4ドアセダン徹底比較(シルフィ・アリオン・アクセラセダン)

新しくなった日産「シルフィー」。先に発売されたマツダの「アテンザ」とさらには、「ラティオ」「カローラアクシス」など、久しく低迷していた国産4ドアセダン市場において、2012年は当たり年なのかも知れない。そこで、「シルフィー」の購入する際、競合するであろう4ドアセダンを比較してみた。1.8Lに限らず、同価格帯であれば選択した。

スポンサーリンク

日産 シルフィー

フルモデルチェンジし、「ブルーバード」の束縛から抜け出したシルフィーの目指すターゲットは50~60代。3ナンバーサイズのエクステリアは、「ラティオ」を一回り大きくしたようなオーソドックスなノッチバックである。走行性能よりも居住性や質感の向上に重点をおいた室内は、ボディサイズとホイルベースの拡大にともないゆとりが十分感じられ、ワイドになった肩回りのリアシートなど絶妙なパッケージングや、 木目調パネルやメッキモールを使用し、ターゲット層を満足させる雰囲気になっている。

直列4気筒1.8Lエンジンは、新開発のMRA8DEエンジン。新世代エクストロニックCVTと組み合わせて15.6㎞/Lの低燃費を実現。キセノンヘッドランプ、LED式ストップランプ/ハイマウントストップランプ、VBC、ABS+EBD、そして運転席・助手席SRSエアバッグシステム+運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステム&SRSカーテンエアバッグシステムなど、安全性能も充実している。

シルフィ値引き相場と交渉の進め方 2015-06-23

寸評

特に特徴がないのが信条の4ドアセダン。その意味では良く出来ている。1.8Lという国産セダンには偶然ない排気量だが、ターゲットとなる50~60代にはこれで十分と設定されたなら、随分と舐められたものだ。多少コストがかかってももっとトルクのあるエンジンの方が扱いやすいのだが。そのうち2.0Lか過給器付きモデルは追加されるだろう。グレードが寂しすぎる。ディーゼルが ピッタリのはず。

トヨタ アリオン

1.5L1.8L2.0Lと、5ナンバーサイズセダンをフルカバーする4ドアセダン。 「カローラ」より一回り大きいボディと室内スペース、余裕あるエンジンを採用。「プレミオ」よより若いターゲット層を狙い、スポーティーな外観を採用していて、エアロパーツやローダウンパーツも用意している。トランスミッションにSuper CVT-iを採用し、低燃費も実現 。マイナーチェンジや2012年12月の改良などで、ステアリングスイッチを標準装備 したり、木目調パネル、シート表皮、内装色の変更を行うなど高級感を演出。また、本革(パーフォレーション&ギャザー仕様)を採用した”LEATHERパッケージ”を追加 した。

寸評

しばらくは5ナンバーセダンで敵なしのアリオン/プレミオだったが、ライバルのフルモデルチェンジで守勢にたつことに。2007年の登場なのでスペックでは不利になることも多いが、オーソドックスなデザインは古さを感じさせない。むしろ1.5Lまでカバーするラインナップは法人需要に対応するためだが、無理もある。

アリオン値引き相場と交渉の進め方 2015-04-09

マツダ アクセラセダン

2011年のマイナーチェンジでSKYACTIVテクノロジー搭載した「アクセラ」の4ドアセダンモデル。
エンジンに直噴「SKYACTIV-G 2.0」を採用、変速機も従来の5速から6速に段数を増やすとともに、ロックアップ領域の大幅な拡大によりダイレクトな シフトフィールと力強い加速を可能にした新型6速AT「SKYACTIV-DRIVE(スカイアクティブ ドライブ)」も搭載した。 また、空力性能の向上や低転がり抵抗タイヤを採用、「i-stop」の改良で17.8㎞/Lの燃費性能を実現。それでいて113Kwのパワーは「アリオン」 と同等。

寸評

燃費性能に代表されるSKYACTIVばかりがクローズアップされる「アクセラ」だが、他2車種と同レベルの室内空間をもち、低燃費で差をつけつつも199万円という価格から手に入るのが魅力だ。「アリオン」同様1.5Lもラインナプするが、グレードの少なさはザンネン。

アクセラセダンの値引きと買取相場

総評

200万円前後の4ドアセダンといえば、一番売れていても良さそうなクラスだが、現実には低燃費のコンパクトカーやミニバン、そして軽自動車に主役の座を奪われている。「シルフィー」やひとクラス上の「アテンザ」の登場で注目を集める今、セダンが活気づくキッカケになるか。そのためには奇抜なスタイルや飛び抜けた走行性能、また必要以上の高級装備は必要ないが、コンパクトクラスにはない、質感のいい内装と居心地のいい居住空間が必要になる。その定義から見ると、1.8Lに絞った「シルフィー」が徹底しているように思える。但し、50~60代にターゲットを置いているのが気に食わない。もっと若い年齢層でも、スポーティーさは必要とせずに、このクラスは必要なのだし、50~60代は面と向かって「あなたたちにはこれで十分」と言われたら気分が悪い。頑張って「スカイライン」にでもしようかという気になる。それが狙いなら逆にスゴイ。

スポンサーリンク

スペック比較表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

メーカー名 日産 トヨタ マツダ
車種名 シルフィー アリオン アクセラセダン
グレード S X G A18 SKYACTIV 20C 20E
駆動方式 FF FF FF
価格 1.937.250~2.389.800円 1.885.000~2.220.000円 1.900.000~2.050.000円
車体寸法(㎜) 4615×1760×1495 4565×1695×1475 4580×1755×1465
室内寸法(㎜) 2100×1460×1195 2055×1450×1205 1980×1475×1465
ホイールベース 2700 2700 2640
最小半径(m) 5.2 5.3 5.1
トランスミッション エストロニックCVT Super CVT-i 6AT
エンジン種別 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC
排気量(cc) 1798 1797 1997
最高出力(kw/ps) 96(131)/6000 105(143)/6200 113(154)/6000
JC08モード燃費 15.6㎞/L 16.4㎞/L 17.8㎞/L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする