美容って何だろう

      2016/12/09


セラミド化粧品選びのポイントは種類、配合量、化粧品タイプ

 セラミドが配合された化粧品は様々。ありすぎてどれを使ったら良いかわからない!そんなあなたのためにセラミド化粧品を選ぶポイントをお届けします。

s-201509-7_nocomment

 保湿成分である「セラミド」は化粧品の成分の中でもよく耳にする一つ。

でも具体的にはどんな成分か知っていますか?ただ単に保湿してくれる成分ではありません。

セラミドの正体や効果、化粧品に配合されている種類を知っておけば、今後のセラミド化粧品選びの参考になるはずです。

スポンサーリンク

セラミドってこんな成分

4c40fd9c9ab0e3579515dc2bc84744ee_s

 皮膚表面の角質層、ここに存在するのがセラミドです。

化粧品の成分というイメージがありますが、元々私たちの皮膚に存在している成分なのです。

角質層は何層もの角質細胞が重なり合って構成されますが、その隙間をうめるように存在するのがセラミドを主成分とする細胞間脂質。

細胞間同士をつなぎとめ、層の間に水分を挟み込んで保持します。

細胞間脂質の約半数を占めるセラミドは、肌の潤い状態を大きく左右する存在なのです。

セラミドは肌の潤いやバリア機能に関係大

実はたくさんあるセラミドの種類

 現在のところ、皮膚には11種類ものセラミドがあると言われています。

中でも働きがわかっているのが7つのセラミド。

番号で呼ばれ、それぞれに働きが異なります。

中でも化粧品に配合される主なセラミドが次の4つです。

【ヒト型セラミド(バイオセラミド)】

 人の皮膚に存在するセラミドに近づけて作ったセラミド。

酵母から作られるヒト型セラミドは高い保湿力と浸透性を兼ね備えます。

人体のセラミドに近いということでお肌にも優しく、手頃な化粧品が多いともいわれますね。

セラミド1、セラミド2など番号で表記され、セラミドの種類では2や3を配合したものが豊富とされます。

68977d0584b6e0ee06833e718aa6d0e0_s

【天然セラミド】

 多くは馬から抽出される動物由来のセラミドのこと。

1~7までのセラミドが全て存在し、浸透性や親和性においても優秀な成分です。

パッケージにはビオセラミド、セレブロシドなどと記されます。

【植物性セラミド】

 大豆やこんにゃくなど植物由来の成分が植物性セラミドになります。

特にこんにゃくセラミドは大量生産が可能になり、安価で手に入れられるように。

そのまま植物性セラミドと表記されたり、コメヌカスフィンゴ糖物質と書かれているものも植物性セラミドになります。

【合成セラミド】

 化学的に合成し、セラミドと似せて作った化学物質です。

擬似セラミドとも呼ばれており、大量生産が可能なことから非常に安価な成分として知られます。

ただし天然系の成分に比べると効果が劣ることも。

セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドなどの表記が目印です。

スポンサーリンク

セラミド化粧品を選ぼう

46fd1cc74300ba15951c5a7b3222c08d_s

【ヒト型セラミド配合のものがおすすめ】

 保湿力や肌への優しさで考えると、動物由来の天然系、ヒト型セラミドが当てはまります。

ただし天然セラミドは高価なため、常用を考えるとヒト型セラミドが最もおすすめといえるでしょう。

【濃度や表記にも着目しよう】

 セラミドの配合濃度が表記されていれば良いですが、すべての化粧品がそうではありません。

化粧品の成分表示は多いものから順に、1%未満の成分は順不同になります。

セラミド1、セラミド2などの表示か上にかかれているかどうかも選定基準の一つと言えそうです。

セラミド補給は化粧水?美容液?

 
 セラミド配合の化粧品を使う上で「化粧水」か「美容液」かで迷う人も多いのでは?どちらにも入っていればいうことなしですが、このうち化粧水にはセラミドをたくさん配合しにくい理由があります。

セラミドは美容液や化粧水からの補給が効果的

【セラミドは油溶性である】

 油分に溶けやすい成分であるセラミド。

そのため水が主成分となる化粧水には大量に配合できないのです。

通常は美容液やクリームなど、油分が多い化粧品の方がたっぷり配合できます。

【化粧水を使うならとろみのあるテクスチャーに】

 テクスチャーがとろっとしたタイプの化粧水がありますよね。

セラミドに主眼を置くなら、とろみのあるタイプの化粧水が良いかもしれません。

配合量だけでなく、天然やヒト型セラミドかもチェックが必要です。

78006f885d478d16c87a26ff07aea614_s

セラミド化粧品の選び方まとめ

  1. ヒト型セラミド、もしくは天然セラミド配合のもの
  2. 配合濃度の高いもの(値段や表記順を参考に)
  3. 美容液やクリームから選ぶ。

化粧水の場合はとろみのあるタイプを

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

参考サイト

セラミド配合化粧品の正しい選び方 | スキンケア大学

 - 基礎化粧品 , ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

自宅でもOK。ピーリング石鹸の使い方と効能

 ケミカルピーリングというと、クリニックやサロンに定期的に通わなければならないという、悪く言えば“大袈裟”なイメージがありませんか?時間や手間、お金もバカになりません。しかし綺麗な肌には誰しも憧れるも

敏感肌でも使える洗顔料の選び方。肌本来の機能を取り戻そう!(お悩み相談)

 幅広い年代層に存在すると思われる「敏感肌」。自分にあった洗顔料を探している20代男性・りゅうたさんからの質問です。 僕は昔から敏感肌で、色々な洗顔料を試してきたのですがなかなか合うものが見つかりませ

こまめな塗り直しが重要!日焼け止めの塗り方とSPF・PAの意味

 日焼け止めは肌老化予防の為に欠かせないアイテムです。今回は日焼け止めの数値について、19歳の女子学生、かなこさんからの質問です。