美容って何だろう

      2016/12/09


泥パック?クレイセラピーでスキンケアやリラクゼーション効果も得られる

 美容パックの定番として知られる「クレイ」。

クレイのことはよくわからない人でも、知ればきっとその魅力に引き込まれていくはず。

 粘土のことを英語で「クレイ(clay)」と言います。

学術・産業上の定義としては、非常に細かい粒子でできた堆積物とされています。

美容界で代表的なものとしてはクレイを用いた“泥パック”などがありますね。

クレイに秘められた様々なパワーと活用法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

クレイを用いる「クレイセラピー」

4c809bee17738c5595096614d2cf90f3_s

 クレイを用いてリラックス効果を得たり、疲労回復につなげることをクレイセラピーと呼びます。

素材をそのまま活かしたり、水などを加えて様々な形状で使用します。

自然のエネルギーを活用した、心と体に優しいセラピーといえそうです。

クレイの形状と活用方法

【パウダー】

 粘土を乾燥させて粉末状になった、基本形と言えるのがクレイパウダー。

そのまま素肌につけることで、制汗剤やデオドラントの効果を発揮します

ボディパウダーとして様々な箇所に使用でき、これからの季節にも重宝しそうですね。

【ペースト】

 粘土本来の形と言えるのがクレイペーストですね。

適度な粘りで髪や顔、ボディなどのパックに最適なクレイとなるでしょう。

水で混ぜるだけの簡単なペーストや、オイルを加えてアレンジができたりと幅広い種類を楽しむことができます。

歯磨きや湿布にも活用出来るのも驚きですね。

【ウォーター】

 液状のクレイウォーターはマイルドな付け心地で使いやすいクレイと言えるでしょう。

化粧水のように肌に馴染ませたり、うがいなどにも使えるようです。

肌に優しいので夏場など肌が大きなダメージを負いやすい時も安心と思われます。

【オイル】

 植物性オイルとクレイパウダーを混ぜて作るのがクレイオイルです。

クレンジングとして使えるほか、手足やかかとなど角質が気になる箇所に使うと効果的のようです。

クレイの細かい粒子が汚れや古い角質を除去し、ツルツルのお肌に導いてくれるでしょう。

【クレイジェル】

 その名の通りジェル状になったクレイですが、美容効果だけでなく虫刺されや火傷などのトラブルにも効果的です。

ジェル特有のひんやりした使い心地から、スポーツ後など火照った肌のクールダウンにも活躍しそうですね。

クレイの優秀な効果

【毛穴の汚れを吸着して落とす】

 不純物を吸着する作用が強いクレイですが、それを利用した代表的なものがクレイパックですね。

皮膚表面や毛穴の汚れを落とす効果があり、黒ずみや角栓対策にも有効です。

特に脂性肌でニキビなどが気になる人にもオススメと言われますが、ニキビの原因となる毛穴のトラブルを防ぐ効果が高いためでしょう。

クレイの種類によっては消炎作用やデトックス効果も得られるそう。

顔だけでなく日焼け後の腕や足、引き締めたい太ももなど様々な悩みに嬉しい効果がありそうですね。

【多様な使い道があり様々な形状で使える】

 クレイを混ぜ込んだ石鹸を使うと、通常では取れにくい毛穴に溜まった汚れをかき出してくれます

毛穴の汚れは黒ずみやくすみの原因になりますが、クレイ石鹸で解消することで明るい肌色に近づけるでしょう。

また、クレイをお風呂に混ぜるだけで美肌効果の高いクレイバスに変身。

ミネラルたっぷりのお湯に浸かることができ、しっとりとした肌を手に入れられるでしょう。

クレイの種類を選べばより欲しい効果を全身に取り入れることができそうですね。

 石鹸やお風呂以外にも、赤ちゃんのベビーパウダーとして、ヘアパックとして、筋肉疲労や肩こり解消など多くの活用法が魅力のクレイ。

水を混ぜたり精油を加えたり、使い道に合わせて形状も多様に変えられるのが嬉しいですね。

【効果に応じて種類が選べる】

 血行促進や美白効果、デトックスやアンチエイジングなどクレイによって様々な効果があります

クレイは採掘場所によって様々な種類がありますが、一つは色で見分ける方法があります。

ホワイトなら敏感肌や赤ちゃんの肌にも使えるとされ、イエローには肌の代謝を高めたり火照りを抑える効果、レッドには肌に保湿と張りを与える効果があるなど色ごとに異なってきます。

参考:http://www.elementalist-jpshop.com/smartphone/page38.html

 泥パックといえば以前からある美容法の一つですが、クレイ全体で見ると多岐にわたる有効作用があったのですね。

パックだけではないクレイの魅力もどんどん活用していきましょう。

参考サイト

ICA国際クレイセラピー協会の「クレイセラピー」

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 美白・美肌 , ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

美白の為の紫外線対策、日焼けしたあとはメラニンの排出を促そう

 白い肌は多くの女性にとって憧れの美肌ですね。白肌を保つ秘訣を知りたい、高校3年生の女性、あいさんからの質問です。

色素沈着しやすい肌…悪化させない為の有効な対策とは?

シミや黒ずみの元になる色素沈着。 人によって色素沈着の起きやすさには差があるようです。 今回は色素沈着しやすい体質である20歳女性・しょうこさんの質問にスキンケアアドバイザーの「rihira」がお答え

日焼け肌のアフターケア、元に戻すにはターンオーバーを促進しよう

 いつの間にか起こる日焼け。肌の色を戻すためには食事での対策も大事です。20代主婦、まみさんも食事から美白を考えているようです。