美容って何だろう

      2016/12/09


色々なタイプの日焼け止め、それぞれの特徴まとめ

 日焼け止めといえば、白い乳液状のものやクリーム状のものが一般的といえますが、最近ではそれ以外にも様々な日焼け止めが開発されています。日焼け止めを選ぶ際のポイントとして、SPF・PAの数値はどの程度か、低刺激のものかどうか、持ち運べる大きさかどうか、塗り直しできるタイプのものか、などいくつもの点があげられるかと思います。これからご紹介する様々な日焼け止めも、そうしたポイントから自分に合っているかどうかを判断して選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

クリームタイプの日焼け止め

 日焼け止めの中ではスタンダードなタイプのものになります。多くは化粧下地などとセットという役割も持ち、保湿成分などが含まれたものも多数存在します。含まれる成分によっては美肌効果も期待できるでしょう。水分や油分の補給にも適しているので、乾燥肌タイプの人にも向いています。

 逆に、皮脂の多いオイリー肌タイプの人は相性をよく見て判断する必要があるでしょう。過剰な油分で毛穴を詰まらせ、肌トラブルの原因になるおそれがあります。皮脂の多いTゾーンなどを避けて使用するなど、部分的に使い分けて工夫するのも良いでしょう。

乳液タイプの日焼け止め

 こちらも一般的な日焼け止めのタイプといえます。乳液タイプといってもスキンケアに用いる乳液よりさらっとしており、伸びも良いのが特徴です。塗りやすいので顔だけでなく腕や足など全身に使うことができます。

ローション(化粧水)タイプの日焼け止め

 化粧水タイプの日焼け止めということで、通常のスキンケアとの併用が可能です。わざわざ日焼け止めを塗る手間も省けるのがこのタイプのメリットでしょう。デメリットとしてはクリームや乳液タイプと比べて落ちやすいということ。紫外線対策としては弱い印象ですので、完璧にUVカットをしたいという人には向いていないかもしれません。

ジェルタイプの日焼け止め

 水々しい使い心地で化粧下地にも使えるのがジェルタイプの日焼け止め。伸びも良いので顔だけでなく全身に使え、軽いつけ心地も特徴とされています。ジェルタイプの日焼け止めで注意したいのはその成分。不安定な形状なため、界面活性剤など肌に刺激の強い成分が配合されている場合もあります。購入の際にはその成分をチェックすることを忘れないようにしましょう。

スプレータイプの日焼け止め

 最近になって増えてきたタイプの日焼け止めです。最大の特徴はメイクをした上からでも塗り直しが楽に行えること。他のタイプのようにメイクの上からの塗り直しが難しいタイプとは違って、ふりかけるだけのスプレータイプなので塗り直しも簡単。また、髪の毛にも使えるものもあるのでヘアケアに気をつかっているという人にもオススメです。日中にどうしても日焼け止めを塗り直したいという人は、携帯しておくと非常に便利でしょう。

シートタイプの日焼け止め

 日焼け止め化粧水を染み込ませたコットンなどをサッと塗るだけで紫外線対策ができる、シートタイプの日焼け止めがあります。白浮きやベタつきもなく、携帯にも便利なのが特徴です。商品によっては紫外線予防効果の他、美肌成分や保湿成分を含むものもあります。手を汚さずにサッと利用でき、拭いたあとはスッキリ気持ちが良いので今からの季節にピッタリでしょう。

パウダータイプの日焼け止め

 ミネラルファンデーションやフィニッシュパウダーとして使えるUVカット効果のあるパウダー。メイクの上からの塗り直しにも適しており、スキンケア成分が含まれているものも多く存在します。アロマの香りがついているものもあり、日焼け止めの独特な香りが苦手という方にも◎。顔だけでなく、ボディに使えるものもあるので気になる方はチェックしてみてください。

 一言に日焼け止めといっても、これだけの種類が存在します。肌との相性はもちろん、利便性や使い心地などから判断して是非お気に入りのUV対策アイテムを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 基礎化粧品

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい

「ワセリン」が意外な万能アイテムだった!?

 聞いたことはあるけれど、実際「ワセリン」ってどんなものなの?そういった方にも読んで欲しい、ワセリンについてのご説明と活用方法についてまとめています。  主に保湿剤として知られている「ワセリン」。日本

時短&コスト削減!「オールインワン化粧品」のメリット・デメリット

 化粧水に乳液、美容液・・・何かと手間がかかるスキンケアを少しでも楽にできる「オールインワン化粧品」について解説します。  美肌になるための工程は結構大変です。丁寧な洗顔、その後の化粧水やクリームを一

化粧水の主要な役割は肌への水分補給

 スキンケアの中でも、化粧水の持つ役割は非常に大きなものかと思います。全てのスキンケアの基本となる工程であり、洗顔後は一番始めにつけるということもあって最も肌との相性を考えたいのではないでしょうか。