美容って何だろう

   


花粉が肌荒れの原因に!花粉症シーズンに有効な肌荒れ対策

花粉が飛散する時期になると、なぜかお肌のトラブルも増加。

鼻や目だけでなく、お肌も花粉から保護する対策が必要です。

花粉シーズンの肌荒れ症状とは?

NGケアに注意!正しい対策はコレ

s-201510-1_nocomment

お肌がかゆい、ぶつぶつができた、赤みがある…。

花粉が多くなる季節には、こういった肌荒れに悩む人が少なくありません。

花粉といえば、鼻水や目のかゆみを引き起こす花粉症が有名ですよね。

しかし、中には肌にまで花粉の影響が及ぶ人もいるのです。

最近では春以外にも飛散が増える花粉。

種類によっては、初夏や秋にも油断できない存在なのですよ。

スポンサーリンク

花粉による肌荒れの症状や原因

花粉が原因となる肌荒れにはどのような症状があるのでしょうか。

悪化させる理由も含めて知っておきましょう。

アレルギー性の肌荒れ

pixta_24945750_S

鼻や目の症状と同じく、花粉へのアレルギー症状が理由となっている肌荒れです。

最近では“花粉症皮膚炎”とも呼ばれ、花粉が引き起こす皮膚炎として知られています。

赤みやぶつぶつなどの湿疹、かゆみなどの症状を伴うこの肌荒れ。

アトピー性皮膚炎との関連性も考えられる症状と言われています。

花粉症による二次被害の肌荒れ

pixta_24187249_S

花粉症の症状が出た時、思わずとってしまう行動を思い浮かべてください。

止まらない鼻水はティッシュで鼻をかむ、ムズムズする目をつい擦ってしまう…。

こうした行為が積み重なり、肌が摩擦で敏感に→肌荒れへと繋がっている可能性があるのです。

不必要な摩擦は肌を傷つけ、乾燥やシワ、色素沈着といったトラブルの引き金になりますよ。

季節的な原因が絡む肌荒れ

pixta_20337031_S

“春一番”という強い風が吹くのも花粉シーズンの特徴ですね。

強風はお肌の潤いを奪い、乾燥を悪化させます。

徐々に強くなる紫外線、花粉とともに舞う黄砂、新生活でのストレス。

こういった要素が肌のバリア機能を低下させ、花粉による肌荒れを悪化しているのかもしれません。

肌荒れ予防!花粉シーズンに気をつけたいスキンケア

花粉がもたらす肌荒れは、正しい対策で予防・改善が見込めます。

いつもと同じスキンケアでは役不足。

花粉への対策を強化し、過酷なシーズンを乗り切りましょう!

スポンサーリンク

基本的な花粉症対策を万全に

花粉で肌荒れするという人は、一般的な花粉症症状を併発している方がほとんどのはず。

まずは花粉症対策を万全に行うことで、二次的な肌トラブルを防げます。

マスクや目薬、手洗い、帰宅前に花粉を落として家に上がる、など。

目や鼻の花粉症症状を悪化させないことが、肌荒れ予防にもつながるのです。

マスクが刺激とならないよう、お肌に優しいタイプを選ぶのもポイントですよ。

丁寧な洗顔と低刺激な保湿で肌を保護

pixta_19798722_S

花粉の季節のお肌は、かなり敏感になっていると考えられます。

先にあげたように、バリア機能が低下する要素が多いシーズン。

そのため新しい化粧品を試したり、ケア用品を追加するタイミングには適しません。

それよりも、顔についた花粉を洗顔で丁寧に落とす、その後は低刺激な化粧品でしっかり保湿するといった、守りの姿勢をキープしましょう。

規則正しいライフスタイルを心がけて

pixta_26026691_S

春は生活が一変する季節でもあり、肌が精神面の影響を受けてしまうことも十分考えられます。

ここで食事をおろそかにする、暴飲暴食や夜更かしを行えば、肌はさらにボロボロに…。

花粉の季節に弱った肌をいたわるには、良質な睡眠やバランスのとれた食事が欠かせません。

忙しくても寝る時間はしっかり確保する、サプリメントをうまく活用するなどして良好なライフスタイルを意識しましょう。

これはNG。

花粉による肌荒れを悪化してしまう行為

pixta_19798733_S

花粉を落とそうとゴシゴシ&何度も洗顔

正しく洗顔すれば、強くこすったり何度も洗う必要はありません。

こういったNG洗顔が皮膚のバリア機能をさらに低下させ、花粉の影響が加速するリスクが高まります。

花粉ガードのためにと油性のしっかりメイク

確かにメイクは花粉をガードする効果がありますが、厚いメイクは逆効果。

濃い油性のメイクには花粉が付着しやすくなり、症状悪化につながります。

肌荒れしている時のメイクは、ミネラルファンデやノンオイルなどでの薄づきが基本。

仕上げにルースパウダーで表面をサラッと仕上げれば、花粉の付着を防ぐガード効果が得られますよ。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

参考サイト

【医師監修】花粉症の時期のスキンケア | スキンケア大学

 - 肌荒れ・肌トラブル

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい