美容って何だろう

      2016/12/09


首とデコルテのケアはリンパマッサージを中心に

 とある化粧品会社の調査によると、首と胸元(=デコルテ)の部分に関して「張りやツヤがない」などの悩みを抱えている女性が、10年前と比較して増加していることが分かったそうです。時代の流れとともにファッションの流行も変化し、首周りや胸元が大きく開いたデザインの洋服が多くなったこと。また、女性の美に対する意識が強くなっていることなどがこうした結果に繋がっている様です。

スポンサーリンク

 90人の女性を対象に首とデコルテの肌状態を調査したところ、意外な結果があらわれました。水分量や皮脂量、血液量、更には肌の色まで、顔の肌とは大きく異なっていることが分かったのです。

 最近では先述のとおり露出の多いファッションや美意識の向上により、顔だけでなく手や足のスキンケアを取り入れる女性が多くなっています。このことは首やデコルテに関しても同様です。顔と繋がっている部分ですので、顔のスキンケアと同じ様に行っている人もいるかもしれません。しかし、顔の肌と首・デコルテの肌が異なっているということは、顔とは別のケアが必要といえます。

983_original

 特に首元は年齢が出やすいと言われる部位の一つ。首やデコルテのシワができてしまう部分やその形、首と顎のくびれなどは加齢とともに変化します。特にその変化のターニングポイントとなるのが40代と60代。これはこの年齢時期を境に肌の状態に大きな変化が見られるためです。

 その変化とは、まず40代を境に首とデコルテの皮脂量が減少していきます。また、肌トーンが低下したりシワが増えてそれが深くなってくるなど、これまでの肌状態から大きく異なるものへ変わってしまいます。そして60代になると皮膚がたるみ始め、下あごと首のくびれがなくなってしまうという人が増えてきます。太った人などに見られる「二重あご」とは別物で、皮脂脂肪のたるみや筋肉のゆるみ、肌の張りが衰えるなど加齢によるものが大きく影響しています。

 首には汗腺や皮脂線が顔の3分の1程度しかないといわれています。この為、肌の潤いが不足し易い部分と言えるのです。また、曲げるなどの動作が多い部位ですので、シワが深く刻まれ易い場所になります。加齢による影響を直に受けてしまう部分といえるでしょう。首元のアンチエイジングの為にも、まずは清潔に保つことが必要です。週に1回、洗顔の時に柔らかなタオルなどでこすって古い角質を取り除きましょう。保湿やUVケアの他、寒い時期にはマフラーなどで首元を保護して出かけましょう。

 デコルテ部分ですが、ニキビなどができてしまうと着たい服も思う様に着られなくなりますよね。胸元は皮膚が薄く、ニキビができてしまうと痛みや炎症も引き起こしやすくなります。できてしまう原因は紫外線やお風呂での洗いすぎが考えられます。皮膚が薄い部分の為、皮脂の分泌量も少ないデコルテ部分。お風呂の際に強く洗いすぎてしまうと皮脂が不足してしまい、開いた毛穴に過剰な皮脂や雑菌が詰まって炎症を起こし、ニキビが発生してしまいます。また、デコルテを露出した服を着る時に受ける、紫外線の影響も気になります。紫外線を浴びると乾燥を招きやすくなりますので、顔だけでなく首やデコルテまで日焼け止めを塗って対処しましょう。

 首やデコルテを綺麗に見せる為に有効なのが「リンパマッサージ」です。首やデコルテ部分は、太い血管やリンパ節が存在する場所です。マッサージで刺激することにより血流やリンパの流れを促進します。首やデコルテは勿論、顔色がよくなったりフェイスラインがスッキリしたりと周辺部位にも良い影響をもたらします。首やデコルテ専用のクリーム、ジェルなどを使用してマッサージを行うと、滑りも良く保湿も同時にできるのでより美容効果が高まるでしょう。

 マッサージを行う方法ですが、親指以外の4本の指を使用します。耳の後ろの首の付け根から鎖骨にかけて、ゆっくりと押しながら下にむけてさするように行います。次に指の腹で鎖骨下の部分を横に向けてゆっくりと押しましょう。脇に差し掛かった辺りでコリのようなものを感じた人は、首や肩がこっている可能性があります。その部分もゆっくりと押しておきましょう。

 この耳の下から鎖骨にかけてのラインですが、身体の中のリンパ液が集まっている場所になります。この部分をゆっくり丁寧にマッサージすることで、リンパの流れをよくして首やデコルテのアンチエイジングに繋がります。また、顔のむくみなどもとれるので小顔効果も期待できるでしょう。大切なのは毎日続けることです。お風呂上りに欠かさず行い、日々のケアに取り入れましょう。

 以上の様に、首とデコルテのケアはマッサージを中心に行うとより良い効果が得られます。特に何もしていない方も、簡単にできるマッサージですので是非行ってほしいと思います。併せて専用のケア用品もチェックしてみてはいかがでしょうか。今の時代、スキンケアの対象は顔だけではないのが当たり前と言えそうです。

セルライト対策にも!お風呂でもも裏プッシュ

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - ボディケア ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい

乾燥の季節にやっておくべきハンドケアはこれで決まり

 乾燥の酷くなる冬場は特に「手荒れ」が悪化してしまう季節です。主婦や水場の仕事をしている人などは、毎年大いに悩まされているのではないでしょうか。特に女性の方はネイルやアクセサリーなどを身につける場所で

美脚の条件は太さだけに非ず。「膝」は意外に見られてます

 どんなにスラリと伸びた足でも、ふと目をやると膝が黒ずんでごわついている・・・。非常に残念ですよね。細さなど肉付きや長さばかりに気を取られ、膝のケアを怠ってはいませんか?ストッキング不要の本当の美脚を

手荒れ、かかとのガサガサはハンドクリームなどで保湿して予防・解消

 冬になるとどうしても起きる手荒れやかかと荒れ。頑固な肌荒れを解消する方法、対策を調べました。  寒い時期につきものの肌トラブルに、手荒れやかかとのガサつきがあります。 これらは乾燥しやすい冬の気候が