美容って何だろう

肌荒れしないために

 肌荒れの原因が分かればそれに対応した対策を行っていきましょう。

 

食生活と栄養素

 脂っこいものやインスタント食品など、偏った食生活で肌荒れを招いていませんか?特にニキビができやすいオイリー肌の方は、必要以上の油分摂取は好ましくありませんし、逆に乾燥肌の人は十分に油分が摂取出来ていないかも。食事というのは肌荒れ体質改善の為の重要な要素の一つです。

 

ビタミンB群

 ビタミンB2は脂質、糖質の代謝を促し健康な皮膚や髪の精製に必要な栄養素です。また皮脂の量をコントロールしてくれる役割ももっています。豚肉、わかめ、納豆、乳製品、玄米などに含まれます。ビタミンB6はタンパク質の代謝を促進させ、皮膚の抵抗力を強めお肌の回復や維持に重要です。カツオ、いわし、さんまなどの魚類やホウレンソウなどにも含まれます。特にこの二つのビタミンは合わせて取ることにより効果を増します。

 

ビタミンA

 皮膚や粘膜などの免疫力を高め、老化も予防します。にんじん、春菊など主に緑黄色野菜に多く含まれる栄養素です。

 

ビタミンC

 ビタミンCは肌の張りや潤いを保つコラーゲンの生成に必要な成分です。また、抗酸化作用の働きによりしみを予防します。美白に良いといわれるのは、酵素チロシナーゼの分泌を抑制しメラニン色素の生成を抑える為。過剰な皮脂や炎症を抑え、更にはストレスの緩和にも効果があります。いちごやみかんといった果物の他、ジャガイモやピーマンからも摂取できます。

 

食物繊維や乳酸菌

 なぜこのような栄養素が肌にとって大切かというと、肌荒れは腸内環境と密接に関係しているからです。便秘は腸内に排出されるべき毒素が便となり溜まった状態。排出されない便は腐敗し有毒ガスを発生させ、それは腸壁から血流に溶けて全身へ行き渡ります。
血流に毒素が溶け込むと当然血液の流れも悪くなり、栄養の循環も満足にいきません。栄養がしっかりいきとどかなければ免疫力の低下を招き、肌の抵抗力も弱まるので肌荒れしやすい状態に。また、血流が悪くなると代謝も下がります。
こうなると肌の生まれ変わりのサイクルである「ターンオーバー」が正常に機能しなくなり、肌のシワやたるみの原因となるのです。肌荒れを防ぐには便秘の解消、それには食物繊維や乳酸菌といった腸内環境を良好にする成分が必要となってきます。
食物繊維は腸内で老廃物などを絡めて便のかさを増し、便通を良くします。また、乳酸菌は腸内の善玉菌を増殖させ、活動を活性化させる働きがあります。食物繊維は豆類、穀物、野菜に多く、乳酸菌はヨーグルトや納豆、キムチといった発酵食品に含まれています。

スポンサーリンク

ストレス解消

 ストレスのない人など存在しません。大なり小なり、人は何かしらストレスを抱えて生きています。ですが余りに大きなストレスは体調不良や肌荒れの大きなもと。人それぞれ性格や考え方により差がありますが、少しでも「溜めこまない」ようにするのが大切です。男性に多いのは仕事の過労や職場での人間関係。女性で言うと妊娠、月経など特有なものから家庭内の環境などがあげられます。

 

運動で解消

 身体を動かすことはストレス解消に有効です。適度な運動は神経や筋肉の緊張を和らげ、ストレスホルモンの分泌を減少させてくれます。毎日続けられる軽いジョギングなどの有酸素運動がお勧めです。身体も温まり心身ともに爽快な気分になれるでしょう。この様な適度な運動を継続的に行う事で様々な神経機能の強化もはかれ、ストレスに対する耐性もつけられます。

 

趣味で解消

 趣味や好きな事でストレスを発散しましょう。カラオケ、買い物、読書、映画。特に“楽しい”“嬉しい”といった感情は脳にも良い作用です。普段から余り趣味に時間を取れない人も、週に1度か2度は自分へのご褒美としてちょっとした楽しみを持ちましょう。ただ、暴飲暴食による発散は、それを行った後の体調不良や後悔で悪循環になり易いので要注意です。どうしても食べたいときはできるだけ加減をして、「この1度位で太ったり荒れたりしない」という気持ちを持つのも一つの考え方といえます。

 

ストレスと栄養素

 ストレスに対する防衛機能として「コレステロール」や「ビタミンC」、「タンパク質」といった成分が、ストレスから身体を守るホルモンを作り出す為に使われます。中でも抗酸化作用をもつ「ビタミンC」の使用による減少は、身体の免疫力を保つ上であまりよくありません。
ビタミンCが不足すればストレスに対する防衛機能だけでなく、免疫力の低下から不調を招く為、食品からの摂取が難しい場合はサプリメントを利用するのも良いでしょう。その他にもビタミンB群は神経の働きを安定させ、ストレス耐性を高めるパントテン酸なども有効とされています。

 

その他の要因

 

睡眠時間

 成長ホルモンの分泌が盛んになり肌の生まれ変わりが起こる22時~2時を含め、7~8時間は睡眠を取るよう心がけましょう。ハーブティーを飲んだり湯船につかったりしてリラックスした状態で寝るのがより熟睡しやすいといえます。

 

喫煙

 喫煙はビタミンCの減少を促進させてしまいます。また、煙草に含まれるニコチンの作用により血流が悪くなり、免疫力低下から肌荒れを起こしやすい状態になります。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

公開日:
最終更新日:2016/03/14