美容って何だろう

      2016/12/09


妊娠中の体重管理について

 妊娠中に多くの人が悩まされるであろう「体重管理」。筆者自身が病院で体験したことや、体重管理に役立つ食事メニューなどもご紹介します。

35_original2

 昔の人の言葉で、「妊婦は二人分食べなさい」なんてものがあります。妊婦自身の分とお腹の中の胎児の分、二人分の栄養を取りなさいという意味ですね。この言葉自体は栄養をしっかり取ってほしいという、ありがたい意味の言葉なのでしょう。しかし実際に二人分食べるのはいかがなものでしょうか。

 私の母の話ですが、同様に上記の言葉を周りに言われたそうです。生まれて初めての妊娠だったので何も分からず、そのまま言われたように食べたいまま食べていたそう。すると体重はみるみる増え、産後のお腹には妊娠線がびっしり。その教訓から母は二人目以降、食事に気をつけて腹帯もがっちり巻いていたそう。しかし最初の妊娠の跡はそのままで、なんいというかしぼんだ風船そのものに。生んでもらっておいて恐縮ですが、「こんなお腹にだけは絶対なりたくない!」と思ったものです(すみません)。

スポンサーリンク

体重管理の必要性はあるのか

 昨今ではあまり厳しく体重管理を行う病院も少なくなっているかもしれませんね。私は異なる病院での出産経験がありますが、一方ではゆるく、一方では厳しく、といった感じでした。前者は大きな総合病院で若い先生、後者はベテランの先生で昔からある人気の高い病院でした。若い方の先生からは「今の体重なら10kg以上増えても問題ない」という感じで言われましたが、後者の先生は体重にかかわらず「炭水化物を取り過ぎない。おかずはたくさん摂る!」ということを言われました。

 妊娠中になぜ体重管理が必要になるのか。一つは胎児が大きくなりすぎてしまい、難産になる危険性があるためです。また、妊婦自身が太りすぎると山道に脂肪がついてしまい、これも難産に繋がる危険性があります。太るということよりも、急激に体重が増えてしまうと妊娠中毒症などの危険もありますのでそうした観点から体重管理が行われています。決して美容目的ではなく、妊婦と胎児の命を守るためにある程度は必要なことなのでしょうね。

 しかし最近では美容目的を重視して体重管理を行う妊婦さんも珍しくありません。私はそれを決して悪いこととは思いません。ただし、それが適切な範囲内であるかどうかであってこそ言えるもので、胎児に十分な栄養が行き渡らなくなったり自身の体調を悪くするほどの制限は行うべきではありません。体重が増えていても胎児が思ったほど大きくない人もいますし、その逆も有り得ますから一概にこれが良いとも言いにくいですね。本当に人それぞれの妊娠、出産があるのだと思います。

体重管理に役立ったレシピ「野菜たっぷりの雑炊」

 妊婦なのだから体重が増えて当たり前、と気楽に考えることが一番なのですが、そうもいかないのが女心というもの。しかし必要な栄養はしっかり取らなければならない。量も内容も満足のいく食事ができないということは、それだけでストレスになりますよね。私が体重・栄養を気にして作っていたレシピが「野菜たっぷりの雑炊」です。使用する野菜はお好みのものでOK。じゃがいもなどの芋類を入れると満足感が増すのでオススメです。

 雑炊なのでごはんも入れますが、ご飯の量はお茶碗に3分の1程度で十分。野菜はたっぷり、どんぶりに一杯くらい作れるように入れましょう。雑炊にすることでお米は水を吸ってかさが増します。ですから少量でもお腹が満たされるのです。私はきのこ類やじゃがいも、さつまいも、白菜、大根などをよく入れていました(丁度秋?冬の時期だったので、その時期に出回っていた野菜がメインでした)。味付けは和風ダシなどを使ってシンプルに。入れすぎると塩分が多くなるので注意してください。

 体重が増えすぎて自分でも“やばいかも”と思った時期、夜ご飯をこのメニューに切り替えました。すると2週間ほど後の検診で体重が減っていたものの、胎児の成長は問題なく。それだけでなく、肌の調子が良くなり便通もスムーズになったのです。妊娠中に関係なく、肌荒れや便秘中の人にもおすすめかもしれませんね。タンパク質の不足が気になる方は魚やささみ、卵などを加えても良いでしょう。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 妊娠

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

[体験談]妊娠中や産後のメンタルの変化

 妊娠中や産後に訪れる精神バランスの乱れ「マタニティブルー」。その症状はどのようなものか。また、マタニティブルーだけでなく妊娠中の精神的な悩みを筆者の体験談からお話します。  妊娠によって伴う変化は身

妊娠による肌の変化と対処法、敏感な肌に使える化粧水を教えて

妊娠や出産は、女性の体に大きな変化をもたらします。 お肌にもその影響がある場合が。 妊娠初期のお肌の変化に悩む29歳女性・もえさんからの質問にスキンケアアドバイザー「rihira」がお答えします。

妊娠線はなぜできる?予防のカギは“体重管理”と“保湿”

 妊娠にまつわる悩みの一つ「妊娠線」。あなたはどんな対策をしていますか?もし気になるのであれば、早めの予防が肝心かもしれません。  妊娠すると赤ちゃんの成長に従ってお腹も大きく膨らんできます。同時に皮