美容って何だろう

      2016/12/09


洗顔後の「つっぱり」はどうして起こる?洗顔方法や角質層の状態に注意

 顔を洗った後に起きるいや~な肌の「つっぱり感」。

どうして肌がつっぱるのか?その仕組みや原因、対策を紹介します。

s-201509-3

 洗顔ですっきりさっぱり!と思ったら、なんだが顔の皮膚に違和感が・・・。

このように、洗顔後に顔の「つっぱり感」を感じた経験、あなたにもあるのではないでしょうか。

人によってはつっぱるだけでなく、ヒリヒリした僅かな痛みも感じているかも。

なぜ洗顔後にお肌がつっぱりやすいのでしょうか。

スポンサーリンク

洗顔後にお肌がつっぱる理由

【水分が急激に失われるため】

 つっぱり感があり強張った状態の肌というのは、潤いに必要な水分が不足してしまっています。

洗顔前には感じないのに洗顔後につっぱるのは、メイクや皮脂がなくなり肌が無防備になることで急激に水分が失われるためです。

潤いを失った肌はつっぱりや強張りを感じるだけでなく、外的刺激に非常に弱くなっています。

このため肌が弱い人は、同時にヒリヒリ感を覚える場合もあるのです。

洗顔後のケアは自分の肌に合った方法で | 洗顔って何だろう

洗顔後に水分が失われやすいのはなぜ?

 洗顔後に水分が過剰に失われるのには様々な理由が考えられます。

もしかしたら、当たり前に行っているスキンケアの中に原因が隠されているかもしれません。

【洗顔料の成分が強すぎる】

 まず考えられるのが、お肌に洗顔料の成分が合っていないことです。

特に洗浄成分が強すぎる場合、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまう恐れがあります。

大量の皮脂が一気に失われれば水分の蒸発も激しく、洗顔後の肌つっぱりの元となってしまうでしょう。

強力なニキビケア用、スクラブ洗顔にも注意
 一概には言えませんが、ニキビケア専用洗顔やスクラブタイプの洗顔は洗浄成分が強く、肌への刺激も強いケースがあります。

筆者もニキビケア用の洗顔料をいくつか使ったことがあります。

製品にもよりますが、より強力なものほど洗顔後のつっぱり、乾燥が大きかった記憶があるのです。

ニキビケア用品といえば、海外製の方が効力の強い成分を使っていることがあります。

日本人の肌には強すぎることも考えられるので、十分注意しなければなりません。

【洗顔の仕方が間違っている】

 洗顔方法に問題がある場合、どんな洗顔料を使っても乾燥しやすくなる恐れがあります。

例えば強くゴシゴシ擦る、一日に何回も洗顔するといった方法は危険です。

強く擦る行為で角質が傷つくと、潤いを失いやすい状態になり水分の流出が促されます。

ベタつきが気になるあまりに何回も洗顔すれば、潤いを奪う回数が増えるだけでなく余計な皮脂も分泌してしまうでしょう。

【洗顔時のお湯の温度が高すぎる】

 「顔を洗うときはぬるま湯で」ということはよく耳にしますね。

特に冬場などは熱めのお湯で洗いたくなるかもしれませんが、これも洗顔後のつっぱりを助長させています。

熱いお湯が過剰に皮脂を奪ってしまい、洗った後の乾燥をひどくさせる恐れが。

肌のバリア機能を低下させ、刺激に弱くトラブルを起こしやすい状態になってしまいますよ。

【スキンケアでの水分補給が不十分】

 化粧水や乳液という工程が足りていない場合、慢性的な乾燥状態に陥ることも考えられます。

そんな状態で洗顔すれば、元々潤いが足りていないのに洗顔後さらに水分が失われ・・・つっぱってしまうのも当然ですね。

日頃から角質層の水分が不足しないスキンケアを心がけましょう。

お肌のつっぱりは絶対悪?

 「お肌がつっぱる=乾燥、シワ、老化」というイメージもあるでしょう。

確かに肌のつっぱり感は水分がなくなったことによる乾燥の現れですから、つっぱって良かった~という言い方はできないでしょうね。

ただ、洗顔後にある程度水分が失われるのは致し方ないこと。

もし角質層が健康ならば、洗顔後の水分蒸発はゆっくり行われるのでつっぱりを感じることは少ないはずです。

上述の間違った洗顔やスキンケア、強すぎる洗顔料によって角質の状態が悪かったら・・・潤いが逃げやすく、肌のつっぱり感も強いと想像できるでしょう。

お肌のつっぱり感は肌状態を表すサインかも

 天然成分や弱酸性など、肌に優しい成分の洗顔料を使っても肌がつっぱるという場合は、角質層の状態が悪いのかもしれません。

間違った方法でのお手入れを改め、洗顔後に素早く保水・保湿してあげましょう。

他にも血行促進や良質な睡眠でターンオーバーを促し、角質層の働きを戻すことが大切です。

その時だけのケアではなく、継続的なケアで角質層を育てることがつっぱり感をなくすことに繋がるかもしれませんよ。

参考サイト

洗顔の過ちPart-2…洗顔料の選択 | サッポー美肌塾

おすすめ記事

ガーゼ洗顔でツルツル卵肌になる方法

泡洗顔って本当に良いの?大事なのは自分との相性です。

スクラブ洗顔で毛穴の汚れや古い角質を取り去る

洗顔後のケアは自分の肌に合った方法で | 洗顔って何だろう

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 洗顔

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい