美容って何だろう

      2016/12/09


産後の身体のトラブル?ホルモン変化による肌トラブルなど

 お産後ようやく2週間が経過しました。一日中赤ちゃんと一緒にいると、まだ2週間しか経っていないのにそれよりもずっと長い間過ごしている様な気になります。実際、お腹の中でおよそ10カ月の間一緒に過ごしてきたわけですから、そんな気になるのも当然かもしれませんね。

 産後の体型戻しに関しては先日ふれたものの、その他の変化についてはふれていませんでしたね。体型以外にも悩まされる人が多いとされるのが「お肌」の変化。なぜその様なことが起こるのか、また産後に起こり易いと言われる肌トラブルはどんなものかあるか、あげてみました。

スポンサーリンク

 妊娠することもそうですが、出産後は体内のホルモンの影響により体質が変化することで様々なトラブルが起きやすくなると言われています。そのトラブルとは、シミやそばかす、くすみなどといったものから乳頭の黒ずみ、脱毛など本当に身体のあらゆる部分で表れてきます。出産直後の体内の状態は、劇的なホルモンの変化により肌荒れや湿疹といった肌トラブルが起きやすいもの。このホルモンの状態はおよそ半年ほどかけて徐々に妊娠前の状態に戻るとされています。産後すぐはホルモンの影響もさることながら、夜中に授乳を行うなど睡眠不足などの疲労も重なり易い時期です。肌ケアも疎かになりがちな時期といえ、肌トラブルに拍車をかける事態になっている人も少なくないのではないでしょうか。

N866_hahaoyanoyubiwonigiruakago

 また、妊娠前や産前と肌体質が変わってしまう人もいるようです。「脂性肌だったのに乾燥肌になった」という人や「普通肌が敏感肌に」といった具合です。肌の本質そのものが変わってしまっては、これまで行っていたスキンケアでは対応できなくなっていても不思議ではありません。肌の質が変化したと感じた人は、その状態をよく把握し状態に合わせたスキンケア用品に変えてみましょう。育児に追われ心身ともに大変な時期です。メイクに割く時間がないママも基本的なスキンケアだけはおろそかにせず、肌荒れを悪化させないようにしたいものです。

 妊娠すると黄体ホルモンが増える為、メラニン色素が増加します。これにより色素沈着が起こり易くなるため、シミやそばかすが出来やすくなったり濃くなったりといったことが多くみられます。乳頭が黒ずむといった症状もこのためです。産後、ホルモンの状態が落ち着くとともに濃くなったシミなども薄くなっていきますが、ホルモンの状態が元通りになった後でも残ったままのものはなくすことができないと言われています。ただ、それ以上濃くしないための対策として、UVケアを徹底しビタミンCの摂取を心がけるといったことを意識しましょう。

 肌トラブル以外に多い悩みが「脱毛」。妊娠中、増加していた女性ホルモンが出産を期に急激に減少します。その為一時的に抜け毛が酷くなる場合があるようです。抜け毛だけでなく、白髪が増えてしまったり切れ毛やふけ、パサつきが出てくるなど人によってそのトラブルも違います。私も髪の毛のトラブルは経験済みで、私の場合は切れ毛に悩まされました。髪の毛のトラブルはホルモンバランスが正常に戻る頃には解消すると言われています。私も前回の出産後、暫くすると切れ毛が気にならなくなりました。勿論、それまでに積極的にケアを行うのも得策です。ヘアケア用品に気をつけるほか、食事の栄養面でも改善ができます。髪の毛はタンパク質でつくられていますので、肉類や大豆といったものの摂取の他、わかめや海藻類などミネラルを豊富に含むものも積極的に摂取すると良いでしょう。

 肌荒れや脱毛に共通して言えることですが、産後の生活の変化による疲労やストレスが症状を悪化させている場合があります。慣れない授乳、それを夜中に何回も行わなければならず、睡眠不足で食欲もわかない…。赤ちゃんによっても様々に対応しなければならず、生活リズムが不規則になり体調も崩しやすいものです。それでなくとも産後体力を消耗しきっている身体ですので、どんなトラブルが起きてもおかしくありません。また、母乳や赤ちゃんのお世話など、育児そのものに悩みや不安を抱えてはいませんか?その悩みや不安が更なるストレスの元となり、悪循環を招いている場合も珍しくありません。肌荒れや脱毛といったトラブルだけでも気持ちが沈んで辛い思いになるものです。そこに育児の不安や疲れ、ストレスが重なれば体調不良を招いても無理もないでしょう。

 育児にまつわるストレスや不安を決して一人で抱え込まないようにして下さい。赤ちゃんがどうしても泣きやまない時、少しだけ赤ちゃんと距離を置いて気持ちを落ち着ける時間を作ってみて下さい。赤ちゃんが眠っている間、睡眠が十分にとれていない人は少しでも一緒に眠る様にして下さい。そしてなるべくストレスを溜めないように、好きなおやつを食べたり音楽を聴いたりと、育児の合間にもできる手軽なストレス解消法を見つけておきましょう。最初は辛いことも多いかもしれませんが、自分の子と一緒に母親も成長していくものです。

2012-08-24初稿
2013-06-24再編集

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 産後 , , ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

女性ホルモンの変化で起こる産後の抜け毛

 体験した人はお分かりかと思いますが、マタニティライフというのは想像以上に過酷なものです。もちろん、命を育むという貴重な体験でもありますが、精神的に非常に追い込まれる人もいるほど辛いこともあるもの。そ

産後の体型を戻す方法

 先日無事に出産を終え、可愛い我が子との対面を果たすことができました。可愛い赤ちゃんは世の中にたくさんいると思いますが、やはり新生児は別格です。それが自分の子ともなれば、その思いは一際大きくなるもの。