美容って何だろう

      2017/01/29


カミソリ負けはなぜ起きる?対処法やケア方法はあるの?

ムダ毛処理に付き物のトラブルといえば、“カミソリ負け”。

カミソリ負けに対する予防法やケアを知りたい20代後半女性・あいりさんからの質問にスキンケアアドバイザー「rihira」がお答えします。

s-2017-01

カミソリ負けのポイント

  1. カミソリ負けの原因は間違った処理方法と、傷ついた皮膚から細菌が入ること。
  2. 毛と皮膚を柔軟にし、正しく剃ることで負担を軽減。
  3. 清潔なカミソリを使うのが前提。カミソリ負けしたら治るまで処理をやめ、治療薬も検討を。

私はどちらかというと、肌が弱い方みたいです。

そのせいか、よくカミソリ負けを起こしてしまって…。

処理後は化粧水やクリームなどで保湿もするんですが、なかなか改善しなくて困っています。

カミソリ負けはムダ毛処理あるあると言っても過言ではありませんよね。

だからといって処理しないわけにもいきませんし…。

特に女性は悩みどころです。

はい、処理しないとボサボサになるし…でもカミソリ負けで赤いブツブツができた状態も最悪で。

本当なら電動シェーバーを使えば良いのでしょうけど、細かい部分が剃りにくかったりしますよね。

T字カミソリでも、カミソリ負けを予防できる方法があれば知りたいです。

確かに、T字カミソリは使い勝手が良いメリットはありますよね。

では今回はT字カミソリを使う上で、カミソリ負けをしない予防法、そしてカミソリ負けした時の対処法も解説しましょう。

スポンサーリンク

そもそもカミソリ負けはなぜ起こる?

カミソリ負けが起こる原因から説明しましょう。

間違ったカミソリによる処理で皮膚表面が傷つき、そこから雑菌が入り込んで起きるトラブルがメインです。

従って皮膚を傷つけない、細菌を侵入させないのが主な予防策になります。

なるほど…具体的にはどんな方法になりますか?

pixta_22495556_S

カミソリで皮膚を傷つけないためには

まずは事前に毛や肌を柔軟にしておくことが挙げられます。

毛質は個人差があると思いますが、剃る前にシェービングフォームやローションを使うことで柔らかくすることができます。

剃る直前のケアがポイントなんですね。

剃っている時も使った方が良いですよね?

もちろんです。

柔らかくするだけでなく、摩擦を軽減する効果がありますよ。

体を洗う石鹸を泡立てるのもOKですが、顔には使いにくい女性もいるでしょう。

特に顔はデリケートなので、どうしても自分で処理する場合は専用のフォームなどを使ってくださいね。

専用のアイテムは鉄則ってことですね。

では、皮膚を柔らかくするにはどうしたら良いですか?

例えば、入浴や蒸しタオルでお肌を柔らかくしてから行う。

もっと言えば、日頃の正しいスキンケアで肌の水分量をキープし、柔らかくしておくことが重要です。

そっか…処理する時だけのケア以外にも、いつものスキンケアも重要なんですね。

はい。

特にカミソリでの処理は肌へ負担がかかりやすいので、トラブルがある時は絶対に避けて。

お肌が元気な状態を維持した上で、タイミングを見てムダ毛処理を行いましょう。

わかりました!毛や肌の状態以外に気をつけることはありますか?

カミソリの使い方ですが、毛の流れに逆らって剃らないこと。

これをすると抵抗が強くなり、肌を傷つけやすくなります。

力加減も、決して強い力で処理しない。

フォームなどの泡を使えば、優しく滑らせるだけで処理できるはずです。

毛の流れと逆に剃る、やりがちなんですよね…。

肌を傷つけないよう、気をつけます。

スポンサーリンク

カミソリのかぶれを起こす細菌を防ぐには

ケアが不十分な状態でカミソリ処理をすると、どうしても肌が傷つきやすいもの。

その傷から細菌が侵入することで、赤いブツブツなどのカミソリ負けを起こすのです。

この細菌は、使っているカミソリに注意することが大事ですよ。

カミソリ!?…もしかして、カミソリに細菌が?

ご名答です。

普段カミソリをどこで保管していますか?お風呂で処理する人ならお風呂場にそのまま…ということもあるでしょう。

不衛生な状態ではカミソリに細菌が増殖しやすくなります。

必ず定期的に交換し、清潔なカミソリを使ってくださいね。

確かに…!でも、まさかカミソリの細菌が理由なんて思いませんでした。

これからは今まで以上に綺麗なカミソリにこだわります。

頑張ってくださいね。

あいりさんは処理後の保湿ケアはしっかりしているようなので、次は万が一カミソリ負けした時の対処法を解説します。

pixta_20250093_S

カミソリ負けしてしまったら?

十分注意した上で処理しても、カミソリ負けしてしまった。

こんな時は“それ以上処理しない”が絶対条件になります。

カミソリ負けが収まるまで、同じ部位の処理は控えておきましょう。

当然ですよね…。

早く直す為にすれば良いケアなどはありますか?

できれば皮膚科などで専用の薬を処方してもらうのが理想です。

病院に行く暇がない場合は、市販薬にあるオロナインなどが有効。

傷の殺菌消毒効果などがあるので、どうしてもの場合は使ってみてください。

わかりました。

でも、一番はカミソリ負けしない処理方法が大事なんですね。

これまでは事前準備が足りていなかったみたいです。

しっかりと準備してから、カミソリ負けしないよう慎重に処理していこうと思います!

わかっていただけでよかったです!T字カミソリは便利な分、ついつい自己流で処理してしまいがち。

でもカミソリ負けしないためには、正しい手順での処理が欠かせません。

しっかり心がけることで、カミソリ負けを予防しましょう。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 脱毛・ムダ毛処理

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい