美容って何だろう

      2016/12/09


肌の弾力維持に欠かせない「エラスチン」の役割と活性化

 お肌のハリと潤いにはコラーゲン!ヒアルロン酸!・・・と、もう一つ忘れてはいけない成分「エラスチン」の重要性を知っておきましょう。

s-201509-8

 若々しい肌にはしっかりとした弾力がありますね。

この弾力はお肌のハリ、ふっくら感を演出するのに欠かせない要素です。

逆に弾力のない肌というのはたるみやシワなどが目立ちやすく、老け顔の理由にもなります。

お肌の弾力の鍵は真皮が握っているのですが、真皮の組織で注目されやすいのは大部分であるコラーゲン。

もちろんコラーゲンも重要ですが、“エラスチン”という成分も弾力維持のキーになっているのです。

スポンサーリンク

エラスチンってどんな成分?

【真皮などにある弾性繊維】

 エラスチンが最も存在するのは体の中の項靭帯で、約8割にも及びます。

他にも動脈や肺にも含まれますが、肌の状態を左右する真皮には2~5%程度の含有量です。

含有量こそ少ないですが、お肌を美しく見せるためには非常に大切と言われるエラスチン。

それはエラスチンが優秀な“弾性機能”を持つためで、コラーゲンに大きな影響を与えるからなのです。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/エラスチン

エラスチンとコラーゲンの関係

【エラスチンはコラーゲンを束ねて支える】

 肌構造は最も上の角質層を含んだ「表皮」、その下にある目に見えない「真皮」、更に奥深くの「皮下組織」に大別されます。

このうちハリや弾力の大きな影響を与えるのが「真皮」と言われているのですが、その約7割はコラーゲンで形成されます。

コラーゲンは真皮で網目状に存在していますが、これは弾性線維によってしっかりと束ね、繋ぎ止められています。

この弾性繊維の主成分がエラスチンなのです。

 コラーゲンを束ねる作用が衰えれば、網目状の形成ネットワークは崩れやすくなります。

崩れた状態で表皮を支え、ハリや弾力を保つことは不可能でしょう。

コラーゲンがしっかり役目を果たすためには、エラスチンの弾性機能によりしっかりと支えられていることがポイントなのです。

真皮は紫外線や加齢の影響を受ける

【シワやたるみの要因】

 生体内のエラスチンは年齢を重ねるとともに減ってしまいます。

ピークは20代後半とも言われ、30代、40代とその量は減少し続けます。

この年代になるとお肌のあちこちに老化減少が現れますね。

加齢によってエラスチンが不足した結果、小じわやほうれい線などが如実に目立ってしまうのです。

【UV-Aがエラスチンを衰えさせる】

 コラーゲンやエラスチンは紫外線を浴びることでも衰えていきます。

紫外線の中でも波長の長い「UV-A」と呼ばれる種類がありますが、これは真皮まで届いてその組織を壊してしまいます。

一般的にUV-Bより威力が弱いとされるUV-A。

しかし地表へ届く量は圧倒的に多く、肌深部まで作用するため油断は大敵です。

参考:UVAとUVBの違いを知ろう|日本ロレアル株式会社

エラスチンの線維に必要なタンパク質「LTBP-4」

 近年の研究によると、エラスチンの形成過程では複数のタンパク質が必要なことがわかってきたそうです。

中でも「LTBP-4」と呼ばれるタンパク質はエラスチン線維の中心になるとされ、スプリングの役目をしっかり果たすエラスチンの形成に欠かせません。

アスパラゴプシスアルマタエキスという海藻エキスがLTBP-4を活性化し、エラスチン線維形成を促すとされています。

参考:「肌のたるみ」研究の新知見 | ロート製薬株式会社

エラスチンを活性化させるには

【紫外線対策を怠らない】

 上述のとおり真皮まで届くUV-Aの影響でエラスチンは破壊されます。

波長の長いUV-Aは窓をも突き抜けるため、屋内にいるからといって日中に何も対策をしないのは危険。

日焼け止めなどで予防し、後々後悔しないようにしましょう。

【同じ真皮組織であるコラーゲンやヒアルロン酸と一緒に補給】

 真皮にはコラーゲンとエラスチンのほかに、水分を保持する能力が高い“ヒアルロン酸”が存在します。

ヒアルロン酸がしっかり存在して水分を維持しなければ、コラーゲンやエラスチンの働きも促進されません。

3つの成分が互いにバランスよく存在すれば、弾力や潤いのある若々しい肌にぐっと近づけるでしょう。

参考サイト

エラスチンとは|美肌成分の説明一覧

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

おすすめ記事

美肌成分のヒアルロン酸はコラーゲンやエラスチン一緒に摂取しよう

エラスチンの役割とコラーゲンとの関係

 - 美容成分 ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

美肌に欠かせない成分「ビオチン」はニキビやアトピー性皮膚炎に効果的

 綺麗な肌に役立つ成分は多くありますが、今回は「ビオチン」という成分に注目してみましょう。 特にニキビやアトピーなどにお悩みの方は必見です。  水溶性ビタミンの一種である「ビオチン」。 普段はあまり聞

米ぬかに含まれる美容成分とその効果

 玄米を精米して白米を作る際、取りさられる外皮の胚芽部分を「米ぬか」といいます。この米ぬかは昔から様々な場面で活用されてきました。漬物を付ける際に用いてぬか漬けにしたり、汚れを落とすための洗剤、こめ油

アロエ由来の美容成分アロエステールの持つ美肌効果とダイエット効果

 お菓子などで有名な森永乳業が新しく発見した“アロエステール”。 新美容食品成分として大きく注目されています。  アロエは古くから傷や炎症の治療薬として用いられてきました。 現代においてはヨーグルトへ