美容って何だろう

      2017/07/28


黒目より重要?白目を綺麗にして魅力をアップさせよう

 綺麗な目を演出するためには大切なのは、白目が濁りのない綺麗な白さであること。白目が濁っていると顔全体の透明感も損なわれてしまうようです。

上目遣いの女性の写真

 目元で意識することはなんでしょうか?まつ毛やアイライナーでぱっちりとさせたり、最近ではカラーコンタクトで黒目を大きく見せることも普通になっていますね。しかし、いくらそれらが完璧でも“白目”の部分が暗く淀んでいたらどうでしょうか。やはり本来の魅力が半減してしまうでしょう。なんでも私たちは動いている生身の人間の場合、黒目の大きさよりも白目の美しさに魅力を感じてしまうのだそう。今一度鏡を見て白目のチェックを行いましょう。

スポンサーリンク

白目はどうして濁る?

【目の疲れ】

 長時間に渡るPCやスマホの使用が目を疲れさせ、充血を引き起こすことで白目をくすませてしまうようです。多くの方が思い当たるふしがあるのでは?仕事で多用することもあると思いますが、定期的に目を休ませることも忘れないようにしましょう。また、寝不足も目の疲労に繋がるため、睡眠時間をしっかりと確保するのも重要です。

【紫外線】

 紫外線が目に与える影響は大きなものがあり、目の疾患との関係も懸念されています。紫外線を浴びると肌が日焼けするのと同様に、白目も紫外線を浴び続けることで徐々に黄色くなってしまうのだそう。UVカット機能のついたサングラスや眼鏡を活用し、特に日差しのキツい日はしっかりと対策を行いたいですね。

【タバコやアルコール】

 喫煙は目だけでなく全身に悪影響を及ぼします。目に関しては“スモーカーズフェイス”という症状があげられますがご存知ですか?ヘビースモーカーの方に見られる顔つきのことで、小じわが多く発生し年齢以上に老けてみられるスモーカーズフェイス。シワだけでなく白目が黄みがかることも特徴で、喫煙が白目を濁らせる一因になっていることが伺えます。

 また、アルコールは血流量を増加させるため、目が充血しやすくなるようです。更に飲み過ぎや食べ好きによって肝臓に負担をかけることも、白目を濁らせる原因になるとされています。過剰摂取は控えるとともに、肝臓をいたわる飲み方、食べ方をするなど工夫をしたいですね。

白目を綺麗にする方法

【目薬を上手に活用する】

 最近では充血を抑えたり、目のくすみや濁りを改善する目薬も販売されています。自分の目の症状に合わせてこれらの目薬をうまく活用すると良いでしょう。使用の際には使用回数や使用量を守るよう気をつけてください。

【目に良い栄養素を摂る】

 目の疲れを取ることが白目を美しくさせることに繋がります。美容の栄養素であるビタミンや抗酸化作用を持つ野菜、果物を積極的に摂取したいですね。サプリメントにもブルーベリーなど目に嬉しい成分を配合したものは多く見られます。食事メニューだけでの摂取が難しい場合は、サプリメントもバランスよく利用すると良いでしょう。

 また、イワシやサバなどの青魚に多く含まれる“DHA”という成分が目の美しさに良い影響をもたらすようです。こちらもサプリメントで手軽に摂取することが可能。魚を食べる機会が少ない方は、DHA配合のサプリメントをチェックしてみましょう。

【日頃の対策、いたわりを忘れない】

 上述したように紫外線から目を守る対策として、日傘やUVカット付きのサングラスなどを活用しましょう。長時間PCやスマホを利用するには避け、定期的に目を休める工夫を取り入れたいですね。眼球の運動なども疲れ目を解消するのに有効なようです。自分なりに意識して目の疲労を出来るだけ溜め込まないようにしておきましょう。

 いかがでしたか?これら直接白目を白くさせる方法以外にも、メイクで目元を明るくさせて白目を強調させる方法があります。目元がくすんでいる場合はそれを改善し、目の下に明るめのコンシーラーやハイライトを乗せることで白さを強調することが出来るでしょう。メイクは手っ取り早い方法ですが、まずは白目そのものを白く・健康に保つためにも上記の方法をチェックしてみてはいかがでしょうか。

参考サイト

美白でも白目が濁ってたらブー!白目をもっともっと白くする方法
白目を制して、まなざし美人!赤ちゃんみたいな澄んだ瞳になる方法

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - フェイスケア

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい