美容って何だろう

      2016/12/09


オイルクレンジングのメリットとデメリット

 皆さんはメイク落としにどの様なクレンジングを使用しているでしょうか。ローションを用いた拭きとりタイプのものから、どの様な肌タイプにも使用し易いクリーム状のものなどがあるクレンジング。現在多く出回っているものの一つに「オイル」タイプのクレンジングがありますね。クレンジング製品の中でも主流なものとなっているオイルクレンジングですが、どの様な特徴をもっているのでしょうか。

スポンサーリンク

 まず、オイルクレンジングのメリットをあげていきたいと思います。その成分のほとんどが油分であるオイルクレンジング製品は、メイクを落とす力が非常に強力です。ファンデーションなど主な原料を油分とする親油性化粧品を落とすには、油分を馴染ませることで最も落ちやすくなります。現代メイクの特徴として、アイメイクを中心に重ね塗りや重ねづけといったしっかりメイクが主流になっています。そんなしっかりメイクを落とすには、クレンジングも強力なものを求めるニーズが高まり、オイルクレンジングの人気は高まっていったと考えられます。

敏感・乾燥肌に!皮脂に近い成分で洗う”オリーブオイル洗顔” | 洗顔って何だろう

 では、反対にデメリットはどういったところでしょうか。先にあげたオイルクレンジングの強力なメイクを落とす作用ですが、これこそがデメリットと言ってもよいでしょう。厳密には、メイク以外にも必要な油分までも洗い流してしまうといった点です。オイルクレンジング製品に多く含まれる成分として「界面活性剤」というものがあります。これは化粧品を始め、洗顔や化粧水などのケア用品にも含まれることのある成分。そもそも界面活性剤とは、水と油など性質の違うものの境界を変化させる物質のこと。例えば水と油はそれだけでは混ざり合わない者同士ですが、ここに界面活性剤を入れることで混ざりあうようになります。これを利用した製品は数多く、食器用洗剤など一般的に広く使用される洗浄剤に含まれています。水だけでは落ちない油汚れを界面活性剤の力により水に溶かし、落とすことができるという仕組みです。

 メイクのクレンジングも同様に、オイルタイプのものに含まれる界面活性剤の作用によりマスカラやファンデーションを落とします。特に石油系の合成界面活性剤と呼ばれるものはその洗浄力も強く、また泡立ちを良くするのにも多く使用されています。ただ、この成分はしばしば肌荒れの要因として挙げられることの多い成分でもあります。その要因としては、毒性の高さ、浸透性の高さ、そして残留性の高さが指摘されています。

 毒性の高さについてですが、合成界面活性剤はたんぱく質を破壊する性質があり、アトピーや湿疹、かぶれなどを招く恐れがあります。また、乾燥を促進し、これによりシミやシワができやすいとも言われているのです。

 浸透性の高さというと、合成界面活性剤は人間の皮脂膜や角質層などを破り体内に侵入すると言われています。そこから血液中に溶け込み、全身に流れていくというわけです。肝臓で分解することのできないこの成分は、肝臓障害や血液成分の減少、更には発がん補助などの症状に繋がるとも言われています。

 最後に残留性の高さですが、読んで字のごとく合成界面活性剤は残留性が非常に高く、通常のすすぎだけではなかなか洗い流すことができません。クレンジングを含め、洗顔において重要な工程であるすすぎですが、充分に洗い流しているつもりでも見えない成分が残っている可能性が高いのです。不完全なすすぎ残しは当然、肌荒れの原因になります。

 オイルクレンジング剤以外にも、私達は石鹸やシャンプーなど合成界面活性剤が使用されている製品を日常的に使用して生活しています。完全に避けることは不可能と言っても良いでしょう。ただ、お肌だけでもその様な成分をさけて使用することはできます。購入の際には成分を良く確認し、意識して選んでみてはいかがでしょうか。

 全てのオイルクレンジングが、合成界面活性剤の影響で悪いものだということはありません。一番は自身にあっているかどうか。例えばしっかりメイクする目元だけオイルクレンジングを使用し、あとはクリームなどの低刺激のものを使用するなど使い分けても良いでしょう。自分に合ったものを上手に使用して、スキンケアを心がけて下さい。

おすすめ記事

オリーブオイルクレンジングは効果は凄いけど注意点も要チェック

スキンケアの工程の中で一番最初に行うこととなるクレンジング

間違ったクレンジングをしていませんか?メイク落としはスキンケアの第一歩です。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 基礎化粧品 ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい

スキンケアの工程の中で一番最初に行うこととなるクレンジング

 メイクをしている女性にとって、「クレンジング」でそれを落とすという行為を怠るわけにはいきません。クレンジングは「洗顔」とは異なるものであり、クレンジング剤を用いてメイクを落とすのが「クレンジング」、

no image
間違ったクレンジングをしていませんか?メイク落としはスキンケアの第一歩です。

 毎日のメイクを落とすのに用いるクレンジング用品。ファンデーション、アイメイク、リップメイクなど全てのメイクを落とすのに必要なのがクレンジングです。正しいクレンジングが行えていなければ、その後の化粧水

no image
「精製水」と「グリセリン」でオリジナル化粧水を作る方法

 手作りコスメを生成する上で重要なのは、配合するものが自分に合っているかどうか。自分の体質、肌質との相性の見極めや、自分が目的とする効能が得られるのかなどがポイントとなるでしょう。化粧品を作るにあたっ