美容って何だろう

      2017/07/28


梅雨の時期のスキンケア

 一年の中でも過ごしやすい季節である5月ですが、例年よりも暑いと感じる日も多く一概に過ごしやすいとも言えないのが本音でしょうか。それでも晴れた日に吹き抜ける風は気持ちがよく、澄んだ空気や緑の色を感じることが出来るので個人的には好きな時期の一つです。

 ですがそんな時期ももうすぐ、私の嫌いな季節に変わってきます。私以外の方でもあまり好ましく思わない人もいるのではないでしょうか。ジメジメとした湿気が漂う“梅雨”がやってくるのです。既に沖縄地方では今年の梅雨入りを迎えており、今後も徐々に全国区となってくる模様です。

スポンサーリンク

 湿気が増し、蒸し暑くなってくるとお肌にも何らかの影響が表れてきます。この時期は気温の上昇と共にお肌の新陳代謝も活発になり、汗をかき易くなります。汗をかいたままですと汚れも溜まりがちになり、皮脂でべたつきやテカリが出やすい状態に。過剰な皮脂の分泌はニキビの元凶ですし、毛穴の開きも気になってしまいます。

 更には蒸し暑さから逃れる為に多用することになるであろう“冷房”。過剰に冷房が効きすぎた空間で過ごすことは、お肌にとって良くありません。水分が奪われ、肌のバリア機能が低下しトラブルを起こしやすい状態になります。

 湿気が多いと衛生面でも悪影響が出やすいと思われます。お肌の感染症である“黄色ブドウ球菌”などの繁殖も起こり易い時期です。“黄色ブドウ球菌”といえば食中毒を引き起こすことで知られていると思いますが、実はアトピー症状の皮膚にたくさんついていることをご存知でしょうか。

 この菌は日常生活のあらゆるところに潜んでおり、健康な人も保菌している菌なのです。健康な肌の人であれば保菌数も少ないですが、アトピー肌の人はこの菌の数が多いと言われており、その症状を悪化させている一因になっているようです。

 湿度が高い日が続くと皮膚表面もベトベトして、雑菌が繁殖し易い肌状態になってしまいます。この為黄色ブドウ球菌の増殖を招き、アトピー症状の悪化に繋がるのです。更に冷房などによる水分の減少でお肌を守る能力も低下しているため、少しの刺激で湿疹やかぶれといった皮膚炎を引き起こし易いといえます。

 さて、梅雨といえばジメジメした湿気ばかりに意識が向きがちですが、一番注意したいのが“紫外線”です。5月頃から紫外線は強さを増して、この時期にはかなりの量の紫外線が降り注いでいると思われます。雨や曇りの日が多くなり、ついつい油断してしまいがちな季節かと思いますが、そんな日でも“紫外線はゼロ”ということはありません。

 「肌の老化」の項目でも触れていますが、特に夏場に近づくにつれてUV-AよりもUV-Bの量が多くなってきます。UV-Bは波長が短く、地上に到達する量は少量ですがUV-Aの100?1000倍有害性を持っていると言われています。肌が真っ赤に焼ける原因となる紫外線で、肌表面の細胞を傷つけて炎症を起こし、皮膚がんやシミの原因になります。晴れた日にはUV-B、それ以外の日でもUV-Aが降り注いでいることを忘れずに、しっかりと対策を行いましょう。
 
 雑菌が繁殖し易いこの季節のスキンケアは、お肌を清潔に保ってあげることが大切です。日中分泌される汗や皮脂、付着する汚れを洗顔できちんと洗い流しておきましょう。ただし、しっかり落とそうと強くこすったりするのは厳禁です。ただでさえ不安定な状態になり易い時期のお肌ですから、いつも以上に優しく洗うようにしましょう。
 
 また、紫外線対策に日焼け止めなどUVケア用品を多く使う様になると思いますが、これらもクレンジングできちんと落としておきましょう。日焼け止めしか塗らなかった日も、一旦はクレンジングで洗い流してあげる方が良いでしょう。
 
 洗顔後のケアも入念に行って下さい。湿度が高く、汗や皮脂でベタベタと感じる日が多いので一見潤い過ぎている様に思われがちですが、実は冷房や紫外線の影響で乾燥を招き易い時期でもあるのです。酷ければ冬場の乾燥状態と変わらない場合も。化粧水でしっかりと水分を与え、必要であれば乳液などで保湿し肌のバリア機能を低下させないようにしましょう。
 
 汗が乾きづらい梅雨の季節は、顔だけでなく身体全体がべたつきやすく気持ちの面でも憂鬱になります。また、皮脂の酸化が促進され肌荒れの原因にもなり易いといえます。基本的なことですが、汗をかいたらこまめに拭く、過剰な皮脂で顔のテカリが気になる時は油取り紙を使用するなど少しの意識を持つことも大切です。
 
 洗濯物が乾きにくく、生乾きのままタオルを使ったりしていないでしょうか。また、布団を干す機会がなかなかなく、そのままの状態が長く続いていませんか?フェイスタオルや顔が触れる枕カバーだけでも交換するなど、雑菌が増殖しない様に心がけて下さい。
 
 勿論、梅雨の時期だけに限った対策ではないものばかりでしたが、特に丁寧に、入念に行ってほしいという意味も込めています。お肌が不安定な状態に陥り易いこの時期にしっかり守ってあげることで、気持ちよく夏を迎えたいものですね。

2013-05-09再編集

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

自己ベスト美肌の作り方 – BEAUTY – X BRAND
肌荒れしやすい春…改めて見直したい「美人の基本」情報

 - 美白・美肌 ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい

男性のスキンケア、肌断食や肌を休ませるケアの注意点など教えてください

 外的刺激に常に晒されている肌。お肌をいたわるケアを考えている20代男性はやとさんからの質問です。

蒸しタオル美容法でリーズナブルに美肌づくり

 スキンケアと言えば、化粧水や美容液をつけたり、時には美容パックなどを用いて行うようなものをイメージするかもしれません。 こう言うと、お金がかかる、手間もかかる、という印象を受けませんか?確かに、「美

乾燥度合いはパーツで異なる!顔の部位に合わせたパックで保湿しよう

 スキンケアで重要な保湿。特に重要な顔の保湿ですが、同じ顔でも部位によって乾燥しやすい部分があります。  冷たい風や暖房で乾燥に傾きやすい顔の肌。小じわやたるみを招き、メイクのりも悪くなるなど乾燥はお