美容って何だろう

      2016/12/09


美白と保湿の密接な関係?美白の為にもスキンケアの基本が大切です

 日中に紫外線などの影響でダメージを受けた肌は、それを守ろうとメラニンの発生を促します。これはシミや黒ずみなどの元となり、くすんでいて暗い老け顔の元にもなります。そうしたトラブルに対して、多くの方が行うのが「美白」。くすんだ肌を白く透き通った美肌に変えようと、様々な美白スキンケア用品を使ってきた方もいるのではないでしょうか。そしてその成果は今思う様に出ていますか?もしも結果が「いまひとつ」という場合、スキンケアのある工程が足りていなかったのかもしれませんよ。

スポンサーリンク

美白の前に見直したい「保湿」

 お肌にとって、非常にダメージを与えてしまう要素に「乾燥」があります。肌の乾燥要因としては紫外線があげられますね。紫外線を浴びた肌は水分が失われやすくなっており、バリア機能も低下しているなど肌全体の機能が正しく稼働しなくなります。肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーもその一つ。ターンオーバーがスムーズに行われなくなった肌には古い角質が溜まっていき、肌がくすんで見える要因になります。また、古い角質のせいでスキンケア用品の成分が浸透しにくい状態となり、本来の製品の力を充分に得られず悪循環となってしまいます。

 美白にも同じことが言えるのです。どんなに高価な美白美容液を使用しても、肌の保湿状態が悪ければ上述した要因により、その効力を充分に得ることができません。従って、美白をしたいと思うのであれば同時に同じくらい保湿も重要視すべきなのです。もちろん美白だけではありません。テカリや赤み、アンチエイジングなどあらゆる肌トラブルを改善するためにはまず保湿、特に保水を充分に行う必要があるのです。
MON_7884

美白用スキンケアは乾燥し易い?

 スキンケアに知識のある人なら、美白用の化粧品などを使用すると乾燥しやすい、という考えが浮かぶかもしれません。その要因となるのが「AHA」と呼ばれる成分。ピーリング剤にも用いられる、角質同士の結びつきを弱めてはがれやすくする効果のある成分です。ターンオーバーを促進させ、古い角質を除去することでくすんだ肌を明るくさせることができます。

 一方で、角質をはがれやすくさせるということはその分肌のバリアが薄くなってしまうということ。また、使用しすぎることでバリア機能を乱れさせて乾燥を悪化させてしまいます。角質除去作用をもつスキンケア用品を使う場合は、あわせて念入りな保湿ケアも必要となるのです。

美白成分をより効率良く得るために

 保湿以外に気を付けたい美白スキンケアのポイントですが、美白用化粧品を付けるタイミングにあります。多くの方は朝のメイク前と帰宅後の夜に洗顔やスキンケアを行うかと思いますが、その際にどちらのスキンケアでも同じ様に美白用のアイテムを使用してはいませんか?回数を多く付けた方が効きそう、と思うかもしれません。しかし、美白用化粧品に多く含まれている美白成分「ビタミンC」は紫外線に弱く、浴びることでダメージを促進してしまいかねないのです。

 昼間は美白よりも紫外線のケアに重点を置いた方が良いでしょう。紫外線のケアといえば日焼け止めなどUVカット成分を含んだものは基本ですが、もっと基本を言えば「保湿」です。保湿が充分に行われれば、肌のバリア機能が正常に稼働するのでダメージを蓄積しにくいといえます。保湿とUVケアをしっかりと行う。これが昼間のスキンケアの基本といえるでしょう。

 そして夜のスキンケア。特に就寝中は成長ホルモンの分泌が促進され、肌が生まれ変わる力も高くなります。美白成分も肌にじっくり浸透し易く、効率良くその成分を得ることができるのです。美白を始めとした美肌を作るスキンケアは夜に行うのが良いでしょう。

 更にスキンケアの順番にも気を付けて下さい。化粧水の次に美白用化粧品、最後に水分の蒸発を防ぐクリームや乳液をつけましょう。先にクリームや乳液などの油分をつけてしまうと、それに弾かれて美白成分がうまく浸透しません。油分の前に美白成分を浸透させ、クリームなどでしっかりと閉じ込めるようにして下さい。

おすすめ記事

高い美白効果を誇る「ヨーグルトパック」、その内容と作り方

厚生労働省認可の美白成分それぞれの効果と効率的な使い方

UV対策・食事・ターンオーバーケアで美白化粧品に頼らず美白肌を目指す!

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 美白・美肌

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい

美白の為の紫外線対策、日焼けしたあとはメラニンの排出を促そう

 白い肌は多くの女性にとって憧れの美肌ですね。白肌を保つ秘訣を知りたい、高校3年生の女性、あいさんからの質問です。

NG保湿ケアと正しい保湿ケア。肌本来の力を高めながら化粧品で補う方法

 あなたは正しい保湿ケアができていますか?間違った保湿ケアでは十分に潤いを得ることができず、乾燥を悪化させる恐れがあります。  いつも化粧水や乳液をたっぷりつけているから保湿ケアは十分なはず。そう思っ

シミを消すための方法!ターンオーバー・睡眠・薬用化粧品

ふと気がつくと出現している顔の「シミ」。 気をつけていてもできてしまう厄介なシミ、発生してから消すことはできるのでしょうか。 できてしまったシミを消すのに有効な美白成分 ターンオーバーの促進もシミ改善