美容って何だろう

      2016/12/08


坐骨で座って猫背解消!綺麗な座り方で自然と美しくなろう

 綺麗に見える人の特徴は姿勢が良いこと。形が綺麗なだけでなく、正しい姿勢になるだけで内側からも美を目指せます。今回は正しい座り方を見ていきましょう。

21d7d1a48882b225d17092b9bbae394a_s

 いくら顔が綺麗な人でも姿勢がだらしなかったら、せっかくの美しさも半減してしまいそう。姿勢を正すだけで美しく見えるだけでなく、健康維持にも大きく貢献することができます。中でも普段の基本的な行動となる「座る」という行為、あなたは正しい姿勢でできていますか?座った時の姿勢が大事な理由と座り方のコツをご紹介します。

スポンサーリンク

座った時の姿勢が大事な理由

【腰への負担が大きい】

 歩いたり走ったりするよりも、長時間デスクワークをするなど長い間座っている方が腰が痛くなりやすいのではないでしょうか。立っている時より座っている時の方が腰へ圧力がかかりやすく、負担も大きくなるのだそうです。とある研究によれば、立っている時の腰椎椎間板内の圧力を100とした場合、座っている時は140、座って前傾になった時には185にもなるそうです。
参考:https://latte.la/column/20181529

 座った際に猫背で前のめりになる姿勢は立った時の1.85倍もの負担がかかっているのですね。ただでさえ腰への負荷が大きい座り姿勢ですから、少しでもそれを軽くできるような姿勢を目指すことが大切になります。

ポイントは“坐骨で座る”こと

 座り方の最も基本的なポイントが坐骨で座る、というもの。坐骨とはお尻にある骨で、触るとぼこっとした感触があります。この部分が椅子の座面にしっかりと接するよう座るのが大切です。坐骨で座ることを意識すれば自然と骨盤が立ち、背筋も綺麗に伸びてくれます。座面に坐骨をしっかりフィットさせるには重心が後ろにくるよう深めに座りましょう。浅く座ると前のめりになりやすく、お尻全体で座るため負担も大きくなってしまいます。
参考:http://www.ayur-chair.com/reason/

負担が少なく綺麗に見える座り方

 坐骨で座ることを意識したら、以下の点に注意して全体的な姿勢を正してみましょう。

【椅子に深く座る】

 上述したとおり坐骨で座るためのポイントになります。深めに腰掛けることで背中を丸めず自然な姿勢で背もたれを利用できます。浅く座るとどうしても背もたれとの距離が開きますから、寄りかかった時に骨盤が倒れて負担が大きくなりがち。坐骨でしっかり座れるよう深めに腰掛けるクセをつけましょう。

【膝は直角に近い角度で】

 膝を真っすぐに向けて直角におろすと綺麗な姿勢に見えますね。足の裏がしっかりと地面についているのが正しい座り方とされます。この状態が辛い場合は、クッションや台などの上に足を乗せても良いでしょう。

【軽く顎をひく】

 顎が突き出ると首も一緒に前のめりになりやすく、自然と猫背を誘発してしまいます。軽く顎をひくことを意識し、背中が丸まらないよう注意しましょう。PCを使う場合は高さや角度の調節を行っておくことも大切です。

【お尻に力を入れる】

 お尻に力を入れることで骨盤のぐらつきを防ぎ、上体をしっかりと支えます。常に力を入れっぱなしは難しいと思いますが、思い出したら引き締めるよう意識をもっておきましょう。

スポンサーリンク

駄目な座り方とは

【猫背になっている】

 背中が丸まり首や顎が前に出ている状態ではないですか?デスクワークなどに集中し過ぎると、自然と前のめりになることもあるはず。画面と顔の位置も近くなり過ぎ、目にも良くありません。

【肘をついている】

 片方の手で頬杖をつくクセがある人も多いでしょう。考え事をする際についつい肘をついてしまう。もしかしたら食事中にも行っているかもしれません。

【骨盤が倒れている】

 椅子の前の方に座り、背もたれにどっぷりと寄りかかった状態だと骨盤が倒れてしまいます。一見力を抜いたような楽な姿勢にも見えますが、実は体への負担が大きいのです。

【机と体が平行になっていない】

 椅子をずらして斜めからデスクに向かってはいないでしょうか。肩肘をつく場合にも平行に座れていないケースが多いそうです。

【足を組んでいる】

 何気なく足を組んでしまう人は多いかと思います。既に習慣になっている方は無意識で行っているでしょう。意識して組まないよう心がけなければ改善は難しいでしょうね。

姿勢を綺麗にすると自然にエクササイズ効果が得られる?

 正しく座ると普段使っていない筋肉を鍛えることに繋がります。だらんと座るよりも背筋を綺麗に保ち下腹を引き締めて座る方がエネルギーを使いますよね。正しい座り方をすればそれだけでエクササイズの効果が期待できるということになるでしょう。

 悪い姿勢を続けて歪んだ体は血流が悪くなり、冷えや腰痛、むくみを招きやすくなります。これらは代謝を低下させる元にもなるため、歪んだ部分に余計な脂肪を蓄積させる危険性も考えられるでしょう。正しい姿勢で座れば歪みを寄せ付けず、見た目に美しいことはもちろん体のうちからも綺麗になれるということですね。

座り方は顔のたるみにも影響する

 猫背で前のめりになる習慣がつくと、後頭部から背中に広がる僧帽筋の衰えを招きやすくなります。僧帽筋は顔の表情筋と繋がっており、それが衰えることは表情筋にも悪影響になるのだそう。顔がたるみやすくなり、老けてみられる要因にもなるでしょう。

呼吸が良くなり仕事効率もアップ

 姿勢を正すことで効率良く酸素を取り込むことができます。猫背になっていると胸を縮めた状態になり、呼吸も浅くなりがちに。背筋を伸ばして呼吸を深くすることで、脳に効率良く酸素を届けることが可能です。それは集中力を高めることにも繋がりますから、悪い姿勢でいるよりも仕事の効率をアップさせることができるでしょう。

座りっぱなしにならないよう注意する

 正しい座り方をしていても、やはり長い時間同じ姿勢を続けるのは体にとって負担になります。特に座り仕事に従事している方は要注意。仕事に集中するあまり、長時間にわたって座りっぱなしになってはいませんか?1時間に1回は席を立つなどずっと座ったままにならないよう心がけましょう。

 座りっぱなしになると血行が悪くなってむくみやすく、腹筋などの筋肉や骨の衰えも懸念されます。休憩時間に少し歩いたり、その場でも良いので立って伸びをするなど同じ姿勢で長時間作業をしない工夫を取り入れましょう。

正しい姿勢は気持ちも正す

 背筋を伸ばして綺麗な姿勢で過ごすだけで、なんとなくシャキッとした気分になりますよね。美しい姿勢は気持ちにも良い影響を与えるはず。明るく前向きになりたい時こそ姿勢を正すことを意識しましょう。体と心は繋がっていると言いますが、姿勢に関しても通じるものがありそうですね。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

参考サイト

正しい姿勢がもたらす7つの効果
『デスクワークによる体の不調』を軽くする7つの方法 「耳と肩のラインは真っ直ぐに」「腰枕を使う」など

 - 姿勢 , ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい