがちな軽自動車だが、軽ワゴンの人気はその居住性が認められたからに他ならない。コンパクトカーなどの登録車にも勝る広さと、ミニバン並みの使い勝手を、限られたスペースの中で、各メーカーが知恵を競い合っている。最新の「ワゴンR」とそのライバル達を、車内空間と居住性に絞って比較する。

比較車種  スズキ ワゴンR  ダイハツ ムーブ  ホンダ N-ONE

スポンサーリンク

スズキ ワゴンR

ワゴンRスティングレー
(写真はワゴンRスティングレー)

室内寸法 長さ×幅×高さ(mm) 2165×1295×1265

 先代と変わり映えしないスタイルではあるが、室内空間はさらに改良が加えられている。インパネシフトと左右独立リヤシートスライド&リクライニング機構は、ロングホイールベースとともに車内長を伸ばすマストアイテム。 先代より25㎜伸びたホイールベースは、ホイールハウスの出っ張りなどで規制されるシートの位置やアクセルペダルの位置など、乗員の配置の自由度が向上させている。 頭上空間は、切り立ったサイド形状のため、膝前、頭上、頭部横と、十分な空間が取られる。フルフラットや助手席を前に倒して広く使えるシートアレンジと、片手で操作できるワンタッチダブルフォールディングリヤシートで、荷室の使い勝手も向上した。
 エンジンマウントを改良採用することで、室内の騒音や車体の振動を、吸音タイプの成形天井の採用により、音の反射を防いで耳障りな音を低減させている。

ワゴンR値引き交渉と下取り相場 2014-09-10

ダイハツ ムーブ

ムーヴ

室内寸法 長さ×幅×高さ(mm) 2130×1350×1280

 「ワゴンR」を超えるホイールベースを持ち、フラットなフロアにより段差もなく乗降性も向上し、フルフラットも可能な多彩なシートアレンジを可能にしている。後席の独立式シートスライドも270㎜と長く、室内高の高さが視覚的にも広さを感じさせている。ラゲッジスペースは、バックドア側からも鉱石を操作し、荷室を広げる事ができる。床下にはラゲッジアンダーボックスが有り、背の高い荷物も収納出来る。シンプルなデザインに刷新され、ベージュとブラックのツートンカラーのダッシュボードは、インパネシフトもコンパクトな形状で、助手席との足元空間を広げている。収納も充実させており、ダッシュボードにはBOXティッシュの収納スペースまである。
 
ムーヴ値引き交渉と下取り相場 2015-01-19

ホンダ N-ONE

N-ONE

室内寸法 長さ×幅×高さ(mm) 1790×1270×1250

 一見ハッチバックタイプに見えるデザインと、スペックを見ると、広さを連想させないが、上記2車に対して、さらにホイールベースを延長し、「フィット」さえ凌ぐ。そして得意のセンタータンクレイアウトによって、後席の足元スペースは拡大。フラットなフロア形状は、広さと乗降性だけではなく、チップアップ&ダイブダウン機構式のリアシートによって、後席に新しいラゲッジスペースが出現する。
 ダッシュボードはシンプルながら、色ずかいやステッチまでこまやかに気を配っている。フロントベンチシートは、座面に「低反発の柔らかさ」をもたらす加工を施し、座り心地の良さにこだわっていて、しっとりなじむような、肌触りの良さがある。シート地も標準以外にメーカーオプションでも設定され、選ぶ事が出来る。 また、コンパクトカークラスで使われる3層構造の吸音材などの使用で、静寂性も高めている。
      

総評

 軽自動車が大ブームとなった原因の一つに、コンパクトなボディサイズながら、驚くほどの室内スペースにある。それは「ワゴンR」から始まり、今では「スペーシア」を始めとするハイトールワゴンに成長した。一度トール系の軽自動車に乗り、その室内空間の広さを基調とした使い勝手や利便性の高さを味わってしまうと、「ワゴンR」のような少し全高の低いモデルや、室内の狭いモデルに戻るのは難しい。デザインや走行性能、価格などで違うクラスとして存在しながらも、高さ以外のスペースでは劣る事は許されない。
 言い換えれば、室内空間のさらなる拡大は、ライバルやハイトール系と戦うための必須の条件といえる。先代の性能をさら引き上げる、これはトップモデルとしては王道だが、この基本に限りなく忠実に商品力を向上させてきたことにワゴンRの強みがある。しかし、「ムーブ」にほぼ同じ構成でトップを奪われ、「N ONE」では根本的に違うアプローチでシェアを奪われつつある今、王道を貫いているだけでは通用しないのかもしれない。広さは「スペーシア」に任せて、では何が残るのか。品質、走行性能、価格、デザイン新たな機能。現状のままのアップグレードでは、「低燃費と低価格」の「アルトエコ」と、広さの「スペーシア」に吸収され、モデルの存在意義さえ無くしてしまいかねない。

スポンサーリンク

スペック比較表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

メーカー・車種名 スズキ ワゴンR ダイハツ ムーブ ホンダ N ONE
比較車種 2WD車 2WD車 2WD車
車両型式 DBA-MH34S DBA-LA100S DBA-JG1 
車体寸法        全長×全幅×全高(mm) 3395×1475×1640 3395×1500×1620 3395×1475×1600
室内寸法        長さ×幅×高さ(mm) 2165×1295×1265 2130×1350×1280 1790×1270×1250
ホイールベース(mm) 2425 2455 2550
最低地上高(mm) 155 150 150
JC08モード燃費(㎞/L) 28,8 29,0 27,0
トランスミッション CVT CVT CVT

2013-03-13作成
2014-04-16再編集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする