美容って何だろう

      2016/12/09


大人ニキビの原因と対策。生活習慣やホルモンの作用、ストレスなど

 久しぶりに顎にニキビができてしまいました…。

ニキビって、一つでもあると本当に気分がへこみますよね。

ニキビに悩んでいたころから考えると、たった一つくらいと思えば良い筈なんですが。

はい、人間は贅沢な生き物なのです。

s-201511-3_nocomment

スポンサーリンク

大人ニキビとは?

 顎にできるニキビを通称「大人ニキビ」と呼ぶことは、広く知られていると思います。

大人になってからできるニキビが顎やフェイスラインなどに多いことから、こう呼ばれています。

いわゆる「思春期ニキビ」とは違う「大人ニキビ」。

“ニキビ”のガイド項目でも触れていますが、ここではもう少しこの「大人ニキビ」を掘り下げてみたいと思います。

せっかく久しぶりにできたことなので…(嬉しくない)。

大人ニキビの原因

 「大人ニキビ」は、不規則な生活習慣、ストレスやホルモンバランスが崩れることなどが主な原因とされています。

顎を始め、フェイスラインや首筋にまで出現します。

何度も繰り返して同じ場所にできることも多く、治りにくいことも大きな悩みの種となりやすいのです。

 10代の頃とは肌質が変わっていることにも気をつけなければなりません。

若い頃の肌と違い、加齢とともに肌の新陳代謝が衰えてきますので、肌表面に古くなった角質が残り易くなります。

これが毛穴をふさぐことでアクネ菌などが繁殖しやすくなり、ニキビが出来る一因となっているのです。

行き過ぎたスキンケアはNG

 「皮脂が気になる」「清潔にしておきたい」などといって、過剰にまでスキンケアを行っていませんか?この行き過ぎたスキンケアもニキビを作る要因になります。

例えば洗顔。

綺麗にしておいた方がニキビができにくい、と思うかもしれません。

勿論、ニキビにとっても肌自身にとっても清潔にしておいた方が良いのですが、だからといって一日に何度も洗顔したり、ゴシゴシと強くこすったり…。

これでは、逆に肌を傷めてしまいます。

 洗顔のしすぎによって、肌に必要となる皮脂まで取り去られてしまうと、肌は傷つきやすく雑菌も繁殖し易い状態になります。

また、潤いを保とうと過剰に皮脂を分泌する原因に。

その為、ニキビが出来やすくなってしまうのです。

また、強くこすることはできているニキビに対しても良くないですし、肌にも強い刺激になってしまいます。

洗顔時、タオルドライの際には優しく行いましょう。

スポンサーリンク

乾燥が原因の場合も

 大人ニキビの原因の多くに、“乾燥”があります。

年齢を重ねるにつれ、多くの方が悩まされる肌トラブルの一つでもあるでしょう。

肌自体にも良くないうえに、ニキビの原因にまでなってしまうのです。

乾燥といっても、正確には“インナードライ”と呼んだ方が良いでしょう。

見た目は皮脂が多くテカリ易いものの、角質層が乾燥している状態です。

 見た目がテカっているのは、内部乾燥によって皮膚が「潤い不足だ!」と認識しているため。

余計な皮脂を出そうと働いた結果なんです。

角質層のたっぷり水分が保持されていれば、この様な事態も防げるはず。

ホルモンバランス

 女性であれば、生理前などにニキビが出来やすくなるという人も多いでしょう。

体内のホルモンバランスが関係しています。

生理周期の前半である、生理終了から排卵日までは「卵黄ホルモン」が優位にたちます。

この「卵黄ホルモン」には、肌に潤いを与えて滑らかに保つなどの作用があり、生理が終わった後に肌の調子が良いと感じることがあるのもこの為です。

 生理周期の後半、排卵後から次の生理までは「黄体ホルモン」が活発になります。

これは男性ホルモンと同じで、皮脂の分泌を促進させるなどの作用があるのです。

よって、「黄体ホルモン」が優位になり、皮脂分泌が盛んになる生理前はニキビができやすいと考えられます。

 女性の身体は生理周期と連動して、“高温期”と“低温期”を繰り返します。

「黄体ホルモン」優位の時期というのはいわゆる“高温期”であり、身体の中に熱がこもり易い状態になります。

これも、ニキビが出来やすい要因となるのではないでしょうか。

 身体は排せつや呼吸、発汗などで熱を逃がし、体内に熱がこもらないようにしています。

皮膚も同様であり、この働きが鈍っている人ほど肌トラブルが起きやすいといえるでしょう。

逆に、肌の働きが正常であれば、生理前などでも肌荒れが起きないはずです。

<追記>
肌が痒くなりやすい、敏感になる、赤ら顔なども熱のこもりが増すと出やすいと言われています。

ストレス

 さて、大人ニキビの原因で多くあげられる「ストレス」ですが、ニキビができる直接的な原因というより、ストレスでホルモンバランスを崩すことによってニキビができやすくなる、と考えた方がよいでしょう。

 私たちは様々なストレスに常にさらされています。

家庭環境、職場関係、子育て、睡眠不足、不規則な生活など。

あげればきりがありません。

季節の変わり目や便秘なども、身体にとっては負担となります。

また、ニキビそのものがストレスになるという悪循環も発生するでしょう。

 知らず知らずのうちに体内のホルモンバランスは崩れ、ニキビだけでなく体調不良ともなって表れます。

ストレスはうつ病など、現代病の原因ともなる大きな問題です。

全くストレスのない生活は不可能ですが、まずは生活習慣を改めるなどできることから始めてみましょう。

 「大人ニキビ」の原因は一つでない場合の方が多く、様々なことが理由となっているので改善も容易ではありません。

その原因を探りながら、自分に合った対策を取ることが第一歩といえます。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

2013-04作成
2016-06再編集

 - ニキビ ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい

年齢別スキンケア?10代はニキビ対策を中心に?

 私が本格的なメイクを覚えたのは高校生になる頃からでした。それまではメイクやスキンケアに対する深い知識もなく、雑誌などで得た情報でなんとなく試してみる程度でした。本格的に化粧をするようになると、自然と

思春期のニキビを悪化させる?NGな生活習慣やスキンケアを改善

 いつできても嫌なトラブル「ニキビ」。最近ニキビが増えてきたという10代後半の男子学生コウジさんからの質問です。

アトピー肌にピーリングはNG?アトピーのニキビ対策について

 ニキビ治療の一環として知られるピーリング。 ピーリングに興味がありつつも自身のアトピー体質が心配な20代後半のOL、ひなこさんのお悩みにスキンケアアドバイザーの「rihira」がお答えします。