美容って何だろう

      2016/12/08


夏バテ防止策には“バナナ”がおすすめ

 猛暑が続く日本列島。厳しい暑さを乗り越える対策はしていますか?まだというあなた、栄養満点の“バナナ”で夏バテを予防しましょう。

1adebdaead9604359b6746d38ed10fb0_s

 8月7日が何の日かご存知ですか?日本の食卓に馴染みの深いフルーツの一つ“バナナ”の日だそうです。安価で栄養豊富とあって、子供から大人まで親しまれる食材であるバナナ。ダイエットに役立つ食材としても注目されたバナナが、厳しい夏を乗り越えるのにも重宝するそうです。

スポンサーリンク

夏バテ対策にバナナが適している理由

【夏場に不足しやすいカリウムが豊富】

 バナナには様々なミネラルが含まれていますが、中でも“カリウム”の量は他の果物に比べても非常に豊富とされています。バナナ100gあたりのカリウムは360mgですが、同量のみかんだと15mg、いちごでは170mgとダントツでバナナに含まれるカリウムが多いことが分かります。

 カリウムは汗をかくことで失われてしまうため、大量に汗をかく夏場には不足しやすい成分なのです。カリウムが不足してしまうと内蔵機能の低下を招き、食欲不振や疲労、体のだるさなどがあらわれるでしょう。私たちがよく知る夏バテの症状に当てはまりますね。カリウムを不足させないためにも、特に汗を大量にかいた日にはバナナで補給をおこないましょう。

【糖質が豊富なため食欲がない時のエネルギー補給に◎】

 バナナの糖質は体内で素早くエネルギーに変換されます。このため食べても太りにくいと言われるのです。スポーツ選手の栄養補給食品としても活躍しますよね。すぐに体へ吸収され、胃もたれもしにくいとされています。夏の暑さで食欲が失われやすいですが、何も食べないというのはやはりNG。暑さに耐えられるエネルギーを瞬時に補給するのにも、バナナが非常に適していると言えます。

 すぐ手軽に食べられるというのも高ポイントですね。暑いと料理の手間も億劫になりますし、食欲が湧かないなら尚更です。ちょっと暑さにバテてきたかなと感じたら、バナナでサッと栄養補給をしましょう。

【免疫力を強化して暑さに強い身体づくりを】

 とある研究によれば、バナナがTNF(腫瘍壊死因子)と呼ばれる物質を増やす効果があると判明したそうです。TNFは免疫細胞から作られる物質であり、活性化することで体の免疫力の向上につながると考えられています。しかもこのバナナの作用は、がん治療に使用される免疫力増強剤よりも高い効果を発揮するという結果だったのだそう。更にシュガースポットの発生した熟成されたバナナの方がより効果が高いと言われています。

【高い抗酸化作用によって紫外線対策にもなる】

 夏の強烈な紫外線を浴びると、体内では活性酸素が増えてしまいます。活性酸素は細胞を錆び付かせて老化を促進させる厄介な物質。皮膚細胞を錆び付かせれば、しみやしわを発生させてしまいます。紫外線対策は日焼け止めや日傘など直接的なものももちろん必要ですが、体内で発生してしまった活性酸素に対してはそれだけではいけません。食事からの対策が必要となり、活性酸素を除去してくれる“抗酸化作用”を含んだメニューが適しています。

 果物や野菜に多く含まれる抗酸化作用。バナナは身近にある食材の中でも高い抗酸化作用を持っているそうです。特にバナナの筋の部分に強力な抗酸化作用があると言われています。口当たりなどを気にしてとってしまう人もいると思いますが、まるごと摂取することをおすすめします。

効率よくバナナの栄養を得るには“熟成させる”

 スーパーで売られているバナナの中には、まだ青い色味が残っているものもありますよね。食感も固く、甘みもさほど強くないのが熟成されていないバナナです。バナナが熟成した目安はシュガースポットと呼ばれる黒い斑点。しばらく置いておくと、バナナの皮に無数に出現する黒い点ですね。シュガースポットが皮全体にバランスよく出た状態、これが栄養のぎっしり詰まったバナナの状態と言えるようです。

 バナナを保存する際には冷蔵庫には入れないこと。熟成に適した温度は15℃だそうです。夏場は熟成が進みやすいと思いますので、様子を見て食べごろにはすぐに頂きたいですね。バナナのパワーで夏バテ知らずの体を目指しましょう。

参考サイト

栄養満点のバナナ!

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 食事法

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい