美容って何だろう

      2016/12/09


美容乳液の種類と使い方

 洗顔後のスキンケア工程で使用する「乳液」。化粧水よりも粘り気があり、白濁とした色のものが一般的です。使用する順番としては「化粧水」→「乳液」の順が多いと思いますが、製品やメーカーによっては乳液を先につける場合もあるようです。

スポンサーリンク

 乳液の主な役割とは、油分により肌の潤いを補うことです。製品によっては「乳液」という名称を用いず、「ミルクローション」、「ミルキィローション」、「モイスチャーミルク」などと呼ぶこともあります。「化粧水」→「乳液」の順番でつけることで化粧水で補った水分を乳液の油分でコーティングし、蒸発を防ぐという役割も果たします。これとは逆の順番で使用すると、乳液のよって肌の角質層を膨らませて、そこへ化粧水を馴染ませることでより水分の浸透を効率良くする効果があるようです。

746_original

 この様に、化粧水と乳液は相乗効果をもたらすものとして、セットで販売されたり使用したりするのが主流でした。しかし、この考えは今となっては古い様です。セラミドなどの保湿成分と水分が結合することにより保持されているのが肌の潤いです。これを油分である乳液で閉じ込めるよりも、保湿成分が高い割合で配合されている美容液などの普及が広まっています。

 乳液を使用する際に注意してもらいたいのが、自身の肌体質。乾燥肌の人であれば、不足している油分を補うためには乳液が必要なケースもあるでしょう。しかし、オイリー肌の人や混合肌など皮脂が比較的多い人には基本的に必要ないものだと思います。私自身、乾燥するものの皮脂分泌も多いという肌体質であり、昔乳液を使用していた際に自分には合っていないと痛感した経験があります。

 特に思春期でニキビに悩んでいた時期に乳液を使用し、更にニキビを増殖させてしまったという経験があります。私を始め、皮脂分泌が比較的多い人は、化粧水を多めにつけることで水分を補給することをお勧めします。水分補給が足らなくても肌トラブルに元になりますので、化粧水は控えることなくたっぷりと使用しましょう。

 さて、最近の乳液ですが、美容液の様に保湿成分を多く含むものも出回っています。乳液の使用を必要とする肌体質の方は、その様な製品を取り入れてみるとより潤いを閉じ込めるのに有効かと思います。

 また、加齢により乳液が必要になってきたという人もいるのではないでしょうか。一般的に、20代位までは乳液を使用しなくても自身の持つ油分で補えると言われます。しかし、肌の油分は加齢により減少するのが普通です。油分が減少すると水分の蒸発も早まり、乾燥を招き易い状態になります。お肌の乾燥はシワやシミ、たるみの原因になりますので、加齢よってこうした症状が進行することに繋がるのです。

 乳液にも化粧水と同様にいくつか種類があり、一般的に使用する保湿を目的としたものを「保湿乳液」、それ以外には美白効果を含んだ「UV乳液」、ファンデーション効果を兼ね備えた「ティント乳液」などがあります。

 「UV乳液」には名前からも想像できるようにUVカット効果、つまり紫外線を防ぐ効果があります。また、シミやくすみなどを防止する美白成分も配合され、紫外線防止とWの効果で美白を促すものとされています。紫外線カット率は、製品に記載されているSPF数値やPA表記を確認しましょう。

 「ティント乳液」とは、いわば化粧下地の役割を担っている乳液です。メイクの工程で使用する化粧下地ですが、化粧水などのスキンケアを行ってから使用することになるもの。これをスキンケアの一工程で済ませられる、便利な製品というわけです。また、紫外線防止などの効果を含むものもあり、一本で乳液+化粧下地+日焼け止めの効果を得られ手間のかかるメイクを短縮できるメリットがあります。

 製品によっては「昼用」、「夜用」などと使用時間で分類されているものもあります。更に水分が多いもの、油分が多いものなど含まれる成分の割合が異なり、それにより使用感や役目が微妙に変化している様です。自分に合ったものを使用し、上手にスキンケアに取り入れてみて下さい。

化粧水と乳液すごすぎワロタ

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 基礎化粧品

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい

自宅でもOK。ピーリング石鹸の使い方と効能

 ケミカルピーリングというと、クリニックやサロンに定期的に通わなければならないという、悪く言えば“大袈裟”なイメージがありませんか?時間や手間、お金もバカになりません。しかし綺麗な肌には誰しも憧れるも

no image
「精製水」と「グリセリン」でオリジナル化粧水を作る方法

 手作りコスメを生成する上で重要なのは、配合するものが自分に合っているかどうか。自分の体質、肌質との相性の見極めや、自分が目的とする効能が得られるのかなどがポイントとなるでしょう。化粧品を作るにあたっ

スキンケアの工程の中で一番最初に行うこととなるクレンジング

 メイクをしている女性にとって、「クレンジング」でそれを落とすという行為を怠るわけにはいきません。クレンジングは「洗顔」とは異なるものであり、クレンジング剤を用いてメイクを落とすのが「クレンジング」、