美容って何だろう

      2016/12/08


美容効果があるとされる“ピンク呼吸法”とは!?

 “ピンク呼吸法”というものをご存知ですか?ピンクといえば可愛い色というイメージがありますが、これが美容に大きな効果をもたらすのだそうです。

a1180_015084

 色がもたらす効果は非常に大きいですね。服の色が違うだけで、その人の印象を180度変えてしまうこともできるでしょう。気分によって選択したい色もあるはず。中でも“ピンク”は女性にとって特別な意味を持つ色のようです。また、そんなピンクを活用した“ピンク呼吸法”が高い美容効果を持つと言われています。

スポンサーリンク

ピンク呼吸法とは?

 
 元々はアメリカに住む女性が編み出したものとされています。この女性は60歳近い年齢でしたが、朝晩にピンク呼吸法を実践し続けたことで「見た目年齢マイナス20歳」を実現させたのだそう。実際にその写真を見てみると、確かにピンク呼吸法を実践した後の方が若返って見えます。

 名前だけ聞くとどんな呼吸法なのか想像がつきにくいですね。でも実際の方法は至ってシンプルなものです。ピンク呼吸法は道具なども必要ありませんし、お金がかかる心配もありません。自分の体一つでどこでも手軽に実践できる、とってもリーズナブルな美容法とも言えるでしょう。

ピンク呼吸法のやり方

 
 まずはリラックスして、心身ともに落ち着いた状態にしましょう。そして体の中にある毒素を吐き出すイメージで息を吐きます。次に頭の中にピンクの色をイメージしてください。綺麗なピンク色をイメージした状態のまま、息を吸い込みましょう。そのまま暫く息を止め、ピンクの空気が体の嫌な部分や改善したい部分に行き渡るイメージを想像します。例えば出来てしまったシミやしわなどの部分ですね。後はゆっくりと息を吐くだけ。ここまでを3回繰り返しましょう。

 気になる部分を連想するほかには、「綺麗になっている」、「若返っている」というイメージで行うのも良いようですね。ピンク呼吸法は実践する時間を決めて毎日行い、特に起床後すぐや就寝前にするのが効果的と言われています。ピンクの色がなかなかイメージできない人は、実際に綺麗なピンク色のものを見ながら行ったり、ピンクを連想するバラなどの香りをかぎながら行うと良いようです。

スポンサーリンク

ピンク呼吸法の美容効果

【アンチエイジング効果】

 やはり“アンチエイジング”の効果の大きさが注目されていますね。元々の考案者が自らそれを証明しているので期待できそうです。そもそもピンクという色には新陳代謝をアップさせ、若返りの効果があると言われています。ピンク呼吸法とともに、身近にピンクのアイテムを用意しておくのも良いようですね。確かに綺麗なピンク色を見ると、なんとなく気分が若返る気になりませんか?

【リラックス効果】

 他には“リラックス効果”が挙げられます。ピンクには心理的に興奮状態を落ち着かせる効果があり、筋肉をほぐして心身ともにリラックスさせる働きがあります。イライラを沈めるのにも有効なので、ちょっとストレスでいらだった時にもピンク呼吸法が役立ちそうですね。

【女性ホルモン活性化】

 女性ホルモンの働きを高めることで、美肌などの嬉しい効果も期待できるようです。女性ホルモンと美肌は切っても切れない関係。いつまでも若々しい、美しい肌でいるためにはホルモンバランスを上手に保つことが必要です。また、生理不順や更年期障害などの女性にとって重要な問題の改善にも有効なのだそう。ホルモンバランスを正常にさせ、内分泌を活発にさせる働きがピンクには秘められています。

 いかがでしたか?ピンクというと、若い人限定の色・・・と思っている人も少なくないのでは?しかしピンク呼吸法は実際にピンクを身につけなくてもその有効作用を得られるということで、年齢を問わずに実践することが出来ますね。美肌で有名な女優の小雪さんも行っている、という情報もあるとか。手軽に始められるのも魅力なので、気になった方は早速実践してみてはいかがでしょうか。

参考サイト

【色のチカラでキレイを叶える!・3】0円で20歳若返る!「ピンクの呼吸法」で、シワやたるみにサヨナラ♪
タダで20歳若返る!不思議な効果「ピンク呼吸法」

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

おすすめ記事

ヨガの具体的な6つの効果

鼻呼吸を身につけ口呼吸を改善しよう

口呼吸はアデノイド顔貌になる危険性がある?

“歌ってダイエット”のポイントは「腹式呼吸」

 - 睡眠・呼吸

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

口呼吸はアデノイド顔貌になる危険性がある?

 口呼吸の危険性をご存知の方も多いでしょう。その危険性の中でも「アデノイド顔貌」と呼ばれる、顔全体の歪みやたるみについてお話します。  動物は本来鼻でしか呼吸を行いません。人間は進化の過程において口呼

no image
光・音・湿度・温度をコントロールして眠れる寝室にする

aa 寝室といえば、一日の疲れを取るための眠りにつく場所。7?8時間の睡眠を取るとすれば、一日のうち寝室にいる時間は相当長いものになるはずです。長い時間を過ごす寝室ですので、快適な眠りにつけるような場

不眠は身体や精神に悪影響を及ぼし時には大病に繋がる

 私たちが健康に生活していくためには、睡眠をとるということは欠かせないものです。近年では「眠らない街」などというように、夜中も昼間も関係なく人が起きており、活動しているような状況です。現代には不眠を助