スポーツカー徹底比較(86・ロードスター・CR-Z)

トヨタが「86」を発売して一定の盛り上がりを見せたが、期待通りとはいかなかった。少なくとも事前にメーカーやマスメディアが若者のクルマ離れを食い止めると吹聴した風にはいっていない。なぜか。それはライバルが不在だからではないだろうか。
少なくともハッキリとしたライバルがわかりづらいからではないか。不況ともいえる自動車業界においても元気のあるクラスは売れ続けている。そこにはハッキリとしたライバルの存在があった。
ミニバンで快進撃を続ける「セレナ」には「ステップワゴン」「ノア」が、超低燃費で話題の「ミライース」には宿敵「アルトエコ」が、業界の主役に踊りでた軽トールワゴンのトップブランドに君臨する「N BOX」には「パレット」とお手本の「タント」がいる。では「86」にライバルはいないのか?。

姿形、エンジン性能で似通っているものはないが、そのスポーツカーとしてのパッションは同じかそれ以上のものがある。ひとつは「ロードスター」。そしてもうひとつは新時代のスポーツカーとして「CRZ」を挙げたい。

スポンサーリンク

トヨタ 86

旧「KE86」はカローラ/スプリンターの2ドアクーペとして登場し、そのスポーツバージョンにすぎなかったため、価格も安く、しかも中古車市場に多く出まわってから本格的な人気がでたこともあって、新「86」といっても新車に飛びつく若年層はそうはいないはずだ。しかし、200万円台は2.0Lクラスとしては安価には違いない。その中で、低重心のスバルの水平対向エンジンを直噴化して、フロントミッドシップレイアウトに搭載し、FRハンドリングカーとしての魅力を提供したのは評価出来る。ボディデザインは何の変哲もない2ドアクーペで、スポーツカーとはいえないかもしれないが、余分な装飾を廃し、ボディサイズもギリギリ切り詰めた結果がこのカタチに行き着いたと見る。

もっと速いクルマは存在するし、安いクルマも山ほどある。けども、便利な移動手段としてのクルマではなく、実用にそこそこ使えて、しかも純粋に走ることが楽しめる走行性能を持つクルマとなると今では珍しい。

マツダ ロードスター

いわずとしれた世界中に支持されたオープンスポーツカーだ。デビュー当時はこの実用性ゼロのクルマが、納車まで半年以上かかるブームを巻き起こした。そして、今でもそのオープンマインドは守られ続けている。スポーツカーの定義は2人乗りでオープンでなければならないと、たしかあった気がする。そうゆう意味では日本では、世界でも稀有な存在だろう。2.0lエンジンはパワフルとは言いがたく、「86」のような直噴といった技術も使っていない。また、軽量ではあるが「CR-Z」のような低燃費でもない。

それでもこのクルマをスポーツカーと呼ばせるのは、ソフトトップとRHTと呼ばれるハードトップのいずれもルーフを完全にオープンに出来るボディだ。「86」の価格設定Hじゃ安いと思うのだが、この仕組を装備する「ロードスター」はそれ以上に安いと思う。軽い操作でソフトトップを広げるのは片手で十分だし、30万円ほど追加すると、スイッチひとつで約12秒でオープン出来るRHTも捨てがたい。高価なオーディオや、最新のカーナビを後付けで購入するくらいなら、RHTを選んで風の音を聞ければ、道に迷っても楽しいかもしれない。乗る前からそんあ想像をしてしまうのがスポーツカーの魔力である。

ホンダ CR-Z

上記2車を考えた時、スポーツカーにあまりにも進歩がないのに驚く。「86」にしても「ロードスター」にしても、何十年も前からあった考えや、クルマを今風にしただけで、新しいものは無いもないに等しい。

「CR-Z」をスポーツカーと呼ぶのに抵抗があるのは確かだ。スタイルは2ドアハッチバックだし、パワーだってコンパクトカーに毛が生えた程度だ。燃費がいいと言ったって、スポーツカーなんだかららあまり関係ないし。今までのスポーツカーの基準ならそうであろう。

HYBRIDが燃費のためではなく、ターボやスーパーチャージャーのようにエンジンを補完するために利用する。そしてバッテリー容量なども極力抑えて、軽量でキビキビとした走りを提供する。そんなクルマをスポーツカーと呼んでもいい時代なのではないだろうか。多分、3車のユーザーのなかで一番年間走行距離が多いのは、「CR-Z」に違いない。そう思うと、スタイルでも、高曲率のフロントウインドウやクリスタルブルーに浮かび上がるメーターが、未来的な不思議なイメージを感じさせるし、「86」や「ロードスター」が古臭く感じてしまう。新しい技術の背曲的な採用もスポーツカーの
定義にあったような気がする。

総評

今、スポーツカーや走りを考えなくてもいい時代かも知れない。大事なのは安全と経済性。このふたつを押さえればクルマは十分だし、現にそれだけのクルマが売れている。これからもそれは変わらない気がするし、変える必要、もないFだろう。しかし、どんなにキビシイ時代でもスポーツカーや、走りを求めるクルマは存在し、生き残ったり復活したりする。本来、人は走るのが好きなんだと思う。けっして飛ばすという意味ではなく、気持よく走りたいのだ。

ライバルはいた。意のままに走れる「86」を選ぶか、「ロードスター」で風を切るか、「CR-Z」で未来を感じるか。こればっかりは人それぞれということか。

スペック比較表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

トヨタ 86 マツダ ロードスター ホンダ CRZ
比較グレード SOFT TOP S β
価格 2.410.000円 2.330.000円 2.365.000円
車体寸法(㎜) 4240/1775/1300 4020/1720/1245  4075/1740/1395
車両重量(㎏) 1210 1110 1140
ホイルーベース 2570 2330 2435
乗車人員 4 2 4
最小半径(m) 5.4 4.7 5
トランスミッション 6MT 5MT 6MT
エンジン型式 直噴水平対向4気筒 直列4気筒 直列4気筒+
排気量(cc) 1998 1998 1496+モーター
エンジン出力(kw/ps) 147(200) 125(170) 87(118)+15(20)
最大トルク
(N・m「㎏f/m」/rpm) 205(20.9) 189(19.3) 145(14.8)+78(8.0)
JC08モード燃費 13 12.6 19.4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする