美容って何だろう

妊娠線って何だろう

 皮膚疾患のうち、洗浄皮膚萎縮症または皮膚伸展線条の原因が妊娠によるものの場合、通常は“妊娠線”と呼ばれます。皮膚が急激に引っ張られたことで真皮や皮下組織に亀裂が生じた症状で、初期は赤みや赤紫色の線となって現れます。次第に赤みはなくなり白っぽく変化しますが、一度できると完全に消えることはないとも言われています。

 妊娠線ができる箇所は様々あり、お腹や太もも、乳房などが挙げられます。特に下腹部はお腹が大きくなった後にできると死角になるため、出産後に初めて気が付いたという人もいるのではないでしょうか。臀部なども同様に気が付きにくい箇所と言えるでしょう。

 妊娠線に対する治療法は今のところないようですが、予防ケアとして保湿クリームを塗るというものがあります。それ以外には急激に皮膚が伸びないよう、体重増加も急激に起きないよう気を付けるなどの対策があるでしょう。特に元々痩せている人は皮膚の伸びに余裕がなく、急にお腹が出ることで妊娠線の発生も高くなると考えられます。

「 妊娠線の原因や対策、効果や実践方法 」 一覧