軽トールワゴン徹底比較(ムーヴ・ワゴンR・NONE)

2012年12月20日にダイハツ「ムーブ」がビックマイナーチェンジと称する、大改良を行った。先にモデルチェンジを行い、「ムーブ」に差をつけ始めたスズキの「ワゴンR」を追撃する形だ。燃費では200m「ワゴンR」を上回り、「ミライース」が「アルトECO」に付けられた差をつけ返した。これにより軽トップの座を争う戦いは乗用車タイプからトールワゴンに移ってきた。そして、いつのまにか「ムーブ」を追い越している「N ONE」の存在も見逃せない。ここでは、各車のベースモデルを比較する。

スポンサーリンク

ダイハツ ムーブ

2012年12月20日、デザインを含めた異例の大幅改造が行われた。デザインではボディ先端が角張り、大型メッキグリルとバンパーに ターン&フォグランプを組み込み、ボリュームあるフロントエンドになった。そしてインパネデザインまでも変更、メーター位置はセンターから運転席前に移動。ベージュをアクセントとした2トーンインパネを採用し、1眼自発光式メーターは文字サイズを拡大させた。

最大の注目はやはり燃費性能。「e:Sテクノロジー」を進化させ、エンジンとCVTの温度を相互に最適化し、燃焼効率や動力伝達効率を高めて燃費を向上させる「CVTサーモコントローラー」を軽初採用。「エコアイドル」もエンジン停止のタイミングを車速9km/h以下に早めたことでアイドリングストップ時間を延長させるなどで、29.0km/L(JC08モード燃費)を実現させた。

また、レーザーレーダーを利用した軽自動車初の衝突回避支援システム「スマートアシスト」をNA車の一部のグレードに標準装備し、安全性能を強化した。

寸評

エネチャージやエコクールで先行する「ワゴンR」を200m燃費で上回って、「アルトエコ」に200m差でトップの名称を奪われた「ミライース」の敵討ちに成功した。とまあ、実燃費では何の意味もない戦いではあるが、販売戦略上今一番欲しい称号が燃費クラストップ、さらにはガソリン車トップの座なのだ。空力と摩擦の軽減、そして「CVTサーモコントローラー」の採用が決めてとなっているが、アイドリングストップは、車速9km/h以下で停止と、13km/h以下で停止する「ワゴンR」とは差があり、まだ燃費を伸ばすことは可能だ。他ではまだない「スマートアシスト」の採用も注目され、内外装のデザイン変更まで行い、「N ONE」を振り切り「ワゴンR」を攻略出来るか。

スズキ ワゴンR

モデルチェンジを期に「ムーブ」に大差をつけて独走するトールワゴン。減速エネルギーを利用して、高効率・高出力のオルタネーター(発電機)で発電。アイドリングストップ車専用の鉛バッテリーと高効率のリチウムイオンバッテリーに充電し、蓄えた電力を電装品に供給する「エネチャージ」と、時速13km以下でエンジンを停止させる新アイドリングストップで 29.0km/L(JC08モード燃費)を実現させた。また、エアコンの使用で凍る蓄冷材を内蔵しアイドリングストップ中にエアコンが送風に切り替わっても冷たい風をキープ する「エコクール」も採用している。

寸評

ここまで「ワゴンR」を独走させたのは燃費性能だけではないはず。車両寸法や動力性能でも両車に大きな違いはなく、寸法上ではむしろ「ムーブ」が優っている。販売力も、「ミライース」の販売実績を見売れば差はない。となればデザインと商品そのもののイメージということになる。「ムーブ」とほぼ同じファミリー層がターゲットではあるが、「子育て応援」を旗印にせず、若者にも好まれるボディデザインとイメージ作りが成功したと思われる。デザインまで変えてきた「ムーブ」だが、
この壁は意外と大きい。

ワゴンR値引き交渉と下取り相場 2014-09-10

ホンダ N ONE

独自の路線を貫き、いつのまにか「ムーブ」を凌ぐスコアを記録している。トールワゴンというワクに収まりきれない多用な側面を持ち、それでいてロングホイルベースとセンタータンクレイアウトを活かした室内は、上記2車以上の使い勝手を提案する。また、後席の座面を跳ねあげて新しいカーゴスペースを創出したり、シートやインパネのデザインや質感をシンプルでいて上質なものを採用している。パワートレインにはベース車唯一のターボエンジンを設定。過大な空力パーツで加飾せず、コストを抑えて走行性能のみを加えている。

寸評

「N ONE」の特徴を列挙していても、燃費性能に触れるのに時間がかかる。燃費が悪いわけではなく、27.0㎞/Lという上記2車に劣らない経済性を誇る。それでも仲々燃費に触れないのは、燃費意外に紹介すべき特徴が多いからだ。それはデザインから始まり、グレード、シートアレンジ、そして所有感と、独自のアイデアがほとんどだ。むろん、全てが万人に受け入れられるわけではなく、首をかしげるようなものもある。このクラスは燃費が良くて安ければいいという意見だってある。しかし、おおむね好意的に受け取らてるようで、「N BOX」につぐヒット車になっている。

総評

もうやることがなく、燃費競争もしばらくお休みかと思っていたらまだあった。「CVTサーモコントローラー」など極端な影響はないかと思うが、ここまで軽量化されてくると効果はあるようだ。してやったりの200mであろうが、勝ちは勝ち。一番には一人しかなれない。

実際には差は無いから無意味な争いだと言う声もあるが、こうなると次にスズキがどうするのか興味が湧いてくる。また「軽自動車初の・・・」を期待するのもいい。

スポンサーリンク

スペック比較表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

メーカー名 ダイハツ スズキ ホンダ
車種名 ムーブ ワゴンR N ONE
価格 1.070.000~1.371.000円 1.099.350~1.367.100円 1.150.000~1.490.000円
車両型式 DBA-LA100S 110S DBA-MH34S DBA-JG1 JG2
車体寸法(㎜) 3395×1475×1620 3395×1475×1640 3395×1475×1610~1630
室内寸法(㎜) 2130×1350×1280 2165×1295×1265 2020×1300×1240
ホイルーベース 2455 2425 2520
乗車人員 4 4 4
最小回転半径(m) 4,4 4.4 4.5~4.7
トランスミッション CVT CVT 5MT CVT
エンジン型式 直列3気筒DOHC 直列3気筒DOHC 直列3気筒DOHC 同ターボ
排気量(cc) 658 658 658
エンジン出力(kw/ps) 38(52)/6800 38(52)/6000 43(58)/7300 47(64)/6000
JC08モード燃費 26.0~29.0㎞/L 25.6~28.8㎞/L 21.8~27.0㎞/L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする