美容って何だろう

肌の老化

 私たちの身体は日々年を重ねていますが、それはお肌も同じこと。肌の老化を完全に止めることはできませんが、毎日の積み重ねで抑制することはできます。肌の老化原因から、その対策をみていきましょう。

紫外線

 “光老化”と呼ばれる原因が「紫外線」です。わずか数分間浴びるだけでも肌にダメージを与えているといわれ、これを長い期間浴びることによってシワやしみ、たるみなどの原因になります。紫外線には「UV-A」と「UV-B」と呼ばれるものがあります。

「UV-A」とは、波長が長く雲やガラスなどを通り抜ける為、室内にいても肌にダメージを与えているのです。その量はUV-Bの20倍~30倍。肌の真皮にまで到達するのでコラーゲンエラスチンにダメージを与えシワやたるみの大きな要因になります。

また、肌の免疫力も低下させ、新たなコラーゲンやエラスチンの生成能力も下がってしまうのです。そして「UV-B」は、晴れた日に発生する紫外線で肌表面のメラニン細胞を活性化させます。これにより多量のメラニンが発生し、日焼けのもととなるのです。

強力なエネルギーを持っており、しみや皮膚がんの一因といわれています。メラニン細胞は、もともと紫外線から真皮を守るために存在しています。ですが強烈な紫外線により黒い色のメラニン色素を多量につくりだせば、しみや日焼けの原因になってしまい美白の敵となりかねません。

 紫外線は肌の老化の最大の要因といわれています。普段外部にさらされないお尻などの皮膚と顔の皮膚の違いを比べれば一目瞭然。特にUV-Aは天気や季節、場所を問わず一年中対策をとるようにしましょう。UV-Bは晴れた日、季節でいうと5月~9月に最も放射量が多いとされています。

通常の日差しであればSPF20、強い日差しであればSPF30程度の日焼け止めをお勧めします。また、スキーやマリンスポーツなど日の照り返しが激しい場合はSPF50のものでしっかりと紫外線対策をしておく必要がありそうです。

乾燥

 加齢と共に肌の潤いがなくなっていくのは、誰しも実感しているものではないでしょうか。20歳をピークに減少し始めるといわれ、多くの人が悩まされている肌トラブルの一つでもあります。この乾燥も、肌の老化の一因。

角質の潤いを保持する天然の保湿成分が加齢と共に減ることがその原因といわれています。角質層全体に水分を保ち、肌を潤わせる「天然保湿因子」、ラメラ構造と呼ばれる多重層構造で水分をしっかりキープする「角質細胞間脂質」、そして皮膚の乾燥を防ぐために皮脂膜をはっている「皮脂」。

主にこれら3つの保湿成分が皮膚の潤いを保ち、みずみずしい素肌を作り出しています。しかし加齢による女性ホルモンの減少から、皮脂膜の分泌量は減少し、肌は乾燥しやすい状態になります。角質層の水分が奪われると細胞が縮み弾力や張りが失われ、小じわや目じりのしわなどの原因となるのです。縮んだ細胞間にできた隙間は水分が蒸発しやすい状況の為、更なる乾燥を招きます。

 乾燥を防ぐために、日々の保湿ケアは欠かさず行いましょう。「天然保湿因子」の主成分である“アミノ酸”や「角質細胞間脂質」の主成分“セラミド”などが配合されたケア用品がお勧めです。それでも乾燥がひどい場合は、オイル系の保湿用品を上から塗って水分の蒸発を防ぐのも効果的です。

多様な要因

 それ以外にも、細胞の酸化や女性ホルモンの減少などが老化の進行を促進しています。私たちの身体は酸素を取り込むと、一部が変形し「活性酸素」という物質ができます。これは脂質と結合し、細胞の酸化を促す、つまり「さびつかせる」のです。
これらが要因となり真皮のコラーゲンなどもダメージを受け、肌は弾力を失い老化していくのです。また、細胞の酸化は紫外線を始め、喫煙や食生活の乱れ、ストレス、大気汚染などといったものも一因となります。

 女性ホルモンには、美肌作りと関連が深いとされる「エストロゲン」と呼ばれるものがあり、これは代謝を向上させシミやしわを予防します。「プロゲステロン」という女性ホルモンも肌や髪の潤いには欠かせないもの。
また、女性ホルモンにはコラーゲンの生成を促す作用や紫外線からのダメージを軽減させてくれる効果もあるといわれています。しかし、20歳を超えると女性ホルモンは減少し、40代の頃には10代の頃と比べるとおよそ4分の1程度しか分泌されなくなってしまうのです。

 細胞の酸化を防ぐのにビタミンやミネラルなどの抗酸化成分を含んだ食品を積極的に摂取すると良いでしょう。今ではサプリメントなどでも手軽に取ることができます。また、成長ホルモンの分泌が活発になる夜はしっかりと睡眠をとる事。
他にも軽い有酸素運動などで身体を動かすこともホルモン不足解消に有効です。大豆イソフラボンといった、女性ホルモンに似た作用をもつ栄養素を食品やケア用品で取り入れるのも効果的な手段といえるでしょう。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

肌の老化に関連する記事


skincare_after_bath_20150713

肌老化防止の為に今すぐ実行すべきエイジングケア~紫外線・乾燥対策ほか

記事を読むのに必要な時間: 356


before_sleep20150719

活性酸素を除去して抗老化、美肌、病気予防に効く「SOD酵素」とは

記事を読むのに必要な時間: 350


skincare_after_bath_20150713

美容オイルのニューカマー「マルラオイル」には抗老化、保湿効果があった

記事を読むのに必要な時間: 357


a1190_000079

老化予防に効く「シナモン」、他にも嬉しい効果が一杯

記事を読むのに必要な時間: 333


老化を早める食事には「糖分」が深く関わっていた?劣化タンパク質「AGEs(AGE)」

老化を早める食事には「糖分」が深く関わっていた?劣化タンパク質「AGEs(AGE)」

記事を読むのに必要な時間: 319


肌の老化

肌の老化

 
2012/03/04
  

記事を読むのに必要な時間: 411


s-201509-3_nocoment

乾燥による肌荒れ対策、洗顔のしすぎなど間違ったスキンケアに注意

記事を読むのに必要な時間: 812


s-2015-07-30-1noword

青パパイヤに豊富な「パパイン」は角質ケアやダイエットに有効!

 
2016/03/04
  
食事と美容 ,

記事を読むのに必要な時間: 414

公開日:
最終更新日:2016/03/23