美容って何だろう

      2016/12/09


ガーゼ洗顔でツルツル卵肌になる方法

 毎日丁寧に洗顔しているつもりでも、毛穴の詰まりを引き起こしてしまう。そんな貴方に試してほしい洗顔方法、それが「ガーゼ洗顔」です。

MON_5290

 クレンジングや洗顔をきっちり丁寧に行っているつもりでも、鼻の周辺や顎の下、Tゾーンといった皮脂分泌の盛んな場所はどうしても毛穴が詰まり易いものです。かといってゴシゴシ擦るわけにもいきませんし、小まめに洗顔するというのも皮脂を更に増やしてしまう恐れがあるのでNGです。そこで毛穴の汚れをクリーンにするために、ガーゼを用いた「ガーゼ洗顔」をお勧めします。

スポンサーリンク

ガーゼ洗顔とは

 赤ちゃんの体を洗ったり、手や口を拭いたりする時に使用するガーゼ。柔らかな感触は肌にも優しく、余計な負担や刺激を与えることなく使用できます。ガーゼ表面の繊維が肌に密着することで、肌の汚れを取り除き易いのです。肌に優しいガーゼを用いた洗顔で、むきたての茹で卵の様なお肌を目指してみませんか?

 使用するガーゼですが、医療用のものを用意してください。ドラッグストアなどで手に入れることができるでしょう。また、何度も使用したい場合はガーゼハンカチでもOK。特に真新しいものよりも、ちょっと使用感が出てきたものが良いようです。新しいものを使用する際には数回洗濯してから使うと良いでしょう。

ガーゼ洗顔の方法

 メイクをしている場合はクレンジングで綺麗に落としてからガーゼ洗顔を行います。まずはガーゼをぬるま湯に浸し、洗顔フォームや石鹸などをこすりつけて泡立てましょう。空気を含ませるように泡立てをしていきます。キメの細かい泡が充分に立ったところで、指先にガーゼを巻き付けます。巻き付けた指で肌の表面を優しく撫でるようにしてマッサージしていきましょう。汚れの残り易い小鼻の脇なども丁寧に、あくまで優しく行います。決して肌を擦らない様にして下さいね。

 全体を洗い終わったら、ぬるま湯でしっかりとすすいでいきます。泡が残らない様に綺麗にすすいだあとは、いつもどおりのスキンケアをしてあげましょう。お風呂につかりながら行う事で毛穴がよく開き、汚れも落ちやすくなるでしょう。

 低刺激ながらも古い角質をしっかりオフしてくれるので、肌のターンオーバー促進に効果的です。肌全体のごわつきやくすみ、黒ずみなどの改善が期待できるでしょう。血流促進の効果もあるため肌の血色がよくなるほか、栄養がスムーズに行き届くことで乾燥などのトラブルにも効果があると考えられます。これからの季節は寒さや乾いた空気による乾燥&血行不良などお肌にとって厳しい環境が予想されます。日々のお手入れにガーゼ洗顔を取り入れることで、毛穴の汚れを取り除くとともに肌を健やかに保っておく必要があるでしょう。

洗顔後のケアは自分の肌に合った方法で | 洗顔って何だろう

しつこい黒ずみには重曹をプラス

 先ほどの手順でもなかなか黒ずみが落ちない場合は、更に「重曹」を加えてみましょう。泡立てた洗顔料にひとつまみだけ重曹を混ぜ、それで同じ要領でガーゼ洗顔をしてみて下さい。重曹にはタンパク質を分解する作用があります。古い角質の除去に効果的で、弱アルカリ性なので肌への刺激も少ないといえるでしょう。重曹もスーパーやドラッグストアで簡単に手に入れることができます。

 ガーゼ洗顔を行う頻度ですが、まずは週に一度ほどで様子をみましょう。自分の肌に合っていると感じれば、週に二回、三回と増やすなどして調節してみてください。あくまで自分の肌との相性、またその時の状態に合わせて行うことも大切です。ガーゼの種類によっても肌との相性が異なるかと思いますので、こちらも必ず自分に合ったものを使用するようにして下さいね。

 詰まってしまった毛穴の汚れは通常の洗顔だけではなかなか除去しきれません。ガーゼ洗顔でしつこい汚れを取り除き、毛穴のトラブルの悪化を予防しておきましょう。ガーゼ洗顔をマスターすれば憧れのツルツル卵肌も夢ではないかもしれませんね。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

おすすめ記事

“重曹洗顔”は肌に良い?一般的な重曹を使うときの注意点 | 洗顔って何だろう

 - 洗顔

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい