美容って何だろう

      2016/12/09


美容オイルの役割と肌に合わせた使い分け

 美容効果の高いオイルが人気を集めている昨今。オイルの基本的な使い方や役割、効果を知っておくことが美容効率アップにも繋がるはずです。

d44d435c16b3953dbddcc7de38ebe474_s

 ホホバオイルやココナッツオイルなど、最近では美容に効果的とされるオイルに注目が集まっています。人気女優などが使用していることもあり、早速取り入ている人も多いのでは?話題になっているからといってむやみに手を出す前に、オイルの役割や使い方をしっかりと認識しておきましょう。

スポンサーリンク

美容オイルの役割とは

734_original

【潤いを閉じ込める】

 オイルの大きな特徴といえば高い保湿力です。ただ単に潤いを与えるのではなく、肌の水分を逃がさず閉じ込める作用が高いと言えます。水分だけを肌に与えても長くは留まらず、やがて蒸発するため乾燥の悪化に繋がります。オイルで油分を適度にあたえ、水分が失われないように閉じ込めることで潤いをキープすることができるのです。

【肌を保護するバリアになる】

 体を守る最前線である皮膚。常に外気にさらされ、刺激や雑菌などの影響を受けやすい部分になります。オイルにはそんな外的刺激から皮膚を保護する役目もあります。肌が乾燥すると刺激に弱くなると言いますが、これは油分が減少して肌のバリア機能が低下するため。皮膚は薄く皮脂膜を張ることで潤いを保つとともに、様々な刺激から肌を守っています。美容オイルには皮脂膜をサポートする役目があると言えるでしょう。

【肌に馴染んで皮脂のバランスを整える】

 オイルの成分は人間の皮脂と似たものが多く、肌馴染みが良いという特徴があります。角質層にある細胞間脂質へと行き渡り、オイルの有効成分をしっかり取り入れることができるでしょう。適切な量を使うことで皮脂のバランスを整え、乾燥を予防して健やかな美肌づくりに貢献してくれるのです。

【豊富な美容成分を与える】

 美容オイルとして用いられるものには肌に嬉しい成分がたっぷりと入っています。ビタミンやミネラル、抗酸化作用のほか、体内では作られない必須脂肪酸など有効成分が豊富。皮脂の働きをサポートするとともに、たくさんの栄養を肌に届けて肌そのものの健康維持にも貢献してくれます。

オイルは乾燥肌の人だけが使うもの?

 乾燥予防にうってつけのオイルは、主に乾燥肌の人が好むイメージがありますね。逆にオイリー肌でニキビや毛穴のトラブルに悩む人は敬遠しがち。ただ、オイリー肌の人は“隠れ乾燥肌”である場合も多いのです。隠れ乾燥肌の人は潤い不足によって皮脂が過剰に分泌されるため、それを油分の多いオイリー肌であると思っています。潤い不足を解消すれば油分の量がバランスを取り戻し、毛穴のトラブルなどが改善する場合があります。

 従って、オイリー肌やニキビ肌の人は肌の水分不足を疑ってください。ただ、トラブルを抱えた状態のままでオイルを多用すると症状を悪化させる恐れがあります。まずは現在のトラブルが解消するまでオイルの使用は控え、しっかりと潤い補給ができている肌にまで回復させましょう。その上でオイルを上手に使えば、隠れ乾燥を防いで皮脂過剰の抑制にもつながるはずです。

740c_s

ニキビが気になる人は年齢別に検討がおすすめ

 ニキビが出来やすい人にとって、オイルを使ったスキンケアというのは非常に抵抗があるでしょう。筆者自信もその一人で、過去にはなるべく余計な油分を付けないスキンケアを行っていました。これまでの経験から個人的におすすめするのは、出来ているニキビによってオイルの使用を考える方法です。

【思春期ニキビにオイルは多用しない】

 まず思春期ニキビに悩んでいる方の場合。思春期ニキビの大部分は多く出過ぎる皮脂が原因です。主にホルモンバランスの変化からくるものと考えられ、そのほかストレスや食生活、未熟なスキンケアなども挙げられるでしょう。ここへオイルを使うことはあまりおすすめしません。まずは洗顔の仕方やスキンケア用品の見直し、食事内容の改善などから初めてみてください。

 思春期ニキビが酷い時期に油分の多い化粧品を使用するとニキビの増加に繋がる可能性があります。私自身、間違ったスキンケアで乳液をたっぷり使用した結果、ニキビが悪化してしまった経験があります。ニキビができやすい人がスキンケアで油分を与える場合、その量のバランスが重要です。

 思春期ニキビに悩む人は洗顔を優しく丁寧に、保水をしっかりと行います。油分を全くつけないのも潤い不足が懸念されるので、あっさりめでもつけた方が良いでしょう。或は乾燥が気になる部分とニキビが多い部分で使う量を変えるなど、柔軟なスキンケアも大切。いずれにせよ、油分はオイルよりも乳液やクリームで補った方が良いかもしれませんね。

【大人ニキビには適度なオイルケアを】

 大人ニキビの場合は上述した隠れ乾燥肌が理由になっていることも珍しくないはず。筆者の場合もそうで、保湿をしっかり行うとニキビが減った経験があります。まずはオイルに拘るより、肌へ潤いを与えてそれをキープするスキンケアを心がけましょう。肌が元気になることでターンオーバーも正常化し、皮脂の量も安定してくるはずです。

 オイルを使うのであればある程度大人ニキビが落ち着いてからがおすすめ。使う際には必ず自分の肌の適量を知り、それを守ることが大切です。最初からたくさんつけ過ぎるとニキビの再発に繋がりかねないので、部位ごとに量を調節しながら少量ずつ取り入れてみましょう。乳液やクリームの油分で十分な場合は無理に使用する必要はないと思います。

基本的なオイルの使い方

【スキンケアの最後に】

 基本の使い方がスキンケアの最後に使う方法です。潤い補給した肌にオイルを伸ばし、肌全体をラッピングします。与えた潤いを閉じ込めて保湿力を高め、その後のメイクのりを良くする効果もあるでしょう。

【化粧品に混ぜる】

 化粧水やクリームにオイルを1~2滴混ぜると、潤い効果をより高めることができます。リキッドファンーションなどに加えることで伸びを良くし、メイク持ちをアップさせて乾燥予防効果も期待できます。

【洗顔後のブースター】

 顔を洗ったあと、化粧水などをつける前にブースターとしてオイルをつける方法です。肌の柔軟性を高めることで、その後の化粧水の浸透率をアップする働きがあります。

【マッサージ用】

 顔や体など肌のマッサージを行う際にオイルを使えば、滑りを良くして肌への摩擦を少なくすることができます。スムーズにマッサージが行え、オイルの有効成分が肌にしっかりと馴染んでしっとり感も高まります。

正しく使えば美容に大きく貢献できる

 美容オイルを適切に使用すれば、乾燥対策やエイジングケアなど美肌作りを促進できます。大切なのは自分の肌との相性。肌の状態は年齢や環境、季節などによって変わるため、その時の肌と合っているかを見極めることが重要ですね。

参考サイト

美容通が最後にハマる!?「オイル美容」の魅力に迫る!

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 美容オイル ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

美容オイルのニューカマー「マルラオイル」には抗老化、保湿効果があった

 美に敏感な女性のマストアイテムにもなっている美容オイル。 注目を集めているオイルの一つに「マルラオイル」があります。  顔のスキンケアはもちろん、ボディケアやヘアケアにも重宝するのが美容オイルですね

オリーブオイルクレンジングは効果は凄いけど注意点も要チェック

 「オリーブオイル」を食用として利用するのはごく当たり前のことですが、そのオリーブオイルをクレンジングに用いる美容法をご存知でしょうか。 オリーブオイルといえば、特に「エクストラヴァージンオリーブオイ

no image
砂漠の奇跡「ホホバオイル」の効能と使い方

 ツゲ科の多年草であるホホバという植物から抽出されたオイルを「ホホバオイル」と呼んでいます。ホホバは砂漠などの過酷な気象環境下で棲息する植物。完熟したホホバの種子からは黄金の液体が得られ、古くから食用