美容って何だろう

      2016/12/08


血液型別に相性の良いとされる食品はこれ?O型&AB型編?

 血液型別で性格が異なる、という科学的な根拠はありませんが、血液型別で相性の良い食品が異なる、ということは科学的な研究結果で明らかになっているそうです。具体的には、血液型が異なると脳への伝達システム、また消化酵素にそれぞれ違いが生じている、とのこと。性格はともかく、血液型が異なることでそれが体質にも関わってくるということは否定できないでしょう。

 食品と血液の間で起こる化学反応は、場合によっては危険な病気の引き金にもなるとされています。それが肝硬変や過敏性大腸炎などです。反対に、その血液との相性が良い食品を摂取することで効率良く栄養を取り込み、ダイエットや美容において大きな役に立つことも可能かもしれません。今回掘り下げていく血液型は「O型」と「AB型」です。日本人だけの割合でみてみると、O型は2番目に多い血液型、AB型は最も少ない血液型となっています。

スポンサーリンク

O型に合うとされる食品

 人類史上、最初に誕生したとされる血液型がO型。よって最も古い歴史を持っている血液型でもあります。このO型のルーツですが、一番原始的な民族である狩猟採取民族ということになります。食料を狩りや採取によって得る、生きるためには常に活動を行っているともいえる民族でしょう。そんな活動的な血液型を持つ人種は消化酵素も豊富に備えているとされ、胃酸も盛んに分泌されているようです。肉食も少なくなかったと考えられることからタンパク質を豊富に摂取し、代謝も高かったことが考えられます。

 そんなO型に合うと言われている食品ですが、赤身の肉やタラ、ブリ、海藻類。野菜ではほうれん草やたまねぎ、果物だとベリー系が身体に合っているようです。反対に相性の悪い食品ですが、小麦製品の中でもパスタやパン、ケーキ類、乳製品。カリフラワーやキュウリ、アボカドなどの野菜。ココナッツ、カシューナッツ、ピスタチオなどがあります。もともとタンパク質がメインとされていたO型の民族。そのため野菜だけを食べてのダイエット方法よりも、タンパク質を中心に身体を動かす方法の方が向いているそうです。

AB型に合うとされる食品

 4つの血液型の中でも最後に生まれた血液型であるAB型。その名称の通り、A型とB型の性質を併せ持った血液型とされています。時代の流れとともに進化してきた、近代的な血液型ともいえるでしょう。農耕民族であったA型の人種と遊牧民族であったB型の人種。それぞれが合わさったAB型との食品との相性はどうなっているのでしょうか。A型とB型、双方の特徴からバランスの良い食品のチョイスこそが、最も適しているメニューになるようです。

 味噌や納豆、豆腐などの大豆製品。魚類だと鮭やマグロ、サンマ、サバ、いわし。野菜はほうれん草やしいたけ、にんにく。果物だとレモンやグレープフルーツ、スイカなどが当てはまる模様。また、低脂肪の乳製品も好相性のようです。確かにA型とB型であげた相性の良い食品がバランス良く含まれているように見えます。

 では、AB型とあまり相性が合わないとされるものはこちらです。鶏肉や加工肉、蕎麦、ごま、バナナやオレンジ、へーゼルナッツなどがあります。同じくA型、B型との共通項が見られますね。特にB型とは似ている部分が多い様です。

 O型はタンパク質を中心に、AB型はA型とB型で相性の良いとされる食品をバランスよく摂取する。総評するとこの様な相性の結果が見えてきました。O型は活動的な狩猟採集民族らしい栄養の取り方ですね。時代の変化によって進化した血液型であるAB型も、A型とB型の双方の性質を適度に把握しておくと良い様です。

 ここまで血液型と食品の関係について記してきましたが、勿論そのほかにも食品との相性を左右する要因は様々あるでしょう。食事と体質にまつわる知識の一つとして取り入れ、もし自分に合っているのであれば続けて実践してみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 食事法

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい