走行性能と燃費を徹底比較(ワゴンR・ムーヴ・N-ONE)

 「アルトエコ」「ミライース」に始まった燃費競争は、軽自動車市場を牽引するこのトールワゴンクラスにまで飛び火した。ほとんど既存の他車種からのスライド採用だが、車両重量の増加しがちなワゴンボディの軽量化も重要になっている。また、重心の高くなることから走行性能も注目したい。

比較車種  スズキ ワゴンR  ダイハツ ムーブ  ホンダ N ONE

スポンサーリンク

スズキ ワゴンR

ワゴンR

JC08モード燃費 28.8 (㎞/L) 最高出力 38[52]/6,000 (kw/ps)

 低燃費対策としては、時速13km以下でエンジンを停止させる新アイドリングストップを始め、5MTには、シフト位置をニュートラルに戻しクラッチを離せば、自動でエンジンが停止。再度クラッチを踏み込めばエンジンが再始動する方式を採用。 既存のアイドリングストップ車専用の鉛バッテリーに加え、高効率なリチウムイオンバッテリーと高効率・高出カのオルタネーターを併用した、スズキ独自の減速エネルギー回生機構システムを軽自動車で初めて採用した「エネチャージ」。アイドリングストップ中、エコクールエアコンが停止し送風状態になった時、蓄冷材を通した冷風を室内に送ることで車室内の温度上昇を抑制する機構を軽自動車で初めて搭載した 「エネクール」の採用が目新しい。 また、ボディーをはじめ、ブレーキキャリパー、ブレーキディスク、足まわり、内装部品など車両全体にわたり徹底した軽量化を行うことで、最大70kgの軽量化を達成。エンジンとCVTの高効率化と回転抵抗を低減と、多岐に渡る。

 走行性能に関しては、軽量化と空気抵抗の減少がパワーダウンした分をおぎなっている。また、副変速機構付CVT はスムーズな走りにも貢献し、5MTや4WDも同時にラインナップされている点も大きい。

ワゴンR値引き交渉と下取り相場 2014-09-10

ダイハツ ムーブ

ムーヴ

JC08モード燃費 29.0 (㎞/L) 最高出力 38[52]/6,800 (kw/ps)

 2012年にマイナーチェンジされた現行モデルの燃費性能は、「ミライース」で採用されている、「e:Sテクノロジー」に、エネルギーマネージメントの追及として、「CVTサーモコントローラー」「iーEGR」を採用し、燃料噴射や変速制御、燃焼状態を最適化。また、CVTフルードの低粘度化や変速ギヤのハイギヤ化を行っている。「エコアイドル」もエンジン停止を車速9km/h以下にした。さらに、空力抵抗や走行抵抗を低減するために車高を低くするなどで、クラストップとなる29.0km/Lを実現させた。

 走行性能については標準車にもスタビライザーを搭載し、ロールを大幅に低減し、安定した車体姿勢を維持させている。さらには、全車サスペンションをローダウン化させ安定した走行性能を実現ている。ただ、「ワゴンR」同様に燃料タンク容量を減らすなど、軽量化による弊害もある。

ムーヴ値引き交渉と下取り相場 2015-01-19

ホンダ N ONE

N-ONE

JC08モード燃費 27.0 (㎞/L) 最高出力 43[58]/7,300 (kw/ps)

 燃費対策は、、燃焼室周辺の冷却効率向上により点火時期を進めた他、クランク軸・カムジャーナル・サイレントチェーン背面の鏡面仕上げなどによるフリクション低減などの改良で、エンジン単体での燃費も向上させているが、基本的には「N BOX」と同じ。アイドリングストップ こそ搭載されているが、停車前エンジン停止などは行われない。また、車両重量も最軽量の「ワゴンR」に対して40㎏ほど重いにかかわらず、「ムーブ」に2.0㎞/L差に迫っており、まだ伸びしろがある事がだれの目にもわかる。
 ホンダは走行性能にこそ軽ワゴンの新しい可能性を見出したようであり、クラストップのパワーを誇るエンジンと、スペース性のためのセンタータンクレイアウトは低重心を生み出し、「フィット」より長いロングホイールベースによって走行安定性を得ている。さらに、フロントスタビライザーを採用し、専用チューニングを施したサスペンションも装備する。

総評

 低燃費性能と室内空間の拡大という相反する目標を、限られたサイズでやり遂げて見せる軽自動車メーカーの努力には頭が下がる。さらには走行性能まで求めるのは申し訳ないとは思うが、走ってこそのクルマであり、一番に考えて欲しいところだ。「ワゴンR」がモデルチェンジで燃費を向上させ、登場したものの、販売が思うように伸びなかったのは、ユーザーはすでに燃費だけの軽ワゴンでは満足していないからではないか。あるいは、燃費をアピールしたために、他が見えなくなったかもしれない。その為、燃費を「ムーブ」に超されると、お手上げになってしまった。もうひとつ魅力をプラスすること、その答えが、「N ONE」とマイナーチェンジした「ムーブ」にはあったと思う。

スポンサーリンク

スペック比較表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

メーカー・車種名 スズキ ワゴンR ダイハツ ムーブ ホンダ N ONE
比較車種 2WD車 2WD車 2WD非ターボ車
車両型式 DBA-MH34S DBA-LA100S DBA-JG1 
JC08モード燃費(㎞/L) 28,8 29,0 27,0
車両重量(㎏) 780 810 840
最高出力(kw/ps) 38[52]/6,000 38[52]/6,800 43[58]/7,300
最大トルク      (N・m[kg・m]/rpm) 63[6.4]/4,000 60[6.1]/5,200 65[6.6]/3,500
タイヤサイズ 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S
燃料タンク容量 (L) 27 30 35
最小回転半径(m) 4,4 4,0 4.5
トランスミッション インパネシフトCVT インパネシフトCVT CVT

2013-03-10作成
2014-04-09再編集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする