美容って何だろう

   


大人ニキビに最も必要な「脱NGケア」。根本的な原因を知り正しい対策を

一般的に、成人してからできるニキビは「大人ニキビ」と呼ばれています。

大人ニキビの対策には、今行っているNGケアを改めることが重要です。

中学?高校生にかけてニキビに悩まされていた筆者ですが、大人になってからも様々なタイミングでニキビができていました。

いい加減ニキビから解放されたいと、多くの対策を試してきたもの。

今思えば、闇雲に様々な方法へ手を出したことも良くなかったのかもしれません。

あなたがもし大人ニキビ対策に色々な手を尽くしているなら、その中に間違った方法がないかをチェックする必要があるでしょう。

スポンサーリンク

思春期と異なる大人ニキビの根本原因

思春期ニキビに効果を感じたケア用品が、大人ニキビにはあまり効果がみられなかった。

これは私自身が体験したことです。

同一人物が使っているのに、どうしてこのようなことが起きるのでしょうか。

思春期ニキビと大人ニキビとでは、発生する根本的な原因に違いがあるためと考えられます。

思春期ニキビと大人ニキビの違いとは?

毛穴の出口が詰まり、内部で皮脂が溜まってアクネ菌が繁殖、炎症を起こしてしまう。

ニキビの基本的なメカニズムは、思春期でも大人でも同じです。

大きな違いは、毛穴詰まりや皮脂過剰が起きる根本的な理由。

第二次性徴期である思春期は、ホルモンバランスの乱れによる皮脂過剰が起きやすいタイミングとされています。

男女両性の示す特徴。
早期から現れる生殖腺および内外生殖器の差を第1次性徴という。
また思春期前後から,主として生殖腺の活動によって顕著となってくる,男性の声変り,ひげの発生,女性の月経の開始,乳腺の発達,皮下脂肪の蓄積のような機能的な差異は第2次性徴といい,おもに性ホルモンの作用によって生じる。

性徴(せいちょう)とは – コトバンク

ホルモンバランスの中でも、男性ホルモンは皮脂を増やしたり角質を厚くする働きを持つと言われる物質。

男性ホルモンの作用が、ニキビを招く毛穴詰まりや皮脂過剰の最大理由となるでしょう。

体の仕組み上、いわば仕方のない現象とも言えるのが思春期ニキビなのです。

大人ニキビの根本的な原因は?

大人になってからは、一般的に思春期よりも生理的な皮脂過剰は落ち着いてくると考えられます。

スキンケアに自分でお金をかけられるようになり、あれもこれもと色々試したくなってくるでしょう。

今までやってきたケアをアレンジしたりと、自分なりのスキンケアが確立してくるタイミングでもあるはず。

また、社会人になると飲み会などで暴飲暴食の機会が増えたり、一人暮らしで自由な食事メニューに走るケースも十分考えられます。

仕事での寝不足や人間関係のストレスなど、生活リズムを乱す要素も珍しくないのでは。

自己流の間違ったケアで肌を傷つけたり、栄養の偏りや寝不足で肌の健康が損なわれる。

大人ニキビの理由になる皮脂過剰や毛穴詰まりは、こうした内外からの要因がいくつも絡んでいると思われます。

ニキビの発生リスクを高める要因が自然現象である思春期に対し、大人ニキビは自らが招いているケースが多いのではないでしょうか。

体質差にも注意が必要

個人的な意見ですが、ニキビのできやすさは元々の体質差も影響すると思われます。

暴飲暴食ばかりしてもニキビと無縁の人もいれば、スキンケアや生活習慣に気を配ってもニキビが治りにくい人もいるはずです。

私の経験上、体質差というのは最も大きな要因の1つで、思春期も大人にも共通することだと感じています。

大人ニキビを治す第一歩は「NGなスキンケア」をやめること

自分なりのスキンケアでこれまで頑張ってきたけど、大人ニキビがなかなか良くならない。

そんなあなたは、今のケアに間違っている点がないかを見直してみましょう。

私自身がNGケアを改めていった体験談を紹介するので、ここで正しいスキンケアの重要性を再確認してもらえると幸いです。

自己流ケアで大人ニキビが改善しない毎日

思春期ほどではないものの、社会人になってからもニキビが悩みの種でした。

当時はスキンケアに関する知識がほぼない状態で、自己流ケアを行う日々。

私は思春期の頃に乳液を付けすぎたせいか、ニキビがたくさんできてしまった過去がありました。

そのこともあり、ベタベタ保湿しすぎるのはニキビに良くない…と思い込んでいたのです。

洗顔後の化粧水やクリームは控えめにつけるのが当たり前になっていました。

化粧水の付け方を変えてニキビが減少?

社会に出てある程度自由にネット検索ができるようになった時、ふとニキビ対策について調べたことがあります。

その時目にしたのが、大人ニキビには乾燥が良くないという情報。

保湿をしっかりと行うことで、ニキビはもちろんお肌もキレイになるというのです。

「化粧水はケチらない」というような情報もあったと思うのですが、その時はまだ半信半疑でした。

オイリー肌に保湿のしすぎは良くないと思い込んでいましたから、そんなことで本当にニキビが良くなるのだろうか…と疑いつつ軽い気持ちで実践。

過去の失敗からクリームなど油分類を多くつけるのにはやはり抵抗があったので、まずは化粧水をたっぷりつけるところから始めました。

手に取る大きさで言うと500円玉くらい、それを1回つけます。

使う化粧水はこれまで使っていたものと同じです。

続けて実践していると、数日後にはニキビの発生が目に見えて落ち着いてきました。

これには自分でもビックリ。

なんとなくメイク乗りも良くなった記憶があります。

ただ化粧水をつける量を変えただけなのに、体感できるほどの効果を得られるとは夢にも思っていませんでした。

その頃から、正しいスキンケアの重要性を意識し始めたように思います。

なぜ大人ニキビに保湿が重要なのか

潤いが十分に維持されている肌は“バリア機能”が正常に働きます。

バリア機能は角質層や皮脂などにより作用するもので、皮膚の潤いをキープして水分の流出を防いだり、紫外線などの外的刺激から身を守る重要な存在。

保湿不足によりバリア機能が低下すると、肌水分の維持が困難になります。

角質層は剥がれやすくなり、刺激への抵抗力を失って乾燥も悪化するでしょう。

それを補うために「もっと肌を作ろう」と体が働くと、未熟な角質細胞が増加。

これが“ターンオーバーの乱れ”です。

本来の姿ではない未熟な状態では機能を十分発揮できないうえ、さらにそれを補おうと角質が増える…という悪循環も考えられます。

また、潤い不足をカバーしようと「皮脂をもっと分泌せよ」という指令も出されてしまい、余計な皮脂分泌が促進。

異常な角質の増加で毛穴出口が塞がりやすくなり、毛穴内部では皮脂の分泌が過剰になる……。

白ニキビや黒ニキビはもちろん、アクネ菌の繁殖を助長させ炎症ニキビへと発展することも想像できますね。

バリア機能低下によるターンオーバーの乱れが、保湿不足によるニキビ発生の基本的なメカニズムなのです。

NGケアがバリア機能低下やターンオーバーの乱れを招く?

「肌本来の機能低下」という根本原因が考えられる大人ニキビ。

なぜ機能低下が起きるのかというと、日々のNGケアが理由かもしれません。

例えばクレンジングや洗顔は、洗いすぎや合わない製品の使用で肌の潤いを奪う恐れが。

潤いが減少した肌は、上述のようにターンオーバーが乱れてしまい、乾燥やニキビといったトラブルの引き金になるのです。

先述した私の体験例も、保湿不足によるインナードライからの大人ニキビだったと推測できます。

インナードライとは、皮膚表面は皮脂が多く見えるけれど、肌内部は潤い不足の状態。

潤いが不足しているからこそ、それを補おうと皮脂過剰に陥っている肌です。

私のケースでは化粧水をたっぷりつけて良い効果を実感できましたが、実は化粧水自体に保湿効果はあまりありません。

特に“化粧品”に有効成分は含まれないので、使う場合は“薬用”と書かれた医薬部外品の美容液など、有効な保湿成分が含まれているものの方がおすすめできると思います。

当時の私の肌は、化粧水をしっかりつけるだけでも効果を実感できるほど基本的なケアができていない状態だったのかもしれません。

スポンサーリンク

基本的な正しいスキンケアの条件とは?

私が個人的に考える正しいスキンケアとは、「人それぞれの肌に合ったスキンケア」です。

体質差だけでなく、年齢や季節、体調などによってもその時合うスキンケアというのは違ってきます。

その時の自分の肌に合ったスキンケアを理解・判断することが、何よりも大切だと思うのです。

一般的な正しいスキンケアを紹介

ここで一人一人に合うスキンケアを提案することはできないので、一般的に考えられる正しいスキンケアを参考に自分に合うお手入れを確立していきましょう。

クレンジング、洗顔、基礎化粧品の流れで解説します。

1 クレンジングで素早くメイクを落とす。

ゴシゴシはNG。

時間の目安は1分以内。

(特別濃いメイクの日以外は、クリームなどの低刺激タイプをおすすめします)

2 洗顔料はしっかり泡立てて優しく洗う。

指と皮膚との摩擦は最低限に。

3 すすぎ残しがないよう、ぬるま湯で丁寧に洗い流す。

すすぎ後のタオルドライも優しく押し付けて水分をとり、ゴシゴシ拭かない。

4 化粧水を適量とり、ハンドプレスなどで顔全体に塗布する。

5 あれば美容液をつける。

化粧水で顔が濡れている状態でつけるのではなく、しっかり馴染んでから美容液にうつること。

6 最後にクリームや乳液を塗布する。

美容液の時と同様、直前の化粧品が肌に馴染んでから。

クレンジング&洗顔時のポイント

クレンジングは皮脂など必要な潤いを奪いやすい工程なので、メイク落ちが強いタイプを常用するのはおすすめしません。

クレンジングに配合される界面活性剤は、種類にもよりますが肌に負担をかけやすい成分の1つ。

そのためクレンジングには時間をかけ過ぎずに、優しく丁寧に落とすことが重要となります。

洗顔回数は朝晩2回だけで十分。

洗いすぎは必要な潤いを奪うリスクを高めます。

クレンジングの時もそうですが、顔を洗う際に強くゴシゴシこすると肌に強い負担がかかるので避けてください。

熱いお湯を使う、タオルで強く拭くなども同様に、肌へダメージを与える恐れがあるので控えましょう。

基礎化粧品の工程でのポイント

化粧水で顔がビシャビシャなまま、次の工程にうつるのはおすすめできません。

化粧水で肌を整えることは、次につける美容液などの成分を浸透しやすくする役目もあります。

化粧水すら馴染まないまま次にうつっても、有効成分の浸透率が高くなるとは考えにくいですよね。

ハンドプレスなどで丁寧に馴染ませてから、次のケアへ移りましょう。

また、保湿の工程では自分の肌タイプによって塗布する化粧品類の量を調節するのが良いかと思います。

例えば私の場合は皮脂が出やすいので、化粧水はたっぷり、クリームは基本的に少なめにし、特にTゾーンは他の部分よりも控えめに塗っています。

全てにおいて基本なのは、自分の肌に合っている洗顔料や化粧品を使うということです。

乱れやすい生活習慣にも気をつけて

上でも少し触れましたが、社会人になると付き合いと称した飲み会、徹夜での仕事、ジャンクフードや偏食……自由で乱れた生活習慣になるケースもあると思います。

睡眠中はお肌のターンオーバーが促進すると言われるため、十分な時間眠れないと肌代謝に支障をきたす恐れが。

お肌はあなたが食べたものの栄養で作られていますから、極端に偏った食生活では必要な栄養が不足することも想像できるでしょう。

息抜き程度に好きなものを食べたり夜遅くまで遊ぶのと、不規則な生活が習慣化しているのとはまったく違うはず。

基本的な規則正しいライフスタイルを心がけるとともに、適度にストレスを発散してニキビのリスクを減らしていきたいですね。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - ニキビ体験談

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

オイリー肌は要注意?乳液とニキビ増加リスクを経験談から考察

元々皮脂分泌が多い肌質の方は、基礎化粧品に含まれる油分にも気をつけましょう。 私の失敗談を元に、オイリー肌と乳液使用の注意点を解説します。 基礎化粧品の中でも、水分と油分を含むものが「乳液」です。 化

プロアクティブって効くの?実際に感じた効果や感想、使用の目安など

ニキビケアで有名な化粧品といえば「プロアクティブ」でしょう。 実際に使ったことのある筆者の体感、感想などをお届けします。 ニキビで悩む人なら、誰しも「プロアクティブ」の使用を検討したことがあるのでは?

皮膚科でニキビの相談!私が体験した治療法や効果

ニキビに悩む方にまず検討してもらいたいのが「皮膚科」での診察です。 なぜニキビで皮膚科なのか、受診した場合の治療法なども知っておきましょう。 初めてニキビができた時にやることといえば、自力でできる範囲