美容って何だろう

      2016/12/09


思春期ニキビで悩んでいる方へ。まずは考え方から自分を変える一歩を

 10代の頃、気がつくと顔にポツポツと出来始め、あっという間に顔中に広がってしまうという人もいる「思春期ニキビ」。鏡を見ることすら苦痛になり、家の中に引きこもってしまうというレベルに達する方もおられます。外出したとしても、どうしても人目が気になってしまったり、顔を触らずにはいられなかったりと四六時中ニキビの事で頭がいっぱいという人もいるのでは?この苦しみは一体いつまで続くのだろうと、人生を悲観してしまうほど深刻なニキビ肌に陥っている。程度は様々ですが、その悩みは本人にしか分からないものです。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

思春期の頃のニキビ

 思春期に入ると皮脂分泌が盛んになり、常時ニキビが出来やすい状態にあると言えます。1つ2つでき、跡も残らず治るという程度なら良いのですが、これが頬やおでこといった部分的に集中する人や、顔全体に出来てしまうという人、赤みをもって跡が残りやすいニキビばかりの人などは深刻に悩んでしまいやすいでしょう。特にこの頃は、本来なら学業に専念しなければならない時期なのですが、ニキビによってそれすら困難になっているという人も珍しくないと思います。

 思春期ニキビが大量にできてしまうという人は、残念ながら体質によるものが大きいと私は思っています。これは私自身が体験したことでもありますが、似たような食事や生活(もちろん全く同じとは言いませんが)を送っていても、人によっては何もしなくともニキビとほぼ無縁の方もいますし、様々な対策を行っていても簡単にニキビが出来てしまう人もいます。単純に、生活を改善しましょう、スキンケアをこう変えましょう、だけの世界ではないのです。ニキビができにくい人には理解しにくいかもしれませんが、ニキビが大量にあるからといって不規則な生活を送っていたり、スキンケアを怠っているという見方は少なくとも間違っていると私は思います。

 もちろん、そういった不摂生が原因でニキビ肌に陥っているという方もいるでしょうし、そうしたことがニキビに要因になることも事実です。しかし、それらが主な原因である場合のニキビは軽傷の場合が多いと考えられます。理由は、その原因さえ改善すればニキビも改善するはずだから。重症化した人はそもそも原因が体質にあると思われるので、なかなか改善しない場合が多く気がつくと自分一人ではどうしようもなくなっている場合もあるのです。

悩むだけでなく、なんでも試してみよう

 なにも「体質だから諦めろ」と言っているのではありません。自分の肌に合ったお手入れがきっとあるはずです。私も様々なニキビケアを試してきました。スキンケア用品から健康食品やサプリメント、エステ、美顔器・・・。もちろん皮膚科に通っていた時期もありました。効き目を感じたものから効果が全く感じられなかったものまで多々ありましたが、思春期の頃に出会ったニキビケア用品で一時は救われました。ニキビに悩んでいる方は既に様々試している方も多いかとは思いますが、まだ自分の肌を改善してくれるものに出会っていない人も諦めずに探して頂きたいです。

他人はそんなに自分の肌を気にしていない

 「ニキビで悩んでいる」ということを打ち明けづらいと考えている方は珍しくないでしょう。特に思春期はただでさえ多感な時期で思い悩む事も多いうえに、外見を気にし始める時期でもあります。その外見の最も目につくのが顔。例え「自意識過剰」と言われても、自分がニキビ肌であればどうしても他人の目が気になるものでしょう。しかし、意外と他人はそんなに人の顔をマジマジと見ることはありません。見ると言っても顔の造りぐらいで、肌の状態までじっくり観察している人の方が稀なのです。というか、そんな人ちょっと嫌だと思いませんか?

 鏡で自分の顔を見る時は、相当至近距離で見ているはずです。それを他人と会話するぐらいまで離してみて下さい。いつもよりニキビが気にならないのでは?向かい合ってじっくり話さない限り、顔の隅々の状態まではそれほど見えないはずです。少し考え方を前向きにするだけでも、ニキビに悩まされる人生と決別する一歩になるはずです。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - ニキビ

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい

ニキビ跡の種類とそれぞれの対策

 一言にニキビ跡といってもいくつかの種類に分類されます。ここではその種類ごとの特徴と、対策についてまとめています。  ニキビができることによって発生する「ニキビ跡」。ニキビ跡は必ず残るものではありませ

ニキビを潰すクセを治したい!跡が残るリスクを理解しよう

 ニキビができると、つい触ったり潰したり・・・いけないとわかっていても、やめられない時があります。 そんな厄介な癖に悩んでいる20代女性・はるひさんからの質問にスキンケアアドバイザー「rihira」が

ニキビと遺伝の関係、体質改善と環境要因への対策

 見た目の特徴やアレルギーなど、人の体は遺伝の影響を大きく受けます。ではニキビに関してはどうなのでしょうか。  ニキビそのものに関しては遺伝性の疾患ではありません。しかし、ニキビができやすいか否かは遺