コペンセロSの値引きとリセールバリュー

body_color_cero_britishgreen_mica

コペンセロS の値引き交渉の進め方

厳しい値引き交渉

 「コペンセロS」は、すでに発売されている「コペン ローブ S」、「コペン エクスプレイ S」 同様に、ベース車にビルシュタイン製ショックアブソーバーやレカ ロシートを装備した上級グレード。

その車両価格もCVT車で205万円と軽自動車であることを忘れさせる価格になっています。

ベースの「コペンセロ」自体も、シリーズの半数を売り上げる人気モデルのために値引きが困難であるが、さらに「S」グレードはプレミアム感も加わり厳しい状況です。

 ライバルはホンダの「S660」ですが、相見積もりはあまり意味が無いので、検討していることを伝える程度でいいでしょう。

200万円オーバーの車種ですから、厳しいとは言えある程度は期待したいところ。

ディーラーにとっても他の軽自動車よりも利益率が高いはずなので、最低でも二桁の値引きは目標にしたい。

値引き目標 7~10万円

コペンセロSを買う前に一度は検討しておきたい競合車

ホンダ S660

似て非なるコンセプト

 「コペン」に唯一対抗する軽オープンスポーツがホンダの「S660」。

「コペン」と同列に見られるがミッドシップレイアウトでタルガトップの「S660」はまったく異なるコンセプトであり、これだけ見た目が違うと、比べて悩む人はそういないような気がする。

ユーザーも両車を検討して悩むと言うより、最初からどちらかに決めている場合がほとんどでしょう。

試乗記なども多くがサーキットでのインプレッションであり、日常の使い勝手も兼ね備える「コペン」とは市場の受け止め方も違います。

エンジンのパワーは自主規制内に収まるために差はありませんが、クラス最強を誇るトルクでは「コペン」を上回ります。

 また、価格も198万円からと割高であえて「コペン」は意識していないようです。

どちらかというとダイハツの側が、「コペンローブヴS」、「コペンエクスプレイ S」に続いて「コペンセロ」にも「S」を加えるなど走りを意識したグレードを投入させるなど、「S660」を意識した対抗モデルと位置付けているようです。

スズキ アルトワークス

快適性より走り

 スズキには軽オープン2シーターはありません。

そのかわり「アルトワークス」という飛び切りの軽スポーツモデルがあるのです。

パワーが同じ「コペンセロS」に対して最大で200㎏も軽い車体は、走行性能に与える影響が尋常ではないことが素人でも想像できます。

大人3人分なのですから。

オープンウィンドは感じられませんが、軽自動車で考えられる最強の走りであることは確かです。

車両価格も「コペンセロS」より約50万円安いとなれば若者にも手が出しやすいでしょう。

コペンローヴ S、コペンエクスプレイ S

好みで分かれるが中味は同じ

 競合車というよりも、最初の、そして最後の選択肢と言うのが正しいでしょう。

すべてに「S」グレードが用意されているので、あとは個人の好みでしかありません。

販売状況では3つのボディタイプの中では最後発の「コペンセロ」が販売台数の半数を占めるとされており、旧型のデザインが広く認知されている結果、最も「コペン」らしさのあるモデルと言えるでしょう。

そうなると、表情を一新した「コペンローヴ」や斬新なデザインの「コペンエクスプレイ」は何だったのかと言う疑問も出ますが、「コペンセロ」の丸目嫌いの受け皿にはなるでしょう。

マツダ ロードスター

軽自動車で飽き足らなければあと40万円

 オープン2シーターのパイオニアである「ロードスター」は、このカテゴリーを検討されるユーザーなら誰もが一番の候補に挙げるでしょう。

1.5Lエンジンのパフォーマンスに不満を持つ場合もありますが、峠を責める「86」と異なりオープンウィンドを楽しむという本来の趣旨なら文句のない動力性能です。

価格も意外と安い(コペンが高い)こともあり、「コペンセロS」との差は40万円ほど。

そうなると、動力性能に不満は無く、逆に魅了的になります。

ライバル車比較表

コペンセロS S660 アルトワークス ロードスター
車両価格(円) 2,052,000
~2,073,600
1,980,000
~2,180,000
1,509,840
~1,617,840
2,494,800
~3,196,800
JC08モード燃費
(㎞/L)
22.2~25.2 21.2~24.2 22.0~23.6 17.2
車両重量(㎏) 870.0 830~850 670~740 990
エンジン型式
・排気量(cc)
直列3気筒・658
インタークーラーターボ
直列3気筒・658
インタークーラーターボ
直列3気筒・658
インタークーラーターボ
直列4気筒・1496
最高出力
(kW[PS]/rpm)
47(64)/6400 47(64)/6000 47(64)/6000 96(131)/7000
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
92(9.4)/3200 104(10.6)/2600 100(10.2)/3000 150(15.3)/4800
駆動方式 FF MR FF 4WD FR
トランスミッション CVT 5MT CVT 6MT 5MT 5AGS 6AT 6MT

コペンセロS の下取り相場とリセールバリュー

値崩れを起こさないクルマ

 発売直後にもかかわらず一応の相場が出ています。

それを見るとさすがに高い価格であると言えます。

もともと「コペン」シリーズの相場は高く、「S」グレードだけの比較では「ローブS」より「エスプレイS」が高いのは台数が少ないことも影響しています。

「セロS」がそれを上回るのは、発売が2015年式であっても12月ということが大きい。

 基本的には「コペン」シリーズは今のところ全て同じ相場とみていいでしょう。

前モデルでも「コペン」自体の評価はもともと高く、中古市場では値崩れを起こさないクルマとしてのポジションを築いています。

しかし、今後人気に差が出てくると差が付くと思われるので、リセールバリューが高いのは現在最も人気が高いモデルである「セロ」の可能性があります。

もちろん「S」グレードも付加価値は高いはずです。

買取参考価格表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

車種・グレード 年式 駆動方式 新車価格 下取り参考相場
セロS 2015 2WD 192.0 165.0
セロS 2015 2WD 190.0 ・・・
比較車種
セロ 2015 2WD 173.5 148.0
セロ 2015 2WD 171.5 146.0
エスプレイS 2015 2WD 187.0 156.0
2014 2WD 168.5 137.0
ローブS 2015 2WD 187.0 151.0
2014 2WD 187.0 146.0
アルトターボRS 2015 2WD 119.8 95.0

参考:toyota.jp ご購入サポート | 下取り参考価格情報

他サイトによるコペンセロS(ローブS)のレビュー等の紹介

GAZOO.com、モータージャーナリスト下野康史氏による「ローブS」試乗レポートより
http://gazoo.com/car/newcar/impression/st2/Pages/WCG_150417.aspx

「ローブSの乗り心地はそうとう硬い。

ビルシュタインのおかげで、タウンスピードでの硬さのカドが若干まるくなったような気もするが、硬いことは硬い。

ノーマルだって硬いのだから、標準ローブで十分だなあと個人的には思った。」

元ディーラーマンによる評価

見た目ほど個性に差が無い

 ダイハツは「キャスト」でも3つのモデルを用意した。

そして「コペン」でも3つだ。

ユーザーにとっては選択肢が増えて嬉しい反面悩みどころでもある。

「キャスト」ではかなり個性が解れており装備の違いも大きいが、「コペン」の場合せっかくの3モデル体制も見た目のデザイン以外変わりがない。

「コペンセロS」のような上級装備を好む人も、その他のモデル全てに設定されているとなると難しい決断になる。

もっと個性がハッキリ分かれているような装備の差があってもいいだろうと思う。

コペンセロS の長所と問題点

問題はあってもユーザーには長所 

 ターボとはいえ軽自動車であるので特別速いわけでもないし、「アルトワークス」のような官能的なスポーツモデルでもない。

しかし、運転することが楽しくなるクルマが「コペン」。

しかも電動開閉式のルーフまで備えているのだ。

マニュアルシフトが欲しくなるのは「アルトワークス」だけではない。

運転が楽しくなることが長所の全てと言ってもいい。

 問題点はどこか。

2シーターオープンということである以上、日常の使い勝手も居住性も問題点だらけではあるとは思うが、それを承知で購入するユーザーにとっては、それらを含めて魅力のひとつになってしまう。

しいて挙げるとするならば車両価格であろう。

ユーザーの年齢層が高いのはクルマのせいではない。

若い層でも欲しいはずだけれども、200万円にもなる軽自動車には手が出せない。

需給装備満載の「S」もいいが、装備を削り、電動ルーフさえ除いたグレード、例えば「コペンスタンダード」的のものがあれば面白いのかも知れません。

コペンセロS のモデルチェンジ情報

 「コペンセロ」は2015年6月に発売された「コペン」シリーズ3つ目のモデル。

「コペンセロS」は2015年12月新設定。

「セロ」の上級グレードで、「ローブS」・「エクスプレイS」同様に、レカロシート、MOMO製革巻ステアリングホイール(メッキオーナメント、シルバー加飾付、CVT車のみパドルシフト付)、ビルシュタイン製ショックアブソーバーを装備したほか、インナードアハンドル・パーキングブレーキボタン・エアコンレジスターノブをメッキ化し、マルチリフレクターハロゲンフォグランプを標準装備した。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする