美容って何だろう

      2016/12/09


泡洗顔って本当に良いの?大事なのは自分との相性です。

ef63c74c9c4eb80cce278e954a58e81d_s

 「泡洗顔」がブームになったのは数年前からのこと。たっぷりの泡で顔を洗うことで、肌を傷つけることなく優しく洗い上げ、汚れも落とすことができる。なんだか完璧な洗顔方法のように聞こえますよね。ところがその逆に、そうした方法を疑問視する情報もよく見かけることがあります。特に泡洗顔ブーム中に発売されたことでも話題となった「泡洗顔をやめるだけ」という吉川千明さんの著書もありますね。それまで一生懸命に泡立てをして泡洗顔を行っていたという人にとっては、大きな衝撃を受けるタイトルです。

スポンサーリンク

泡洗顔が流行した理由

 なぜ泡洗顔が大きな支持を受けることになったのでしょうか。それは、テレビや雑誌などで紹介される言葉の中に一様に「肌に優しい」という決まり文句があったからでしょう。いくら汚れが落ちるからといって、肌を傷つけるような洗い方をしていては肌そのもののダメージはどんどん蓄積されていきます。シミやくすみ、ニキビなどのトラブルを引き起こすことにも繋がるでしょう。そんな中、たっぷりの泡で洗うことで肌を傷つけることなく汚れを落とすことができると言われれば、大勢の人は試してみたくなるもの。また、たっぷりの泡で洗うということはとっても気持ちが良さそうですよね。洗い上がりもさっぱりとし、本当に肌に良いことをしているという実感も大きいかもしれません。

肯定派の意見

 さて、泡洗顔否定派の人の意見はどうでしょうか。どうやらこうした意見の人たちの多くは、泡が肌に必要な油分や水分まで奪ってしまう、ということを理由にあげているようです。確かに、「洗顔のしすぎはよくない」というのと同じで、肌に必要な油分まで洗い流してしまうことは乾燥を招くことにつながります。また、その乾燥を補うために余計な油分の分泌を促してしまい、それはニキビの原因にもなるでしょう。また、泡洗顔だけでは小鼻のみぞやアイメイクなど、洗いにくい部分や濃いメイク部分の汚れを落とすのに十分でない、という意見もあるようです。たっぷりの泡がかえって必要なものまで奪ってしまう、また、細かい部分で洗浄力に欠ける、というのが泡洗顔にNOを突きつける人たちの多くの意見のようですね。

私の体験

 ここからは筆者自身の体験から基づく意見になります。まず、泡洗顔についてですが、これは筆者自身も一定期間行っていました。私の場合はニキビの改善が目的で始めたものだったのですが、泡洗顔にして改善した、改善につながった、とはなりませんでした。使用していたのはフヨウサキナのサキナ ウォッシングフォームです。これは石鹸ではなくチューブに入ったクリーム状で、泡立てネットを用いて泡立てるものです。使い心地自体はとても良く、石鹸の泡洗顔などにありがちな洗ったあとのツッパリ感などは全くありません。洗顔後に肌がツッパる=余分なものまで失われている、と思われているようですが、この商品に関してはそういった印象はありませんでした。ちなみにこの商品はニキビケア専用のものではないので、ニキビを劇的に改善してくれる、と期待して使用したわけではありません。ただ、優しい泡洗顔+サキナの美容論(肌を元気にしてニキビなどあらゆるトラブル改善に繋げる)から使用していました。

 もちろん、ニキビ用の泡洗顔用品であれば違う結果だったのかもしれません。ですが長年ニキビと付き合ってきた私の感想では、よっぽどの酷い洗顔方法(ゴシゴシと強い力で洗う、など)でない場合は、洗顔の種類はニキビに大きな影響を与えないのではないかと考えています。洗顔方法よりも、洗顔料の成分、肌の水分や油分の状態、そして自分の体質(肌質)が肝心です。更にこの中で最も大きな影響力を持つものは、やはり自分の体質。よって、自分の体質や肌質にあっていないかそうでないか、これが一番のポイントと言えると思います。泡洗顔が自分に合っているかそうでないか、実際にやってみなければわからないのが真理だと思います。ごく当たり前の結論になってしまいましたが、自分との相性を見極めるということは、何においても重要なようです。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

おすすめ記事

洗顔料や基礎化粧品、肌との相性の見極め方 | 洗顔って何だろう

 - 洗顔

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい

スクラブ洗顔で毛穴の汚れや古い角質を取り去る

 皆さんの洗顔用品はどのようなタイプでしょうか?泡やムース、ジェル、クリームなど様々なものがありますが、今回は「スクラブ」タイプの洗顔について取り上げてみたいと思います。賛否が分かれやすい洗顔であるス

洗顔後の「つっぱり」はどうして起こる?洗顔方法や角質層の状態に注意

 顔を洗った後に起きるいや~な肌の「つっぱり感」。 どうして肌がつっぱるのか?その仕組みや原因、対策を紹介します。  洗顔ですっきりさっぱり!と思ったら、なんだが顔の皮膚に違和感が・・・。 このように

スウェーデンでは当たり前?美肌になる「卵白洗顔」

 日常的に私達が口にする食事の中には、「卵」を使用しているメニューが数多く存在します。卵そのものをとっても非常に栄養価が高いことで知られています。焼いたり茹でたりはもちろん、新鮮であれば生のまま食した