美容って何だろう

      2016/12/09


着やせして見せる為の2つのテクニック

288_original

 おしゃれをしたいのに、最近自分の体型を見てそれを諦めている人はいませんか?忙しくてダイエットなんてする暇もないのが多い現代人。だけど、可愛い洋服を着たりおしゃれなコーディネートを楽しみたい。そういった人たちの中には、自分の体型を気にするあまりにいつも同じような服装ばかりしている人もいるかもしれません。無理なダイエットや我慢をする前に、少し考え方を変えてみましょう。おしゃれをしながら、尚且つ気になる体型もカバーできたら理想ですよね。そんな時は着やせのテクニックを利用しましょう。思い悩んで諦めるより、頭を使って少しでも楽しめる方法を探したほうがよっぽど利口だと思いませんか?

スポンサーリンク

テクニックその1:目の錯覚を利用する

ストライプとボーダー

 ご存知の方も多いと思われるのがストライプとボーダー、どちらの方がスタイルがよく見えるかという質問。柄はよく似ているのに、来てみると随分印象が違うことがわかると思います。痩せて見せたい場合は、縦のラインを強調することがポイントです。よって、縦縞であるストライプ柄の方が細く見えます。特にストライプの線が細い方がスッキリとした印象になるでしょう。逆に横縞であるボーダー柄は、横に広がって見えるので実際の体型よりも膨張した印象になってしまいます。

 ストライプ柄には背を高く見せる効果もあります。他にも縦の線を強調するような服も同様です。センタープレスのパンツや、サイドに縦のラインが入っているパンツを履くと脚を長く見せる美脚効果が期待できます。

切り替えラインの位置はどこ?

 ワンピースなどに多いのが、エンパイアタイプのもの。エンパイアとは胸下に切り替えラインが入っているもので、このラインの位置によって体型の印象も違ってくるのです。スタイルがよく見えるためには、高い位置に目線を持ってくる必要があります。よって、ラインの位置が高いほうがすらりとした印象を持たせることができるでしょう。切り替えラインが胸のすぐ下あたりにあるものだとすっきり見えるはず。逆に腰のラインかそれより下あたりだと、同じ体型でも少しずんぐりした見え方になるかもしれません。

同じ長さでもデザインの違いで選ぶ

 あらゆる洋服には目の錯覚を利用したものが多数存在しています。先端を開くことで美脚効果を狙うものには、ブーツカットやセミフレアー、ハイウエストのパンツなどが当てはまります。逆に先端を閉じることで短く見せることのできるものは、個性的な襟のついたトップスなど。胴長体型をカバーすることができるでしょう。

テクニックその2:カラーコーディネート

色の持つ印象を知る

 色はそれぞれ見たときに持つ印象が違いますね。「収縮色」、「膨張色」、「進出色」、「後退色」とがあり、これらはそれぞれ“暖色系”か“寒色系”かに分類できます。暖色系の色になるのが「膨張色」と「進出色」。実際よりも大きく、より近くに感じる色です。反対に寒色系に分類されるのが「収縮色」と「後退色」。実物よりも小さく、より遠く感じる色がこれに当てはまります。着やせの観点から言えば、後者の寒色系の色を利用することで体型をカバーすることができます。また、部分的に寒色系のものを用いることで、気になる部分だけを引き締めて見せる効果もあります。

 いくら寒色系だからといって、その色ばかりを用いれば良いというものでもないようです。例えば黒は寒色系の色ですが、全身を黒系の色ばかりで統一するよりも差し色に暖色系の色である白や赤などを取り入れることで、それがアクセントになり引き締まって見える場合があります。着こなしの際には「ベースカラー」、「アソートカラー」、「アクセントカラー」の割合を考え、それぞれ「7:2.5:0.5」程度の割合でまとめるのがコーディネートの基本となります。ベース、アソートに配置するカラーを寒色系でまとめ、アクセントには暖色系の色を配置すると着やせ効果をうまく引き出せるでしょう。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - ファッション

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい

ブーツの匂いを取るには乾燥&清潔で雑菌を抑えるのがポイント

 秋冬のオシャレといえば「ブーツ」!可愛くオシャレに見える一方、気になるのはブーツの中の臭い・・・早速対策しておきましょう。

自分のパーソナルカラーを知ることでより輝くことが出来る

 誰しも自分の好きな色というものがあるかと思います。しかし、自分の好きな色と自分に似合う色が必ずしも一致しているかというと、そうではありません。皆さんは自分の好みとは関係なく、どんな色が自分に似合って

ブーツを履くと足がむくむ理由とむくみ防止法

 一年の中でも特に可愛く感じるのが冬場のファッション。コートやファーなど暖かな着こなしでおしゃれにも気を配りたいですね。また、足元のおしゃれも欠かせません。冬に重宝する足元アイテムといえば「ブーツ」で