美容って何だろう

皮脂って何だろう

 皮脂腺から分泌される“皮脂”には肌機能において重要な役割があります。皮脂は汗と混ざりあって皮膚表面に皮脂膜と呼ばれる膜を張り、水分の蒸発を阻止したり摩擦を軽減したりと潤い保持やバリア機能を担っています。

 皮脂と聞くと、なんとなく肌に悪いイメージを持つ人も多いかもしれません。テカりの原因になったりニキビを悪化させるなど、トラブルの一因にもなるためでしょう。しかし正常な量の皮脂は皮膚に必要な存在で、過剰に嫌うことで逆にトラブルを増長させる恐れもあります。

 例えば脂取り紙を多用したり、洗顔のし過ぎで皮脂を取り過ぎると皮膚は皮脂不足を認識します。それにより必要以上の皮脂が分泌され、かえってテカりやニキビが発生しやすくなるのです。皮脂過剰を防ぐには皮脂の取り過ぎを辞め、肌の潤いが保たれるケアをする必要があります。

 思春期になると皮脂の分泌が盛んになり、それがニキビ悪化の要因になります。逆に大人になると潤い不足から皮脂過剰が促され、乾燥と脂性が混合した肌に悩む人が多くなります。

「 皮脂の原因や対策、効果や実践方法 」 一覧