美容って何だろう

      2016/12/09


「ラップ」が美容に大きく貢献してくれるアイテムだった!

 食品の保存に重宝する「ラップ」。食品だけでなく、スキンケアやボディケアとしても役立つ存在って知っていましたか?

c80863a4cbcdeb7_s

 残ったおかずや余った食材を保存する際に欠かせないアイテムといえば「ラップ」ですね。どのご家庭にも常備されている台所アイテムの一つと言えるでしょう。そんな台所で活躍するラップですが、少し視点を変えるだけで美容にも大きく貢献してくれる存在になるのです。ラップの驚くべき活用方法とその効果についてまとめました。

スポンサーリンク

ラップを使った美容方法

 耐熱性・耐水性に長けた食品用のラップ。これをスキンケアに活用することで、お肌の水分の蒸発を防いで潤いを高めてくれるのです。所謂ラップを使ったパックというのは有名ですね。リーズナブルなアイテムなのにその効果がしっかりと得られるため、非常に注目されている美容法なのです。

 ラップパックは顔はもちろん、手、足、唇、頭など様々な部位に活用できます。まずはスタンダードに顔のパックとして用いる場合。化粧水をタップリとつけた直後にラップで顔を覆い、そのままパック状態にします。コットンに化粧水を染み込ませたものをつけても良いようです。ティッシュやコットンをつけただけのパックは水分がどんどん蒸発してしまいますが、ラップをしているのでそれを防いでくれます。これで効率良くお肌へ潤いを与えることができるのです。

 例えば美白効果を得たい場合は、美白用美容液をつけてからラップでパックをする。乾燥が酷い場合は化粧水→乳液やクリームを塗ってからパック、など目的に応じて使い分けると良いでしょう。いずれも上からラップを貼り付けるという行為により、水分が逃げてしまうのを抑えられ長時間のパックに対応できます。

 手や足も同様です。お気に入りのハンドクリームを塗った上からラップを貼り付けるだけのお手軽ハンドケア。ガサガサのかかとにはお風呂上がりにすぐクリームを塗り、ラップで覆った上で靴下を履いて就寝するだけ。寝ている間に高い保湿効果が得られるでしょう。膝のくすみや黒ずみにも、潤いを与えたあとにラップパックをするのが有効のようです。

 パックはあまりしないかもしれない“唇”にも有効です。ガサガサの唇は女性らしさが急落してしまうマイナスポイント。蒸しタオルで温めてからリップクリームで保湿をし、そこへラップを貼り付けてパックを行います。更にその上から温めることでよりしっとりした唇になれるのだそう。ラップを取ったあとにもリップクリームを塗ってくださいね。

 肌だけでなく髪の毛の美容にも役立つのがラップパックの魅力です。カラーリングの際にラップでパックする人も珍しくないでしょう。同じ要領で、シャンプー後にトリートメントをつけたままラップで髪全体を覆っていきます。特にパサつきやすい毛先を中心にトリートメントをつけ、ラップパックを行いましょう。そのまま湯船に浸かることでスチーム効果も得られそう。洗い流す前にもう一度トリートメントをつけることで、潤いとサラサラの両方が髪に与えられるそうです。

 顔にラップを貼る際には呼吸ができるように鼻部分を開けておくこと。ラップで水分を閉じ込めて効率良く角質層へ浸透させれば、肌の血行促進にもつながります。肌の血流が良くなるのはとても大事なこと。顔の色合いを明るく見せ、透明感のある肌になるために必要不可欠な要素です。

 血行が良くなればターンオーバーも正常になります。あらゆる肌トラブルの改善に繋がるほか、シワやたるみの改善などアンチエイジングの観点からも嬉しい効果が期待できるでしょう。十分に潤いを与えて血流を促し、肌が元気な状態を維持する。これにラップパックがとても役立つのです。

 ラップはこのメーカーのじゃないとダメ、というのはないようなので、自分に合うと感じたものを使ってください。大きなラップはハサミで貼り付ける部位の大きさにカットすると良いようですね。見た目とは裏腹に嬉しい効果を得ている人が多いラップパック。手軽にすぐできるのも魅力のようです。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 美白・美肌

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

「肌断食」で肌本来の治癒力を取り戻そう

一定期間食べ物を断つことで体内の浄化を図ることを「断食」といいますが、肌においても同様のことを行う事で良い効果が得られるそうです。  「プチ断食」などが話題になった昨今。食事を断つことで体内をリセット

皮膚の潤い、清潔、バリア機能を司る「皮膚常在菌」のお話

 菌と聞くと、なんだが嫌なイメージを持つのでは?今回取り上げる菌は私たちに必要な菌。 美しい肌を保つためには「皮膚常在菌」が欠かせません。  “常在菌”とは、ヒトの体内で生息する細菌の中でも病原性のな

美肌のコツは「皮膚常在菌」と上手に付き合うこと?

 私たちの体には無数の菌が存在しています。皮膚に存在する「皮膚常在菌」もその一つであり、これと上手く付き合うことが美肌への近道になるかもしれません。  人体の皮膚にはおよそ1兆個もの常在菌が存在してい