ライバル対決「マークX」vs「スカイライン」

3ナンバーサイズ4ドアセダンというジャンルだが、実質この2車種に絞られる。他に「アコード」「アテンザ」など思い浮かぶが、2.5~3.5Lモデルを有するとするとこの2車種になる。
人クラス上となる「クラウン」「フーガ」と、ともに共通のパワーユニットを持ちながら、一回りコンパクトなサイズで、よりドライビングカーとしてのイメージを大事にしているのは、これまでのモデル遍歴において異なる性格だった2車だが、まったく同じゴールを目指している。
「マークX」がよりスポーティーになり、「スカイライン」がより快適になってきた。4ドアセダン市場が衰退する中、この2車が市場を鼓舞する車種になりえるのか。

スポンサーリンク

トヨタ マークX

2代目になったが、初代とイメージは変わらず、指摘されないとわからないくらいだ。3蓮のヘッドライトも引き継いで、フロントグリルとバンパーが「X」形状になっているのは愛嬌なのだろうが、デザインとしては陳腐でいただけない。スポーツサルーンとプレミアムカーの融合を進化させたモデルは、エンジンもV6の2.5Lと3.0Lから3.5Lに変え、ブレーキ性能も格段に向上し、スポーツサルーンとして進化させた。

グレードは「プレミアム」「スポーツ」「スタンダード」のタイプ分けがなされており、それぞれに装備内容の正確を変化させる。3.5Lは「プレミアム」「スポーツ」に、2.5Lに設定される4WDは「スタンダード」と「プレミアム」がある。
「プレミアム」には、アルミホイール(16/17インチ)、アルカンターラシート、運転席8ウェイ/助手席4ウェイパワーシート、ナノイー付き左右独立温度コントロールフルオートA/Cなどが装備される。
「スポーツ」には、リアスポイラー、パドルシフト、ファブリックシート、運転席8ウェイパワーシート、 左右独立温度コントロールフルオートA/Cなどが装備される。
「スタンダード」は十分な装備がついて244万円からというこのクラスとしては買い得感のある価格設定になっており、「プレミオ」「アリオン」の上級車並の価格である。

日産 スカイライン

いわずとしれた国産4ドアセダンの代表格。しかし、エンジンなどのメカニズム面での進歩はあるものの、スポーツセダンとしての進化はどうか。「スカイライン」をスポーツセダンと認知するのは40~50代もしくはそれ以上の世代ではないか。昨今は「フーガ」の小さいクルマとしての評価が多く、デザインにも独立性はない。そして「マークX」に比べて価格は高めの設定だが、その価格分の差が感じにくい。3.7Lの上級者はレクサス並の450万円超えである。

3.7Lエンジンと2.5LエンジンはともにV6、3.7Lにはアクセルペダルの踏み込み量に応じて、エンジンの吸気バルブの作動角とリフト量を可変制御 するVVELを搭載する。7速オートマチックトランスミッション にはアクティブシフトコントロール、シンクロレブコントロールを採用した。サスペンションにはフロントにWウイッシュボーン、リアにマルチリンクを採用、ヂュアルフローバスショットアブソーバーも装備。4輪操舵システムの4輪アクティブステアは3.7L車の一部のみメーカーオプションで装着が可能。

スカイライン値引き交渉と下取り相場 2014-09-26

総評

この2車の比較は豪華装備の「旧マークⅡ」と、走りの「スカイライン」という図式のはずで、イメージもほぼ変わらないはずだったが、いつのまにか同テイストの車種になった。どちらも走行性能は申し分なく、装備内容も十分。「クラウン」「フーガ」ほど取り回しに苦労がなく、高速ツーリングも快適。その気になればワイディングロードではパワーを生かして「86」並に走れる。これで良しとするなら何の問題もない。価格からすると、「マークX」がかなり安い。「スカイライン」はグレードが豊富なわりに高めの設定が多すぎる。装備は良いのだろうが「フーガ」ではなく「スカイライン」を選ぶ意味がわからなくなる。価格の安い「マークX」には、車格が「アリオン」「プレミオ」に近づきすぎた感がある。
評論家のようにBMWやアウディと真剣に比較して購入を検討するのは現実にはありえないのだが、「BMW320i」が439万円から、「アウディA4」も440万円から購入できるとなると、「マークX」はともかく「スカイライン」の3.7L狙いなら考えてしまう。つまり独ブランドに簡単に負けてしまう魅力しかないのだ。

新しい時代の4ドアセダンはどうなるのか。あるいはもう必要ないジャンルなのか。もうじきマツダの新型「アテンザ」が発売される。2.5LのSKYACTIVあるいはクリーンディーゼル、どちらも楽しみである。上記2車がもっていないものを確実にもっていると見た。もしかするともう一度ぐらい4ドアセダンに脚光が当たるかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする