美容って何だろう

      2016/12/09


ツヤ肌の作り方。メイクではなく肌の手入れでツヤ肌を実現する方法

 美しい肌の条件の一つ「つや」。理想的なツヤ肌を手にいれるために実践したい方法を紹介します。

s-201509-8_nocomment

 憧れの輝くツヤ肌になりたい!そう思う人は多いはずです。

肌のツヤといえば、メイクで作る人もいるかと思います。

下地やハイライトを巧みに使って肌ツヤを出すテクニックは非常に便利ですが、できれば素肌で自然なツヤを手に入れたくありませんか?お肌のツヤを手にいれるためには、具体的にどんな対策が必要なのでしょうか。

スポンサーリンク

肌ツヤを叶えるために必要なもの

【肌のキメを整える】

 “キメが粗い”、“キメが細かい”という言い方はよく耳にしますね。

前者は肌のキメが整っていない状態、後者はキメが整っており美肌といえる状態を指します。

なぜキメの状態が重要なのでしょうか。

 皮膚表面には“皮溝”と呼ばれる無数の溝があります。

さらに複数の皮溝に挟まれて盛り上がった部分を“皮丘”と呼びます。

目に見えないほどの凸凹を作り出している皮溝と皮丘。

皮溝の幅が大きく凸凹の深い肌はキメが粗い肌、反対に皮溝の幅が狭く皮丘の大きさが揃っている肌はキメが細かい肌になります。

【肌のキメが整うと?】

 キメが整った肌は凸凹の幅が少ない状態。

手触りは滑らかで毛穴も目立ちません。

皮丘がふっくらとし滑らかな肌は光をよく反射するため、それが輝いてツヤのある肌の演出にもなっているのです。

キメが細かく光を綺麗に反射する肌が理想のツヤ肌といえるでしょう。

スポンサーリンク

ツヤ肌になるためにキメを整えよう

【潤い補給が第一】

 肌のキメが荒くなる理由には“肌の乾燥”があります。

乾燥した肌は皮溝が開きやすくなり、そのせいで皮丘の大きさもばらつきます。

こうならないためには水分をしっかりと保持することが重要です。

たっぷりの潤いを与えることで皮溝の幅も狭く、皮丘もふっくらと小さく揃います。

保湿ケアによってキメが整えば、光を綺麗に反射する透明感の高いツヤ肌が目指せるのです。

【紫外線ケアを怠らない】

 一年中降り注ぐ紫外線は、肌機能を低下させて老化や乾燥を促進させます。

肌機能の低下によりターンオーバーが乱れると角質層が厚みを増し、水分が少なくごわついたキメの粗い肌になってしまいます。

水分の少ない肌はターンオーバーが正常に戻らず、さらに角質が肥厚してキメが粗く・・・という悪循環にも陥るのです。

紫外線の影響をカットして肌の機能を低下させないことがキメを整える重要なポイントになります。

【血流を促進する】

 ツヤがある健康的な肌であるためには、血液が栄養を絶えず運んで来てくれる必要があります。

血流が滞り栄養の運搬が阻害されると、肌は健康的に生まれ変わることができません。

ターンオーバーの乱れにつながり、乾燥や異常角化、肌荒れに繋がっていくでしょう。

これらはキメを粗くさせることにもなりますから、血液の流れを良好に保つ必要があります。

【自分にあった正しいスキンケアを】

 ゴシゴシ洗顔や過度なピーリング、毛穴が常に汚れているなどスキンケアが間違っていればキメを整えることはできません。

洗浄や保湿など基本のケアを正しく行い、無駄なダメージが及ばないようなスキンケアを行いましょう。

ターンオーバーが早まっているのにピーリングをしたり、オイリー肌なのに油分をたくさんつける。

こういった自分の肌に合っていないケアも間違ったケアになるので十分注意しましょう。

【食事と睡眠のバランスを整える】

 美肌に欠かせない良質な食事と睡眠。

肌の材料となる食事は、ビタミンやたんぱく質、ミネラルなど栄養バランスのとれたメニューが理想です。

睡眠もただ眠れば良いというものではなく、ぐっすりと熟睡でき適度な時間を持てているかが大切ですね。

いずれも肌の生産や修復機能に関わっており、それを整えることでツヤのあるきめ細やかな肌作りが可能なのです。

肌のキメを整えて素肌のツヤを実現しよう!

 誰しもメイクいらずの美しい素肌を手に入れたいと願うもの。

そのためには正しいケアでキメを整える必要があるのです。

キメ細かい滑らかなお肌で光を味方につけ、理想的なツヤ肌を手に入れましょう!

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

参考サイト

肌のキメをふっくら整える正しい保湿ケア | スキンケア大学

おすすめ記事

乾燥度合いはパーツで異なる!顔の部位に合わせたパックで保湿しよう

夏場に毛穴のトラブルが多い理由と毛穴対策

 - 美白・美肌 ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

日焼け肌のアフターケア、元に戻すにはターンオーバーを促進しよう

 いつの間にか起こる日焼け。肌の色を戻すためには食事での対策も大事です。20代主婦、まみさんも食事から美白を考えているようです。

蒸しタオル美容法でリーズナブルに美肌づくり

 スキンケアと言えば、化粧水や美容液をつけたり、時には美容パックなどを用いて行うようなものをイメージするかもしれません。 こう言うと、お金がかかる、手間もかかる、という印象を受けませんか?確かに、「美

no image
目から侵入する紫外線の恐怖

 徐々に日差しがきつく感じられる日が多くなってきましたが、既に紫外線対策に力を注いでいる方も多いでしょう。外出の際には必ず日焼け止めを塗っていますか?天気に関わらず、日焼け止めの使用は必須です。また、