フリード値引き交渉と下取り相場

フリードの写真

フリードの値引き交渉の進め方

 厳密に言えば、ライバルはトヨタの「シエンタ」だけだが、実はその他のすべてのコンパクトカーも競合関係にある。3列シート車はどうしても必要というわけではないが、自由に使える3列目のシートは子供たちにとってうれしいおまけだ。シート全部を占領できる。そのために大きなミニバンを購入する気にはなれないが、このサイズでなら高価なオプションを選ぶより実用的だ。ミニバンとしてなら、余裕のあるハイブリッドが理想だが、コンパクトカーとしての利用なら、1.5Lで十分。相見積もりをさせる車種もよりどりみどりだ。

 ライバルの「シエンタ」とともに2015年にはフルモデルチェンジさっる予定の「フリード」は、人気があるとはいえ末期モデル。ハイブリッドシステムも旧型となり、さすがに人気にも陰りが見えてきた。ガソリン車狙いなら「シエンタ」「ノート」といった競合車で勝負させてみよう。

値引き目標 25~28万円

フリードの買取相場と高く売る為のポイント

 コンパクトサイズながら、3列シートを備えるという、ライバルの少ないクラスなので、非常に高い買取り相場といえる。唯一のライバルと言えるトヨタ「シエンタ」との比較でも2008年式で、15万円ほどの差を付けている。この50万円以下のクルスでこの差は非常に大きく、モデルの人気が伺える。ちなみに、表にはないが、当時発売されていた日産の「キューブ」のロングホイールバージョンで、3列シート車である「キューブキュービック」は、「シエンタ」よりさらに低い価格になっている。

 クラス唯一の人気車種となった「フリード」は、今後も高い買取り価格を維持すると思われるが、2015年にはフルモデルチェンジが行われるので、市場には買い取られた同車が大量に供給されると相場が動くと思われます。特に、1.5L車に比べて変化が多いと見られるハイブリッド車は、システムが性能の劣る旧型と位置づけられ、大きく値を落とす可能性があります。手放す予定がある人は留意が必要でしょう。

買取参考価格表

車種 グレード 年式 駆動方式 新車価格 買取参考価格
1.5G 2014 FF 161.7 95.0
2011 FF 161.8 79.0
2008 FF 161.0 50.0
1.5G ジャストセレクション8人 2014 FF 176.1 100.0
2011 FF 174.1 80.0
1.5G Lパッケージ8人 2008 FF 172.0 56.0
1.5G 2014 4WD 180.6 124.0
2011 4WD 181.3 108.0
2008 4WD 185.0 65.0
1.5G ジャストセレクション6人 2014 4WD 195.1 125.0
2011 4WD 195.1 113.0
1.5G Lパッケージ 2008 4WD 194.0 68.0
FLEX 5人乗り 2011 FF 167.0 64.0
2008 FF 156.0 46.0
ハイブリッド 2013 FF 204.6 121.0
2011 FF 204.6 135.0
トヨタ シエンタ 1.5G 2008 FF 168.0 36.0
2008 4WD 187.0 50.0

他サイトによるフリードのレビュー紹介

「レスポンス」モータージャーナリスト青山尚輝氏による「フリード」の試乗レポート
http://response.jp/article/2011/12/02/166424.html

「走りの滑らかさ、静かさ、モータートルクによる動力性能の余裕、日々体感できる実燃費の良さ、そしてHV車ならではのエコアシスト機能は大いに魅力的」

多少予算で無理してでもハイブリッド車を選ぶべきだとしている。事実、販売比率でも、ハイブリッド車が半数以上を占めており、シリーズ全体の人気を牽引している。

モデルチェンジ情報

 「フリード」は2015年秋ごろにフルモデルチェンジを予定している。次期モデルも燃費に優れたコンパクトミニバンというコンセプトは変わらず、注目されるパワーユニットに関しては、ダウンサウジングされた直列3気筒1.0LのVTEC-ターボエンジンが搭載される可能性も計画されたが、次期フリードでの採用は見送られることになり、1.5Lエンジンと1.5Lハイブリッドエンジンとなり、現行モデルと同じラインアップになる予定。ハイブリッドシステムは最新の「Sport Hybrid i-DCD」へと変更されることになる。

 ライバルのトヨタ「シエンタ」も同じ次期ににフルモデルチェンジするスケジュールになっており、1.5LのTHSⅡハイブリッドシステムが搭載されるのは既成の事実になっているので、燃費の差が直接販売に影響すると判断しVTEC-ターボよりもハイブリッドの方が有利と判断されたと考える。 それにしても、相次ぐリコール問題で信頼性に疑問が残る「Sport Hybrid i-DCD」の改善が発売までにクリアされるかどうかが、次期モデル成功の鍵になるだろう。

フリードの車種概要

 ミドルサイズミニバンでは少々大きすぎるとするユーザーをターゲットにして開発された、手頃なサイズで室内空間にもゆとりあるコンパクトミニバンとして、2008年5月に発売された。2代目フィットのものをベースにしたプラットフォームを採用、エンジンはi-VTEC化され、FFはトルクコンバータ付きCVT、4WDは5速ATとなった。

 スタイルは機能的かつシンプルなデザインで、 3列シート仕様(6人乗り: 2列目、7人乗り:)と、2列シート仕様の「FLEX」(5人乗り)が設定された。「FLEX」は同コンセプトの派生車「フリードスパイク」の登場もあり、2011年10月のマイナーチェンジ時に廃止された。このマイナーチェンジでは、新たに1.5L i-VTECとIMAを組み合わせたハイブリッド車が追加設定された。

2014年4月にマイナーチェンジが行われ、装備とボディカラーなどの変更が行われている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする