美容って何だろう

      2016/12/09


皮膚の潤い、清潔、バリア機能を司る「皮膚常在菌」のお話

 菌と聞くと、なんだが嫌なイメージを持つのでは?今回取り上げる菌は私たちに必要な菌。

美しい肌を保つためには「皮膚常在菌」が欠かせません。

s-2015-07-30-1noword

 “常在菌”とは、ヒトの体内で生息する細菌の中でも病原性のないもののこと。

病気の原因になる細菌とは違い、健康な体であっても存在しています。

乳酸菌などの腸内細菌が有名ですね。

体の様々な部位にいる常在菌のうち、皮膚に存在するものが“皮膚常在菌”。

美肌にも大きな影響を与える細菌たちなのです。

スポンサーリンク

皮膚常在菌とは?

 皮膚常在菌は私たちの皮膚表面に生息しており、皮脂や汗などをエサにします。

数にして1兆個もの皮膚常在菌がいるとされ、その種類も様々。

皮膚の上に菌!?とびっくりする方もいるかもしれませんが、誰の肌にも存在するのです。

美肌のコツは「皮膚常在菌」と上手に付き合うこと?

20140520181155-22S

皮膚常在菌の種類と働き

 細菌たちは皮膚表面でバランスよく生息していれば何ら害はなく、むしろ美肌に役立つ存在です。

常在菌の種類によってもその働きは異なります。

【表皮ブドウ球菌】

 皮脂の成分を分解し、潤いや清潔を保つ皮膚常在菌。

皮膚表面を弱酸性に保つ脂肪酸を産生し、病原菌の繁殖を防ぎます。

皮脂を分解してできるグリセリンは肌の潤いを保つ保湿成分として働きます。

【アクネ菌】

29b5d36019178da3dda0074e846df431_s

 ニキビ菌としても知られる常在菌で、善玉菌と悪玉菌が存在するとされています。

前者は表皮ブドウ球菌と同様に皮膚の清潔を保つ役割がありますが、後者は毛穴の中でニキビの原因を作ります。

また、皮脂をエサとし酸素を嫌う習性があるため毛穴で増殖しやすく、増えすぎるとニキビの炎症に発展します。

【その他の常在菌】

 ニキビの膿や傷の化膿などを引き起こす黄色ブドウ球菌や、マラセチア菌、カンジダ菌などが挙げられます。

200種類以上の皮膚常在菌が生息しているとされますが、加齢や健康状態によっても数が変動します。

スポンサーリンク

美肌と皮膚常在菌の関係

9f8107901110bec5a6bcba50d7c6e4e0_s

【減りすぎると乾燥悪化や皮膚バリアが低下】

 美肌に大きく関係しているのが表皮ブドウ球菌とアクネ菌です。

表皮ブドウ球菌や善玉アクネ菌が生み出す脂肪酸は、皮膚の潤いやバリア機能となる皮脂膜を形成するのに不可欠。

これらが減少すると肌の保湿力が低下し、乾燥などの肌トラブルにつながります。

【増えすぎるとニキビなどの原因に】

 アクネ菌は誰にでも存在する菌ですが、増えすぎるとニキビを起こしやすくなります。

黄色ブドウ球菌は安定数存在していれば問題ない菌ですが、増えすぎによってニキビを化膿させたり、傷のジュクジュクを発生させる要因に。

皮膚常在菌はお互いがバランスよく存在することが重要なのです。
 

皮膚常在菌のバランスが崩れる原因

5352db705d205388a69283bd94ad371e_s

【皮膚が乾燥している】

 基本的に菌は乾燥に弱い生物。

皮脂や汗などエサとなる物質がないと繁殖できません。

乾燥で美肌に必要な常在菌が少なくなると、肌のphがアルカリ性に偏ります。

するとアルカリ性の好きな黄色ブドウ球菌が活発になり、炎症などの引き金となるのです。

【過剰な洗顔】

 1日に何回も洗う、ゴシゴシ擦ったり洗浄力の強い洗顔料を使う。

こうした過剰な洗顔で必要な皮膚常在菌が失われます。

洗いすぎた肌は当然乾燥しており、皮脂膜を生み出す菌たちもエサがないため元の状態に戻すことが困難。

保湿不足の肌はバリア機能が弱く、様々な刺激に弱い状態になります。

【生活習慣の乱れ】

 ジャンクフードなどで糖分や油分を取りすぎると、アクネ菌の大好きな皮脂が増加。

ニキビを増やすアクネ菌が繁殖しやすくなります。

寝不足によってターンオーバーが乱れると角質層の状態が悪化し、乾燥などのトラブルが起きやすい状態に。

皮膚常在菌のバランスも崩れやすく、肌荒れの一因になります。

家で皮膚常在菌バランスがわかる!?S-KINお肌バランスチェックキット | ずぼら美肌

皮膚常在菌を増やそう

【乾燥させないスキンケア】

 洗顔は1日に2回までとし、肌に優しいタイプの洗顔料を選びましょう。

洗う際には絶対にこすらず、あまり時間をかけすぎるのもNG。

洗顔後の保湿は丁寧に行いましょう。

ただ、常在菌は化粧品の防腐剤に弱いため、防腐剤が入っていないタイプがオススメです。

【ライフスタイルを見直そう】

 運動で適度な汗をかくと常在菌が住みやすくなります。

バランスの取れた食事、良質な睡眠も皮脂分泌を良好に保つために必要です。

常在菌のバランスを崩さないために、生活のバランスも崩さないことが大切と言えるでしょう。

美肌菌ドック検査編その2&仮アドバイス~美肌菌育てすぎもダメ?! | ずぼら美肌

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

参考サイト

常在菌について

 - 美白・美肌 , , ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

蒲萄のポリフェノールで美肌効果抜群の「ヴィノテラピー」とは

 ワインや蒲萄を用いる美容法「ヴィノテラピー」をご存知ですか?日本ではあまり馴染みのないこの美容法、どのようなものなのかをご紹介します。  ワイン生産国として知られるフランスやイタリア。これらの国では

泥パック?クレイセラピーでスキンケアやリラクゼーション効果も得られる

 美容パックの定番として知られる「クレイ」。 クレイのことはよくわからない人でも、知ればきっとその魅力に引き込まれていくはず。  粘土のことを英語で「クレイ(clay)」と言います。 学術・産業上の定

美肌のコツは「皮膚常在菌」と上手に付き合うこと?

 私たちの体には無数の菌が存在しています。皮膚に存在する「皮膚常在菌」もその一つであり、これと上手く付き合うことが美肌への近道になるかもしれません。  人体の皮膚にはおよそ1兆個もの常在菌が存在してい