美容って何だろう

      2016/12/09


ケミカルピーリング?その効能と施術可能な場所は??

238_original01

 ニキビ治療の一貫としても知られる「ケミカルピーリング」。ニキビの治療で皮膚科に通ったり、エステなどに行った経験がある方であれば、施術経験もあるかと思います。ニキビ治療だけでなく、シミや皮膚そのものの美容効果もあるケミカルピーリング。私自身も何度か体験したことがあります。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

ケミカルピーリングとは?

 知らない人は全く知らないでしょう。ケミカルピーリングとは、フルーツの酸や植物の酸を皮膚表面に塗布し、代謝の悪くなった角質層を剥がすことで代謝を促進し、張りのあるきめ細かい肌に生まれ変わることを目的としています。実際には角質間の結合を弱らせることで、施術後には簡単に角質が取れるような仕組みになっています。使用する薬剤によっては、ピーリングの効果とは別に肌の美容効果を期待できるものもあります。施術後には皮膚がピリピリと痛んだり、赤みが出ることもありますがこれは酸の刺激によるもの。施術する場所によっては、術後にビタミンC誘導体を用いて皮膚再生を促すという方法も行うようです。

 古くなった角質を取り除き、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進する。これがケミカルピーリングの主な効能となります。その効能から得られるのが、ニキビやシミ、くすみや小じわなどの改善に繋がり、また代謝がよくなることで肌そのものが美しくなるといったところでしょう。

ケミカルピーリングの施術場所

 ケミカルピーリングを受けたい場合、最初にエステサロンか皮膚科かという選択肢になるかと思います。美容の専門店であるエステサロンなどの場合は、肌の美容という観点から様々なメニューが用意されています。ですので、ニキビなどの改善だけでなく肌そのものの美容を考えるのであればこちらの方が美容度は高いでしょう。その場の雰囲気やスタッフの人柄などをポイントとして見る人も少なくないと思います。エステサロンであればそういった点での気遣いも高いレベルであることが考えられるでしょう。気になるのはその値段。初回のみ安い値段で設定されていたり、まとめた回数で購入することで割安になっているところもあります。そのサロン独自の美容効果を得られる場合もあるかもしれないので、値段とともにその内容も詳しく聞くことをおすすめします。

 また、同じ医療機関でも皮膚科より「美容外科(美容皮膚科)」と呼ばれるクリニックの方がサロンに近いかもしれませんね。一般的に皮膚科ではほとんどが保険適応内での治療を行うのに対し、美容外科は適応外の施術を多く取り扱い、美容という点から診断にあたってくれます。「本当に医療機関なの?」と思うほどゆったりとくつろげる、まるでエステサロンのような施設も多く存在します。サロンとは違う点で、飲み薬や塗り薬など医療行為としての治療も受けられるので、改善も早いかもしれません。保険適応外の施術は費用もクリニックにより様々ですので、事前にいくつか調べておくと良いでしょう。
 
 皮膚科でのケミカルピーリングは専門的な知識をもつ医師に任せることができ、使用するピーリング剤の濃度などを厳密に調整して行います。サロンで取り扱えるものより医療機関で取り扱える酸の濃度は高くなっており、その分強力な効果も期待できるでしょう。ケミカルピーリングは保険適応外になるところとそうでない皮膚科があるようです。筆者が通っていた皮膚科で受けた際には保険適応で、少ない費用で受けることができました(もう何年も前になりますが)。事前に確認しておくのが一番確実と言えそうですね。
 
 どこで施術を受けるかも重要ですが、最も大切なのはその施術の効果です。使用する酸の種類や濃度は場所によって異なりますし、そもそも個人差や相性もあります。肌が人一倍敏感な人は医師やスタッフとの相談をよくすることが必要です。まずは自分との相性を見極め、ある程度続けることで効果も得られるでしょう。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 美容医療

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい

[体験談]皮膚科で処方されるニキビ治療薬について

 ニキビが酷かった頃に何度かお世話になった皮膚科。治療の経験を記すことで今後受診を検討している方や、治療中で色々と思うことがある人などに参考になればと思います。  私が初めて皮膚科に訪れたのは高校生の

ピルには避妊以外の副効果もあります

 経口避妊薬として知られている「ピル」。その避妊率は正しく服用さえすれば99%と言われており、最も確実な避妊法とされています。日本ではおよそ80万人?90万人のピルユーザーがいると言われ、世界中でも1

ケミカルピーリング体験レポート

 私が初めてケミカルピーリングを受けたのは、思春期の頃にニキビが増え思い悩んでいる時でした。施術場所は皮膚科ではなく、エステサロンと呼ばれる場所でした。その頃ニキビ治療について調べていた際、ケミカルピ