ekワゴン値引き交渉と下取り相場

ekワゴンの写真
ekワゴンの値引き交渉の進め方や試乗インプレッション、モデルチェンジ情報の他、ekワゴンの下取り相場に関する情報を元ディーラー営業マンの視点から解説する。

ekワゴンの値引き交渉の進め方

 人気の軽ハイトワゴンであり、値引きは難しいと思われるが、日産の姉妹車「デイズ」に比べて販売は低迷。三菱の販売力が最大の原因でもあるが、日産の「モコ」以下という数字は、長く軽自動車を生産・販売してきた三菱にとっては屈辱的。値引き自体は、この販売状況を反映して軽トールワゴンの中では最も多いはず。

 競合相手は軽ハイトワゴン全てで、近くのディーラーで扱っている軽ハイトワゴンの見積もりを取ってみて、相場を把握してから三菱ディーラーへ。競合相手のお勧めは、OEM者を扱うマツダやスバル。ベース車以上の値引きが可能ということはないが、値引き可能な額を一気に出して、だめなら諦めるという速攻商売が基本となり、無駄な時間をはぶける。
問題はその三菱ディ-ラーの少なさ。もし、修理工場などで三菱の看板を出していたら、業販扱いの協力店なので話をしてみよう。また、「オートバックス」などの自動車部品の量販店でも新車を扱っているので、検討するのもいいでしょう。売る側としては、軽自動車は登録車と違って扱いが簡単なので、従来のディーラー以外の販売方法が取組始めており、間口が広がっています。

値引き目標 12~14万円

ekワゴンの買取相場と高く売る為のポイント

 現行モデルはまだモデルが新しく、「ekワゴン」自体の相場は確定しているとは言えないが、姉妹車日産「デイズ」とともに、軽トールワゴンの平均的な相場になると思われる。新車市場では、人気車種とはいえないものの、と軽トールワゴンとして、クラストップレベルのスペックと室内空間を持つだけに、新車とは違い実用性を重視する中古車ユーザーにとっては「ムーブ」「ワゴンR」と同様に評価されている。

 前モデルについては、同名称の車種とは言え、まったく別車種としての評価基準であり、軽トールワゴンとしてよりも、ハッチバック型に近い見方がされる。あまり人気があるとは思えないが、中古車市場では意外と人気車種である。もっとも、他のトールワゴン「ムーブ」「ワゴンR」より割安である事も一因ではあるが、飽きのこないスタイルや、スライドドア車の評価が高い。

前モデルの買取参考価格表

グレード 駆動方式 年式 新車価格 買取り参考価格
E 2WD 2014 100.0 50.0
  2WD 2013 100.0 46.0
G 2WD 2014 118.0 68.0
  2WD 2013 118.0 58.0
  2WD 2013 101.0 44.0
  2WD 2010 101.0 24.0
G 4WD 2014 127.1 65.0
  4WD 2013 127.1 60.0
  4WD 2013 113.0 55.0
  4WD 2010 113.0 36.0
M 4WD 2014 116.1 59.0
  4WD 2013 116.1 59.0
  4WD 2013 105.0 57.0
  4WD 2010 105.0 33.0
比較対象車種
スズキ ワゴンR FX 2WD 2013 105.7 50.0
  2WD 2010 99.5 47.0

他サイトによる「ekワゴン」のレビュー紹介

カーセンサーNet、モータージャーナリスト松本英雄氏による「ekワゴン」試乗レポート。
http://www.carsensor.net/contents/testdrive/_25544.html

「サスペンションをよく動かすセッティングだと感じられた。滑りやすい路面や強風による影響を抑えるため、ロールも意図的に作り出している。街中から高速まで乗り心地はとても良好だ。」

走行性能に影響が大きい、ボディの組み上げ技術の向上を実感したとしている。

ekワゴンのモデルチェンジ情報

2014年6月には「アシストバッテリー」を新たに搭載したことでJC08モード燃費を30.0km/Lに向上。2014年12月には、新グレードとして「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)」「誤発進抑制機能」を装備した「E e-Assist」・「M e-Assist」・「G e-Assist」を追加設定するなど、こまめな改良や装備アップを実施している。

ekワゴンの車種概要

 現行モデルは2013年6月に発売、日産と三菱の合弁会社「NMKV」が日産と三菱向けに商品企画と開発を行った第一弾。先代から全高、ホイールベースをそれぞれ拡大してトールワゴンに転換され、後席での快適性も高められた。エンジンは新世代のものに置換され、副変速機構付CVT「INVECS-III CVT」と アイドリングストップを採用している。

日産「デイズ」と姉妹車になり、両社ともに生産は三菱が行う。日産「デイズ」とは、外装ではフロントデザインが異なりなど、差別化を目立たたせている他、装備や車種構成も異なっている。前モデルのスポーティーモデル「ekスポーツ」に変わって「ekカスタム」がラインナップされている。

2014年12月に新グレードとして「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)」「誤発進抑制機能」を装備した「E e-Assist」・「M e-Assist」・「G e-Assist」を追加設定した。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする