美容って何だろう

      2016/12/08


「百薬の長」としてのお酒の働きと適量

 妊婦である私は勿論、現在禁酒中です。もともと酒豪でも酒好きでもありませんし、非妊娠時も一人で飲む事は滅多にありません。ただ、お酒を楽しく飲んだり、その場の雰囲気を楽しむ意味でも飲むこと自体は決して嫌いではなく、むしろ「好き」と言えるかもしれません。

 「お酒」の持つイメージは本当に人それぞれかと思います。実際のお酒の持つ効能や効果を取っても、善悪両方の顔を持っているのではないでしょうか。といっても、決してお酒そのものが“悪”というのではなく、それを用いる人間の心次第で変わるということ。お酒と正しく付き合えば“善”となり私達に有益な存在となるのです。

スポンサーリンク

 古くからある言葉に「酒は百薬の長」というものがあります。昔から存在する言葉というのは、それなりに意味があるもの。この言葉も同様であり、適量のお酒であれば身体に良いと言われています。ストレス解消や食欲増進、睡眠を促すなどの効果が得られます。

 では、適量でなければどうなるのか。当然ながら、過剰なアルコールの摂取は身体に悪影響です。一番知られているのは肝機能への障害。肝臓の細胞内に中性脂肪が溜まり、脂肪肝の一因になるとも言われています。また、胃炎や口腔・食道のガン、高血圧などを引き起こす原因にもなるでしょう。

 一言で「適量」といってもアルコールの代謝能力には個人差があります。ここでご紹介するのは1日の適量はあくまで目安であり、体質やその日の体調やなどによっても自身で調節するようにして下さい。

 まずはご家庭でも多く飲まれている「ビール」。中瓶1本ほどが目安となります。ビールに含まれるアルコールは体内に吸収され易い性質で、血液の流れを良くしたり胆汁の分泌を促進させる効果があります。整腸作用もある為、便秘解消に繋がり美肌やダイエットにも期待が出来るでしょう。

 次に「日本酒」です。古来より愛され続けている伝統的なお酒ですが、日本酒の原材料には驚きの効果が秘められています。それが善玉コレステロールの増殖、ガン予防、食欲増進といったものです。また、アミノ酸を含んでいるためお肌に潤いとツヤを出させるといった美肌効果ものぞめるでしょう。適量として、1合を目安に摂取して下さい。

 若い人から通な人にまで幅広く好まれている「ワイン」。特に赤ワインのもつ特有の色や酸味の成分のもととなる「ポリフェノール」は、抗酸化作用が高いことで有名です。体内の細胞の老化を促進させてしまう活性酸素の除去には、優秀な抗酸化作用をもつポリフェノールが非常に有効となります。女性にとっては憧れである、アンチエイジング効果を期待できるといえます。グラス2杯を適量と考え摂取しましょう。ただし、白ワインは赤ワインよりもポリフェノールの含有量が低いとされています。

 洋酒の中でもポピュラーな部類に入るであろう「ウィスキー」ですが、適量となる目安はダブル2杯。ウィスキーの持つ有効成分の一つは“美白効果”です。これはシミなどのもととなるメラニンを抑えてくれる、メラニン色素を抑制させる成分が含まれている為。また、独特の香りには森林浴と同様の効果があるとされており、アロマテラピーの様なリラックス効果を得られるでしょう。加えて低カロリー、低糖であり、プリン体もほとんどないお酒ですので、ダイエット中の方でもお勧めできるといえます。

 女性を中心に人気の高い「梅酒」。梅酒に豊富なクエン酸は脂肪燃焼の効果があります。中性脂肪を下げたり血液をサラサラにするという効果もあるので、高血圧や動脈硬化など多くの成人病の予防にもなります。クエン酸の効能はそれだけにとどまらず、疲労回復や消化液の分泌を促し食欲を促すなどの作用もあります。また、ピクリン酸と呼ばれる成分が胃腸の働きを活性化させ、お通じをよくするので便秘の解消に繋がるでしょう。適量目安としておよそ200ml。梅酒自体はアルコールの中でもカロリーが高い方なので、あくまで適量内で飲むようにしましょう。

 お酒を飲む際に気をつけておきたいのが、一緒に食べるおつまみです。上記でもいくつかあげましたが、多くのお酒に食欲増進の効果が含まれています。栄養摂取の面からすれば良いですが、ついつい食べ過ぎてしまう原因にもなり、お酒の飲みすぎで太ってしまうのは食欲増進効果によるものとも言われています。

 空腹の身体にアルコールを摂取するよりは、肝機能の働きを助けるためにも低カロリーのおつまみを食べることをお勧めします。アルコール摂取前にチーズなどの乳製品などを取っておくと、アルコールの吸収を遅くすることが出来るので、血中の急激なアルコール濃度の上昇を防ぐことができます。低カロリーなおつまみとしては、代表的な枝豆や冷ややっこ、酢のものなどが良いでしょう。

 大人の楽しみの一つとして、アルコールをたしなむ人も多いでしょう。大人の楽しみであれば尚更、大人としての節度を守ったアルコールの摂取で、健康にも美容にもプラスになるような飲み方をしたいものですね。

2013-04-30再編集

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

乾物を酒に漬けて焼くとヤバイ
1000円以下の美味しいワイン【家飲み用】
呑んべぇがオススメする美味い日本酒

 - 食事法

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい